« 第21回東京国際映画祭、本日開催 | トップページ | 明石家さんまがビストロスマップにやってきた! »

いのうえの「満月編」を見る

2008101911170000 本日、今年5月24日~7月6日まで上野の森美術館で開かれていた、「井上雄彦最後のマンガ展」で展示されていた絵の画集「いのうえの 満月編」が手に入りました。

マンガ展に行った人に先行予約という形で、10月15日の発売日に手に入る風になっていたのですが、仕事で受け取ることが出来なかったので本日拝見したんですけど

素晴らしい!

マンガ展を思い出します。写真集を買うことはあっても画集を買うことはなかった僕が買わなくてはと思ってしまうほどの内容だったわけですマンガ展自体が

なので本来であれば中身を見せるものだと思うのですが、さすがにこれはマズイだろうとおもうので、僕が印象に残ったセリフを書きたいと思います。

マンガ展に行った時の感想にも書いたのですが、武蔵の弟子が言った言葉で「お師匠さんはたくさんの人を斬った…そしてその何倍もの人にこれまでも、そしてこれからも、未来永劫 道を示されたのです」このセリフは色々考えてしまいました。

宮本武蔵が現実にどういう道を歩いてきたかは色んな説があると思いますが、井上雄彦先生が描いた宮本武蔵の生き方を集約したようなセリフだと思うので

そして現実でも引退をした野球の野茂英雄さんも今のメジャーリーガーの先駆けで海外に挑戦、サッカー三浦知良さんなども今海外で活躍している選手達へ道を示した人だと思いますし、その他にも歴史に名を残す文化人、スポーツ選手などもこのセリフにピッタリくるので

自身も今後の人生こういう風に生きて生きたいと思わせるようなセリフでもあります。

来年は熊本市現代美術館で開催されるみたいなので、行けなかった人は行く価値ありです。

ということで終了です。

|

« 第21回東京国際映画祭、本日開催 | トップページ | 明石家さんまがビストロスマップにやってきた! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/42835556

この記事へのトラックバック一覧です: いのうえの「満月編」を見る:

« 第21回東京国際映画祭、本日開催 | トップページ | 明石家さんまがビストロスマップにやってきた! »