« 皆藤愛子かわいすぎ2 | トップページ | 長澤まさみ3 »

キャラ芸人大図鑑

皆さん見ましたか!やりすぎコージーの芸人キャラ大図鑑を

ここ最近は、通常コンビで出演している芸人さんが独自のキャラをつくり番組に出演しています。

例としてはサバンナ高橋の犬井ヒロシが有名ですが、今回は新たにジャリズム渡辺鐘さんのキャラやサバンナ八木の有酸素運動マン、そしてレイザーラモンRGが市川AB蔵として現れたりと相変わらずの濃い内容でした。というより最後のアップダウンの阿部君のアベギスハーンは東野さんも言っていましたが、遊びすぎです。

いやーそれにしても番組最初のピンクマンは強烈でしたね。全身タイツをコントに使うことはありますが、まさかキャラとして成立させるとはね。通常は顔の部分だけ抜けているのに全てを多い尽くしている、これが新しい。まあ全身タイツはフェチモノのジャンルとしてビデオも出ていますので、内容は全身タイツをきた方々が色々なことをやっているだけなんですけどね。一部のファンにはたまらないものです。まあ全身タイツを着てエッチな動きをされても僕はまったく興奮しませんのでフェチの世界は奥深いです。

次のたけうちりきもピンクマンの次で順番が悪かったですね、まあその後のジャリズム渡辺さんは面白すぎる!世界のナベアツあれはやばいね。水曜深夜のTBSで放送されている「あらびき団」にも出演していましたがその時の芸も面白かったですし、写真が最高でした。まあ相方の山下が面白くなさ過ぎるだけに際立っています。山下パッカーンはいつになったら日の目を浴びるのか、まあ渡辺さん自身が面白いので問題ないですけどね。

それとオーマイガット出水トゥギャ樹は小出水君ですよね、そう考えれば相変わらずの下ネタですが、あの下ネタソングは珠玉の作品ですね。

普通のネタ番組では出演が厳しい芸人さんも「やりすぎコージー」なら出演できるので、やっぱり「やりすぎコージー」は素晴らしい!

やっぱりいくら売れている芸人さんでもここ最近のお笑いブームということで、新たな若手が続々登場する中、独自のキャラクターを作らないといけないんですかね。

難しい世界ですからねお笑いは、なにせ未だにトップが元気ですからね。さんま師匠、紳助さん、とんねるずにダウンタウンと長寿番組や新番組のMCと未だに引っ張りだこですし、何せ彼ら自身がキャラ芸人と言っていいほどのジャンルを持っていますので、さんま師匠はお笑い怪獣、紳助さんは芸能人をイジらしたら右に出る者はいないですし、とんねるうずはスタッフをイジったり芸人をいじったり、さまざまなジャンルでの活躍、ダウンタウンは松本人志という天才のボケを相方の浜ちゃんが全てを生かし笑いに変える笑いという化学反応をおこすという素晴らしさ、僕が考えるにトップ自身もキャラ芸人と考えてもいいのではないのでしょうか。

と相変わらずのディープさのやりすぎコージーはやはりお笑い好きは必ず見ないといけない番組だと思います。今後も注目ですね。

|

« 皆藤愛子かわいすぎ2 | トップページ | 長澤まさみ3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/16824343

この記事へのトラックバック一覧です: キャラ芸人大図鑑:

« 皆藤愛子かわいすぎ2 | トップページ | 長澤まさみ3 »