« TSUBAKIモデル | トップページ | 細かすぎて伝わらないモノマネ »

大改造劇的ビフォーアフター

皆さんみましたか、劇的ビフォーアフター凄いですよね。匠のセンスと現代日本の大工さんの腕と最新技術は

今回の匠は、川口とも子さんということで、女性ならではの気遣いが溢れていました。この番組面白いのにもかかわらず終わってしまい、その時アスベスト問題が全国的なニュースになり終わってしまったはずですが、年に2回ぐらい放送される番組です。

この番組を見ていると、いかに昔の建物は危険かということですよね。柱は腐り、シロアリに食われていたりと今回の建物はそうとうやられてましたかね。それに基礎に鉄筋が走っていなくコンクリートだけとそりゃ危険ですよ。鉄筋という言葉は聞いたことがありますが、無筋という言葉初めて聞きました。

そして今回衝撃だったのが世界の最新技術として、耐震補強にグラスファイバーが使われているという点です。ちょっとした束で1.5トンを支えることが出来るという強度、イランの工学博士が現れたときはとんでもない物を使いそうと思いましたがまさにそうでした。地震大国日本ですからね、今回の技術を知ることが出来たのはとても勉強になりました。

私建築やデザインにも非常に興味があるので、今後先に家を建てることがあった際に自分でデザインした家具等を使いたいと考えておりまして、そのために建築関連・デザイン関連の雑誌もよく見て、常に勉強でございます。

まあ自分の実家もリフォームを行い画期的な変貌を遂げた家に住んでおりますので、今回の気持ちは大変よくわかります。新しく生まれ変わると本当にテンションがあがります。リフォームされた後と前では、何が一番違うというと採光性がまったく違うんですよね。それといかに段差がなくなるかということです。年をとっても安心して生活できる空間を得られるのは凄く素晴らしいことです。デザインの世界もユニバーサルデザインと全ての方に使いやすくということがテーマとしてありますので、やはり面白い!

今回の依頼者の完成した家に戻った際の、嬉しそうな顔を見たら建築家の方たちや大工の皆さんが以下に素晴らしい仕事をしているのかと感じることが出来ます。にもかかわらず耐震偽装なり手抜き工事が横行してきている現実は悲しいものがあります。

今後も建築デザインと素晴らしいもの紹介して行きたいとも考えております。こういう番組はやはりいいですね。9月ラスト最高に素晴らしいものを見ることが出来ました。

|

« TSUBAKIモデル | トップページ | 細かすぎて伝わらないモノマネ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/16621571

この記事へのトラックバック一覧です: 大改造劇的ビフォーアフター:

« TSUBAKIモデル | トップページ | 細かすぎて伝わらないモノマネ »