« さんタク27時間テレビ編 | トップページ | ガンダムの世界を現実に!国際ガンダム学会発足 »

27時間テレビ番外編:やっぱり27時間テレビは凄かった

いやー27時間テレビが始まりからたけしさんを追っていて作成した記事がやっと完成しました。本当に歴代最高の27時間テレビになりました。さてここからは僕個人的な思いになりますのであしからず。

さて番外編はさんま師匠以外の方にスポットを当てたいと思いますが、僕が尊敬するビートたけしさんについて書くことが多いのかなーと思います。

昨日の19時過ぎに現れた、世界の北野武扮する、蛇田ニョロさん最高でしたね。さすがハブ捕り名人、そして海の落ち方が最高でした流石は名人芸です

さて次のキャラクターはウミヘビ捕り名人の海田ニョロさんです。ウミヘビの解説の時もハブのときと同じ展開でしたが流石です。1回目は頭から、2回目は成功したと思いきや後ろからうーん天才!

さて続いてヘキサゴンですが、さんま師匠と紳助さんのカラミを見れたのは相当嬉しかったですね。以前の27時間テレビにも登場した時も相当嬉しかったですが、やっぱり親友なんだなーって思いました。なにせ年に1回プライベートでは連絡を取り合ってるかもしれませんが、番組で同じ舞台に立つことがないので、凄い仲が良いんだなーと思いました。良いモノが見れました。

さんま師匠が「恋のから騒ぎ」に出演している間の、鶴瓶師匠と大竹しのぶさんのトークは面白かったですけど、さんま師匠が登場したん面白さが爆発しましたね。この3ショットも今後あるかないかの画ですので貴重なものを見させて頂きました。

おっと「さんま・中居の今夜も眠れない」の途中で再度登場今度の名人は、打ち上げ花火名人の火薬田ドンさんが登場です。でっかい打ち上げ花火を上げましたさすがドンさんです。

そして時間が経ちましたが、北海道にて乳搾り名人「牛田モウ」さんが登場しました。前日に沖縄にいて深夜に東京、朝から北海道たけしさんレベルの人間がやるようなことではないのですが、今回も乳しぼり方の説明と珠玉の名人芸として落とし穴に落ちました。良い落ち方だったなー!

さて向上委員会の時に、東国原知事がくるとは思いませんでした。さんま師匠だからですよね出演したのは27時間とさんま師匠はやっぱり凄いですね。

14時15分にまたまた名人のコーナーです。今度は佐渡島にいるということで「ちとちんとん」をやりたいがために佐渡島に行くとは流石です。そんな名人もイヤホンを着けていないという大きなミスが発覚、スタジオからの呼びかけも聞こえずヤリタイ放題でした。

16時45分現在、HEYHEYHEYの収録に乱入するという最高の展開を実行しました。ダウンタウンと明石家さんまの絡みは凄かったなー、というより収録は重要かもしれないけれども、とにかく乱入を許した時点でこうなることはわかっていたはずなので、今後の展開が楽しみです。HEYHEYHEYのオンエアーの際この部分が使われるのか使われないのか気になります。

19:00から始まったメチャいけも最高でした。あのさんま師匠がさんま師匠の被り物をして若手・中堅の動きの動向を確かめているところは怖かったです。そして久々に観たホリケンと矢作の絡みは久しぶりでした。僕はこのメチャイケを観て思ったのが、岡村さんと宮迫さんの絡みや、さんま師匠・今田兄さん・岡村さんの3ショットを観ていた嬉しかったなーー久々に画だったので、それとワッキーは凄かった。さすが「クソすべり芸人」です。

そしてめちゃイケが選ぶ名場面も本当に懐かしかった。というより2004年に起きたものがほとんどだったので、それは僕も納得です。今年の27時間テレビ以外で本当に印象に残っているのは2004年の中居君とナイナイの「ワンハンドレッド」が司会の時なので

20:30分には、最後の名人はペインアート名人鬼瓦権造さんです。たけしさんの珠玉のキャラクターが登場し、ナイナイ岡村さんとさんま師匠の車をボロボロにしましたね。というよりここまでしていいものかと個人の私物をと思いましたね。

今田さん轢かれましたよ。あれ全国的に流れてフジテレビとしては如何にバラエティとはいえいいのかなーと思ってしまいました。いやードタバタしてましたね。2008年のバラエティで90年代のドタバタ感が観れるとは思いませんでした。いいもの見たー明日の新聞が楽しみだー(だってあのシーンは人によっては苦情モノですよ)

20時50分からは爆笑!列島カーペットが始まり、列島カーペットMVPには「たまねぎ早食い男」が選ばれました。あれで彼は1ヶ月は人生変わりますよ。ヒーローですフジテレビはこういうキャラ好きなので何かの番組に呼ばれる可能性も考えられます。うーん楽しみ

そして21時23分からラストの向上委員会です。懺悔をしましたよひょうきんオールスターズがなんとも言えない豪華な画でした。一番かわいそうだったのは今田さんですよね。轢かれる上懺悔辛いですけど、兄さんおいしいですよ!

21時35分、恒例の提供読みです。新人アナウンサーの最初の仕事ですのでその中の、加藤綾子さんですかここ最近巷を騒がしている新人アナウンサーは、まあそういうことは置いておいて提供読み無事成功してよかったです。

そしていよいよフィナーレです。21時40分「BIGIN」によるエンディング曲の演奏です。タイトルは「笑顔のまんま」感動しました。いい曲作りやがるぜ本当に、その曲が終わったところでたけしさんがタケちゃんマンに扮して登場最後の最後まで番組を盛り上げてくれました。BIGINとたけしさんありがとうございます。

そして最後にオチがつきましたね。三宅さんが来年で止めるということで今回さんま師匠が出演したと聞いていましたが、実は2年退職が延びたなんてそりゃないでしょう本当に、でもこの辺がフジテレビらしくて最高でした。

最後に感想ですが、今回の27時間テレビは僕の尊敬するさんま師匠が総合司会でペース配分も誤りながらもゴールにたどり着いたのはお見事です。たけしさんやタモリさんとの絡みは最高でした。BIG3が同じ番組に出演するのって何年ぶりなんでしょうかいいモノが見ることができました。

自身の反省は27時間テレビ全部見てやると思っていましたが、結局ところどころ見逃してしまいました。不覚にも寝てしまったのです。僕自身もあまりに楽しみにし過ぎていたのもありますがペース配分を誤りました反省です。なので再度観ようと思います。全部録画したので、悔しいなーやっぱり人って本当に楽しいな事を目の前にするとだめですね。必ず失敗する今回がいい例ですよ本当に

ということでさんま師匠お疲れ様でした。今後も活躍を続けてください。笑いと笑顔をありがとうー!

|

« さんタク27時間テレビ編 | トップページ | ガンダムの世界を現実に!国際ガンダム学会発足 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/41976163

この記事へのトラックバック一覧です: 27時間テレビ番外編:やっぱり27時間テレビは凄かった:

« さんタク27時間テレビ編 | トップページ | ガンダムの世界を現実に!国際ガンダム学会発足 »