« 堀北真希がホームレス? | トップページ | 秋本治の考え方by情熱大陸 »

スターウォーズエピソード3を見た!

感動です。

4年間我慢したかいがありました。アナキンがダークサイドに堕ち、ダースベイダーに至る変遷楽しませていただきました。そしてその後ストーリーは皆さんご存知の通り自分の息子と戦い、最後には協力し選ばれし者としてダースシディアスを倒しフォースにバランスをもたらしました。それを踏まえるとエピソード1~3、エピソード4~6あわせてスターウォーズは凄い映画だったんだなーと

そして今回の作品の中でパドメとアナキンとの間に出来た双子がルークとレイア姫でありエピソード4~6の主役になるということでスターウォーズとしては珍しい恋愛要素も組み込まれたのがエピソード1~3ですが、やはり一番の見所は戦闘シーンです。

ヨーダVSダースシディアス、オビワンVSアナキン、ドゥーク(ダースティラナス)VSオビワン・アナキンの師弟コンビ、グリーバスVSオビワン、ダースシディアスVSメイス・ウィンドウ、キット・フィストー、エージェン・コーラー、セイシー・ティンと今回は大興奮する戦いばかりです。まあメイス達4人のうちメイス以外の3人は瞬殺に近かったですけど

アナキンについてですが、エピソード2右腕を切り落とされたアナキンがドゥーク伯爵の両腕・クビを切り落とす残虐性が既にダークサイドに落ちつつある兆候だった気がします。パルパティーン議長の言葉を次第に聞き入れるようになっていくのもそうですし、最初から反抗的な態度が目立っていたアナキンですがパドメの死から救おうとするあまりに暗黒面へ堕ち師と戦い、愛するものには死なれる、不幸といったらそれだけですけど評議会場にいた幼いパダワンたち全てに手をかけるとは暗黒面恐るべしです。

他の部分を見ますとグリーヴァス将軍は若干エグかったですが「ジェダイ野郎」ってそれに4本腕にライトセイバーをもつとアレはね、レッドガードを瞬殺後のダース・シディアスとの戦いのヨーダはさすがジェダイマスター最高峰といえる強さでしたし、本来であればライトセーバーの技術はジェダイ1と言っても過言ではないメイス・ウィンドウがあんな死に方をするとはその時のシス卿のウソ演技は凄かったそれからすぐにアナキンはダース・ベイダーになりましたかね。

オーダー66が発動された時のジェダイが虐殺されるシーンは酷かったですしそれを感じれるヨーダの苦悩は凄かったことでしょう。

これ以降生き残ったのはジェダイはヨーダとオビワンを含めわずか、その中で最後の希望として成長したルークスカイウォーが父アナキンと戦うことになるとは、それにしてもアレだけの傷というよりもう死んでもおかしくない状態にも関らずよく生きていたものです。あそこで最後の最後まで止めをさせなかったオビワンのやさしさが後の戦いを生んだのでしょう、最後にこれ以降のエピソードで登場するダースベイダーの姿が現されてまでパドメのことを気にかけていた心が最後の最後エピソード6で暗黒面から生還しルークを助けることになったと思いたいです。

だが僕はメインの流れも好きですが、ファイターを守るため戦ったR2-D2の活躍は凄かった。あんなに強かったのかR2-D2はドロイドを2体やっつけましたかね。そしてあのCGの凄さといったらないですよ、本物の人間の数よりも圧倒的に多いですからね。何百何千のドロイド、戦闘機、戦艦と技術進歩も凄いものです。05年の時点でこれですからね。

まったく別の話ですがアナキン役を演じたヘイデン・クリステンセンも最近レイチェル・ビルソンと婚約しましたからねー、スターウォーズでは不幸な結果になったが実生活では幸せになってほしいものです。そしてナタリー・ポートマンはやっぱり可愛い

ということでスターウォーズエピソード3、最高でした!

|

« 堀北真希がホームレス? | トップページ | 秋本治の考え方by情熱大陸 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/44132427

この記事へのトラックバック一覧です: スターウォーズエピソード3を見た!:

« 堀北真希がホームレス? | トップページ | 秋本治の考え方by情熱大陸 »