« ハリセンボン箕輪の肺結核騒動について考える! | トップページ | 映画「おっぱいバレー」の完成披露試写会に行ってきました。 »

榮倉奈々のウェディングドレス姿について考える

2009040800000011varientview000

とりあえず色々思うところがありこのネタを

今回は『余命1ヶ月の花嫁』http://www.hanayome-movie.jp/index.htmlの完成会見にてウェディングドレス姿がお目見えされました。

この作品には瑛太くんや安田美沙子さんなども出演し映画化されることになった時には話題になったものです。

そんな今回の作品について。榮倉さんは「映画に対する思いで、毎日がいっぱいいっぱい。絶対に失敗はできないというプレッシャーと不安で、迷いながらでしたが、うまくいくことを毎日願って演じました」と撮影を振り返った。

とりあえず今回の映画に関しては、元々長島千恵さんの姿を追ったTBSのドキュメンタリー番組を基に映画化した作品ですが、映画を撮影している時には色々ケチがつきました。

簡単に言うと今回の映画のモデル:長島千恵さんのAV出演疑惑があったり、もしそうであったらなんでそんな役を演じさすんだと榮倉さんの事務所が怒ったりと真相は闇の中ですがなぜか色々言われておりました。なんでこんな報道がされるのかなーと色々思ったものです。

まあいつの間にかそんな噂もなくなり順調に撮影は進んだみたいです。まあ人の生死を扱う作品とはかくも感動するものである。その方の人生にいかに人に言えない事実があろうがなかろうが、いいモノはいいのである。

ということも考えますと5月9日に公開されるこの作品はかなりの話題になることでしょう。それに映画と連動した乳がん検診の全国キャラバン「さくらパンダ前線キャンペーン」も展開中と、ここ最近始まった「乳がん」に対して女性や周りの人たちの意識は、このドキュメンタリーが占める割合が多い気がしますし、ドキュメンタリーが放送されたから今の状態になったのだと思います。

最後にこの映画で1人の女性が見せた「戦い」と「生き様」を映画を通して感じようではありませんか

終わり。

|

« ハリセンボン箕輪の肺結核騒動について考える! | トップページ | 映画「おっぱいバレー」の完成披露試写会に行ってきました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/44608164

この記事へのトラックバック一覧です: 榮倉奈々のウェディングドレス姿について考える:

« ハリセンボン箕輪の肺結核騒動について考える! | トップページ | 映画「おっぱいバレー」の完成披露試写会に行ってきました。 »