« 宮崎あおいは可愛いのうbyスマップ×スマップ | トップページ | 家電芸人恐るべしbyアメトーーク年末スペシャル前半戦 »

人志松本のゆるせない話4

人志松本のゆるせない話も今回で第4回を迎えるに当たり、やっぱり見ていて思うのが世の中には許せないことが多すぎるということでしょうか!

まあ僕が前々から許せないのは狭い通路や道路を横に並んで歩く奴ら、意味がわからない!後ろから接近している人がいるということやお前らの歩く速度で歩いているわけじゃないから横並びで歩かれるとそこで流が止まってしまうだろうと、案外そういう奴に限って自分達が流を止めているということが判ってないんですよ。

僕の許せない話はおいて置いて、番組内で紹介されていた話を追って行きますが、その前に今回のゲストは千原ジュニア・オセロ松嶋尚美・フットボールアワー近藤・サバンナ八木・ザブングル加藤・ポテト少年団菊池に松っちゃんです。

中身を見ていきますが、1つ目はサバンナ八木の「大便」理由はもよおすタイミングがわからないという本当にどうでもいい事を話ましたけど

2番目はザブングル加藤の「証明写真」これは700円という値段が高いということと1枚しか使わないのに4枚出てくるのかという点、これは確かにわかります。

3番目はフット後藤の「ワッフル専門店」これはせっかく並んで買った際に自分の前のおばちゃんがワッフル専門店なのに「○○ワッフル」のワッフルの部分はいらないだろーと

4番目はジュニアの「風邪と若手」これは若手が風邪に対する対策を全然出来ていないという点で、飯に風邪を引いた若手が来た際に「うつりませんから」といっても根拠はなんだということやインフルエンザなのに収録に来ていることに対して

5番目は松っちゃんお「エアコンのピッ」これはリモコンのスイッチを押してリモコン側はついているのに本体が反応していない時、これはわかります。あいつら一度押しただけだと上手いこと反応しない時あるんですよね。

6番目はオセロ松嶋の「イチゴとひまわり」これはイチゴとひまわりの見た目が許せないらしくて、「イチゴ」は周りのつぶつぶで「ひまわり」は種ばかりだろと

7番目はサバンナ八木の「干支」、干支を数えた際に数える際に「巳」の後からうま・ひつじ・さる・とり・いぬ・いをガチで覚えないといけないというまたまた不可解な内容でしたが、相当面白かったですけどね。

8番目はオセロ松嶋の「デパートの支払い方法」、これは会計の時にお金を出した後店員さんがどっかに行ってしまう行為が許せないみたいです。これはたしかにクレジットカードで買ったときなんか信用できると思っているお店でも怖いものです。

9番目はフット後藤の「新幹線の座席」新幹線に乗る際に席が空いている時にも関らず、自分の座っている隣に座る行為が嫌みたいです。たしかに他に席が空いているにも関らず隣に座られるのは意味がわからない

10番目はジュニアの「パシフィコ横浜」これは読み方を「パシフィコ」ではなく「パシフィック」にして欲しいということらしいが、異常なほどこれはツボに入りましたね。

11番目はポテト少年団菊池の「甘み」これは味を表現する際に「甘み」という言葉を使っていることに対して、「甘み」という言葉の使い方などの意味が判らないと

12番目はサバンナ八木の「6月」これは1年を考えた際に「6月」は必要ないのではないかというまたまた奇想天外な話ですが、八木の中で「6月」はさほどイベントがないだろうということでいらないということらしい。

13番目はザブングル加藤の「不良の評価」、これは今まで学生時代散々悪いことをしていたにもかかわらず、普通に働き出した途端に「あの子は偉くなった」という評価がされることに許せないらしい。これは確かに悪いことをしていた人が急にいいことすると評価されるのは確かに納得いかないときもありますからね

14番目はジュニアの「西麻布のコインパーキング」これは料理を食べて戻った際に金額が1万2千円になっていた際にコインパーキングの機会に千円札しか入らないということに運営会社に連絡した際に態度が悪かったということや東京のコインパーキングなのに電話がつながるところが東北ということに意味がわからないと、その後立て続けに「渋谷3丁目のコインパーキング」についても許せない話を披露しました。

15番目は松っちゃんの「ファンレター」ファンレターを貰った際に誉めてくれるのは嬉しいがその中の文章で「クラスの中で誰も面白さがわかってくれない」などの文章が書いてあることに対して意味がわからないと

16番目はポテト少年団菊池の「販売機の小銭入れ」、これは僕も経験ありますが、1万30円の場合に30円を先にいれて1万円を入れると問題ないが、1万円札を先に入れた場合は小銭入れの投入口が閉じるということにたいして許せないと

17番目はオセロ松嶋の「トイレの便座」女性トイレは一番上の便座を閉めているみたいですが、一番上の蓋で隠している場合は、奴が残っている場合があるとその中で松っちゃんは今年19回ぐらいうんこを流し忘れているみたいです。なんでも自分の家のトイレが自動で流れるからみたいです。

18番目はサバンナ八木の「歴史教育」これは最初から卑弥呼などの縄文時代や弥生時代などの話をするよりも5年前や10年前の歴史から教えてくれと、いきなり邪馬台国の話などされても距離感がわからないということらしい

19番目はフット後藤の「車内のぬいぐるみ」これは前に走っている車の中のぬいぐるみの向きがこっちを向いていることに対して意味がわからないと、これの話の中で大型のトレーラーの車内に抜け道マップがあることに対してお前通れないだろうと

20番目は松っちゃんの「英語でしゃべらナイト」これはいつつけても放送していることに対して許せないとたしかにタイミング的につけたらやっている番組はありますからね。これに付属して松っちゃんが「Is this my ticket?」これは私の切符ですかということですが、これを使いシチュエーションはないだろうと何時使うの?ということでもっと必要な言葉があるだろうと

この後はこれは話しておきたいということで、オセロ松嶋の「毛深い料理人」毛を剃って欲しいと、フット後藤の「カーナビ」大阪でタクシーに乗った際に道がわからないということでカーナビを使って欲しいという要望を出した際に自分の目的地が表示されないのに、USJのスパイダーマンやバックドラフトなどのアトラクションが載っていることに対して許せないと

そしてジュニアの「番組で恋愛」バラエティ番組内で恋愛が成立して分かれた際にディレクターやプロデューサーなどにその話はしないで欲しいということを言われることが許せないらしい、ポテト少年団の菊池の「写真週刊誌」これはドラマの打ち上げなどが終わった後に打ち上げが週刊誌で取り上げられるのが許せないと、松っちゃんの「ヒーローグッズ」仮面ライダー好きの松っちゃんが子供の時に仮面ライダー運動靴があったらしく、仮面ライダーが履いていない靴を履くわけには行かないと、松っちゃんは改造人間にされたかったほど好きみたいで、だが仮面ライダー自転車やふりかけで仮面ライダーに近づくことは出来ないだろうという考えの下グッズが許せないらしい。

イヤーそれにしても今回も許せない話が多かったですね。やはり一番面白かったのはサバンナ八木の「干支」の話ですね。これは相当面白かった!

本当に許せないことは人それぞれあると思いますが、面白おかしく話すのが一番ですね。ということで人志松本のゆるせない話終了です。

|

« 宮崎あおいは可愛いのうbyスマップ×スマップ | トップページ | 家電芸人恐るべしbyアメトーーク年末スペシャル前半戦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/43570694

この記事へのトラックバック一覧です: 人志松本のゆるせない話4:

« 宮崎あおいは可愛いのうbyスマップ×スマップ | トップページ | 家電芸人恐るべしbyアメトーーク年末スペシャル前半戦 »