« 宮沢りえの妊娠に驚いた! | トップページ | 映画「銀色のシーズン」を見た! »

ギャルブームの火付け役、雑誌『Cawaii!』が休刊!

ギャルブームを作った雑誌『Cawaii!』が休刊するそうです。5月1日発売の6月号をもって休刊とのことで

ここ最近の雑誌の休刊は凄いです。まあ1ついえることは特に女性誌年齢別にたくさん雑誌がありすぎということもあります。だが1ついえることはギャルが多かった時代には売れるかもしれませんが、現在ギャルという言葉をテレビで聞くことも少なくなりました。

まあ取り上げる番組も少なくなったのは確かです。以前の場合ならTBS系列で放送されていた「学校へ行こう!」など高校生のギャルなどを取り上げた企画などもあり、汚ギャルなど色々いたものですが最近はやっぱり、今ギャル系雑誌と言えば「小悪魔ageha」にスポットを当たっていますからなかなか発行部数を伸ばすのは難しいと思います。

06年には日本テレビ系で「ギャルサー」というドラマも放送され視聴率も平均13%ぐらいとまあまあ今の時代には悪くないほうであったんですが、それが3年前ですよまさか火付け役の雑誌が休刊することになるとは

先にも書きましたが女性誌は同じような内容の雑誌があまりにも多すぎる、ここが問題です。あまりにも種類がありすぎると結局は売れる売れないの二極化がおき売れない雑誌は淘汰されるようになるこれはしょうがないことだが

現在はネット特にモバイル広告系列が雑誌媒体などよりも割合が多くなってきているので雑誌をかうよりもネットで調べるほうが早いということもあります。

雑誌が売れない=出版社も減少するということが今後起きてきそうです。今現在は雑誌や週刊誌が休刊するぐらいですがあまりにネットが発展すると本当に出版社はやばくなると思います。

それにしても毎月なんらかの雑誌が休刊するニュースの記事が見つかります。一応最近調べた感じでは

時期雑誌名出版社発行部数
2009年1月(予定) マミイ 小学館 10万部
2009年1月(予定) Latta(月刊保育専門誌) 小学館 6800部
2008年12月(予定) 読売ウイークリー 読売新聞 10万9625部
2008年12月(予定) ラピタ 小学館 1万9000部
2008年12月(予定) 月刊現代 講談社 8万5833部
2008年11月(予定) 月刊PLAYBOY日本版 集英社 5万5000部
2008年11月(予定) ロードショー 集英社 5万部
2008年9月 論座 朝日新聞社 約2万部
2008年7月 週刊ヤングサンデー 小学館

20万部

となんとなく聞いたことのある雑誌が目に付きます。他にも「Invitation」「コミックチャージ」「Title」など本当に休刊ラッシュという未曾有の状態です。このまま出版業界は廃退していくのか気になるところですが、そんな中でも爆発的にヒットする雑誌が生まれることに期待します。

|

« 宮沢りえの妊娠に驚いた! | トップページ | 映画「銀色のシーズン」を見た! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/44051187

この記事へのトラックバック一覧です: ギャルブームの火付け役、雑誌『Cawaii!』が休刊!:

« 宮沢りえの妊娠に驚いた! | トップページ | 映画「銀色のシーズン」を見た! »