« 資生堂TSUBAKIの秋篇CMを見る! | トップページ | 堀北真希ちゃん最高!bySMAP×SMAP »

天声慎吾の最終回をみてテレビ業界について考える!

もうすぐ9月が終わり10月が始まります。

そうです半年に一度のテレビ業界番組編成の時期にさしかかってきましたが、今年は特に色々変わってきていると思います。

まずはTBS土曜日夜のブロードキャスターも今年で長い歴史に幕を閉じ、そのほかにも各番組が終わって新しい番組が始まります。

そして本日11年半という長い歴史に幕を閉じた番組がありました。あのSMAP香取慎吾君のライフワークともいえるべき番組「天声慎吾」が終わってしまいました。

今思えば、日曜日の4時にSMAPのメンバーをテレビで見れていたことが今更ながら不思議に思いますし、天声慎吾を終わりを迎えることで何かテレビ業界が変わっていくなと感じました。

まさかSMAPのメンバーが関っている番組が終わることになるとは、ジャニーズ勢が関る番組って基本歴史が5年以上のものが多いんですけど、今年は既に「学校へ行こう」「メントレ」とV6・TOKIOが10年近く関ってきた番組が終わりました。今残っている番組はKinkikidsの「堂本兄弟」が10年近くタイトルや時間帯を変えながらも続いています。

今回色々な番組が終わっていくことに色々感じることが多く、その際に一つのことを思い出しました。そういえば日本テレビが今後のバラエティ番組の予算を削るという話がでており、深夜枠のバラエティ番組を失くすという話があるということで、今後もサプライズは起こるのかなーと思っています。

それにしてもジャニーズの番組が立て続けに終わりを迎えることになるとは思いませんでした。それも視聴率など色々な要素が関っているとは思うのですが、長いこと番組を続ける難しさも感じます。

それで長く続いている番組の構成ってどうかなーと考えたんですけど、新企画ばかりの番組より、一度決まった流れをずーっと続けていくことが番組制作では一番難しいが長寿番組の条件でもあるということがわかります。

「笑っていいとも!」なんていい例ですよ。オープニング→テレフォンショッキング→曜日ごとのコーナー→いいとも選手権とこの流れでずーっと続いています。変わるのはレギュラーメンバーと曜日ごとのコーナーの内容だけです。

SMAP×SMAPもそう考えると90年代後半から始まり番組の基本内容は変わっていません。ビストロSMAP→コント→歌コーナーという流れで10年以上続いています。

やはり10年以上続く番組は流れがブレていないですね。他にも10年以上続いている番組もやはり同じような感じだと思います。まあ常に斬新な企画を用意している10年選手の番組もありますけれど

ですが10年以上続いている番組が終わると、なんか悲しいものです。僕も「恋のから騒ぎ」「SMAP×SMAP」「ガキの使いやあらへんで」が最終回を迎えることになったら相当ショックですから

ということで、「天声慎吾」が最終回を迎えたということで色々考えてしまいました。

終わり

|

« 資生堂TSUBAKIの秋篇CMを見る! | トップページ | 堀北真希ちゃん最高!bySMAP×SMAP »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/42623060

この記事へのトラックバック一覧です: 天声慎吾の最終回をみてテレビ業界について考える!:

« 資生堂TSUBAKIの秋篇CMを見る! | トップページ | 堀北真希ちゃん最高!bySMAP×SMAP »