« やりすぎコージー全国放送へ | トップページ | 北川景子可愛くねー! »

ダイナマイト関西RX

忘れていました。このところテレビ番組についての記事を中心に書いていましたが、この番組を「ダイナマイト関西RX」の存在を

ダイナマイト関西はいわずと知れた大阪で行われている大イベントです内容は、大喜利王No.1決定する大会です。それがzepp東京で開催されたものが10月3日にOAされたのですが、面白かったですね。

今回はケンドーコバヤシ氏が優勝しましたが、大喜利という自己の力が試されるモノは大変ですね。センスがとてつもなく重要です。僕の中ではダウンタウンの松っちゃんが行っていた番組の「一人ごっつ」が印象的です。

あの番組は大喜利かというとそれだけの番組ではありませんでしたが、一つのお題に対して松本人志というお笑い人の天才的な才能を十分に発揮していた番組だったと思います。「出世させよう」「写真で一言」はまさに松本人志ワールドそのものでした。

それ以降は大喜利というジャンルを企画として取り入れた番組は存在していましたが、大喜利のみを追求した番組はなかったと思います。

一対一のガチンコ対決、ポイント制で相手のポイントを先に奪ったほうが勝ち、お題に対しての瞬発力・発想力が試されるという緊張感いやー素晴らしいですね。

この大会を主催したのは、男受けNo.1芸人バッファロー吾郎の木村氏です。ダイナマイト関西のコンセプトは

「ゴチャゴチャ言わんと
 誰が一番おもろいんか決めたらええんや」

です。素晴らしいと思いますこのコンセプトは、大喜利王を決定するのにふさわしいと思います。

話は変わりますがこの所のお笑いの傾向としては、出てきた当初はネタ番組に出演が続き、人気が出てきてからはひな壇芸人としてのポジションが与えられ、さらに上にあがると看板番組を持つことができるという流れが主体としてあり、看板番組を持った芸人さんはほぼネタをやることはありませんん。何かの罰ゲームでデビュー当時のネタを披露するぐらいです。

簡単に考えると、フリートークが上手くないとやっていけないんですよね。一発屋で終わった芸人さんたちの傾向は、トーク力がなかったにつきます。ですがこういう大会が行われるとトーク力というより発想力・創造or想像力が必要になるのでフリートークの力がない芸人さんたちも活躍できるので素晴らしいですよね。

いやー面白かった、この番組は全国放送されたのでしょうか気になるところですが、僕自身はDVDに録画して永久保存版にしてありますので今後も楽しみたいと思います。

気になる方はダイナマイト関西のDVDが発売されているのでレンタルが購入して見てみよう!

|

« やりすぎコージー全国放送へ | トップページ | 北川景子可愛くねー! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/16689671

この記事へのトラックバック一覧です: ダイナマイト関西RX:

« やりすぎコージー全国放送へ | トップページ | 北川景子可愛くねー! »