« 皆藤愛子かわいすぎるー | トップページ | 人志松本のすべらない話 »

トップをねらえ!

皆さんトップをねらえ!を知っていますか?

たぶんTVゲームのスーパーロボット大戦シリーズをやったことがある方はご存知だと思いますが、ガンバスターのお話です。

今ちょうど合体劇場版を見終わったばかりでして大感動でした。

この作品はトップをねらえ!とトップをねらえ2!とありまして、トップをねらえ2!はトップをねらえ!の1万2000年後のお話になります。普通であればそれだけ年代が経っていれば両作品にはつながりは無いように思えますが、この作品は繋がっているんですねー

まあ作品を簡単に説明しますと、宇宙怪獣が地球を滅ぼそうと侵略してくるのを熱血少女がバスターマシンを駆り宇宙怪獣をやっつけていくというお話です。説明としては相当省きましたがこの作品は普段の生活では聞きなれない言葉が多数出てきまして、物理学を専攻していないと何を言っているかまったくわからないほど専門用語が多数出てきます。

なにが面白いって普通であればありえない敵の数です。1のほうでは最終的には90億匹を相手に戦うのってありえませんよね。ガンバスターが初登場した時も数億匹の敵相手に戦っていました。最終的には木星を3万分の1に圧縮した爆弾を敵のど真ん中で爆発させその衝撃で発生したブラックホールに全て飲み込むというとんでもない作戦で勝利を収めます。

ですが主人公タカヤノリコと太田カズミの両人はその衝撃で1万2000年後に飛ばされてしまいます。

そして2のほうは、敵は宇宙怪獣と変わっておりませんが、トップレスという能力を持つ少年少女が戦う話です。トップレスの能力を持っていないとバスターマシンを操ることが出来ないので、それは貴重な存在です。主人公はノノとラルクという少女ですかね、実際はノノだけかもしれませんが2人が主人公と思って話を見るほうがいいかもしれません。ノノという少女は努力と根性をテーマにしているキャラでノノリリという少女に憧れています。実はこのノノがラルクたちがピンチになったときにバスターマシン7号として覚醒するという実際作品を見たときはビックリするような展開になりました。

そして今回も最終的にはエクセリオ変動重力源というとんでもない奴が相手になります。そして1では最終兵器が木星でしたが、2は地球を直接ぶつけるというとんでもない作戦を決行しますが、最終的にはバスターマシン2体によって倒すことに成功するのですが、その際のブラックホールが割れて特異点がむき出しになってしまいビックバンが発生するのをノノが防ぎ、ラルク一人が残されてしまうという悲しい結末になってしまうのです。

2のほうも相当省きましたねストーリーをまあこの作品は最終話がとんでもなく素敵な演出なんですよね。

先にも書きましたが、1にて1万2千年後に飛ばされた、主人公2人が地球に帰還するという素晴らしい演出なんですよね。1では主人公が地球に帰還した際に地球側から「オカエリナサイ」というメッセージが送られ、2では地球側から1の主人公を迎えるという1万2000年たったのにも拘らず二人のことは忘れられていなく暖かく迎えられるというシーンに感動し、2ではそれを迎えるために人類全体で帰還を待っているというところが素晴らしい。

だってノノの憧れていたノノリリは1の主人公ですからね。ノノ自身は会うことは出来ませんが、たぶんラルクは会うことになったと思います。

まあ毎回最終話のラストシーンでは泣いてしまいますので、皆さんにも見て頂きたいですね。何をいまさらと言われるかもしれませんが久しぶりに見ても感動する作品ですので一度は見ていただきたい作品になります。

イヤー久しぶりに見て感動したので書いてみました。

|

« 皆藤愛子かわいすぎるー | トップページ | 人志松本のすべらない話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/16538651

この記事へのトラックバック一覧です: トップをねらえ!:

« 皆藤愛子かわいすぎるー | トップページ | 人志松本のすべらない話 »