« 麻生久美子が食わず嫌い王にやって来た! | トップページ | 玉木宏の素顔に迫るbyA-Studio »

泥の97年デビュー組芸人を見るbyアメトーク

今週のアメトークはかなり面白い内容でした。

それは泥の97年デビュー組芸人です。アメトークと言えば「華の47年組み」や「吉本○期生芸人」など年代で集まる企画が多いですが、今回は泥の97年と

面子ですが、ガリットチュウ&あべこうじ&ハローバイバイ金成&Bコース&井上マー&佐久間一行&カリカ&ニブンノゴ!です。

確かに面子だけ見るとパットしない感じですというより、まったくパットしない。もちろん全員知っていますしネタも見たこともあります。Bコースのレッドカーペットのネタなんで大好きですもの、だがなんでしょうかヤッパリ華が無いんですよね。

さてそんな番組ですが、今回はセットが泥まみれという悲しい扱い、お客さんにも今回は外れという始末。出てくる前から興奮している面子ですが本当に華がないし人数が多すぎる。

今回はそんな悲しい過去を赤裸々に告白する回です。

まずはどういう芸人かを紹介するという珍しいパターンです。ハローバイバイの場合は相方は売れている金成、07年に離婚したあべこうじ、淳ありきのニブンノゴ、今年の吉本ブサイク1位と相方はメガネのカリカ、06年爆笑オンエアバトル年間1位を獲得した佐久間一行、08年大秒殺1位のハブちゃん、チュート徳井君の妹と付き合っているナベ、その2人にツッコミを入れるタケトの3人のBコース、05年R-1準優勝の井上マー、アメトーク前説歴4年、番組の予算で食べた飯の金額200万円のガリットチュウというメンバーです。

みな前説ばっかりですよ。雨上がりは前説をほとんどやらずにここまで来ているが、07年組みにとっては大事なフィールドと

97年組の泥あるあるでは、ガリットチュウの福島さんは、でかい人気番組の仕事は全部前説だと思う。

ニブンノゴの森本さんに至ってはドッキリにかけられない。

Bコースハブちゃんはスタッフに怒られるわ、ナベはチュートリアルの番組に呼ばれると頑張ってしまう。

カリカの家城さんは出演しただけで子供達に気持ち悪がられることから、子供に人気がない。しまいには蛇女と言われたそうです。

ガリットチュウの熊谷さんは力が入り過ぎていましたが、ここで滑舌よくする練習のモチネタを、これはかなり面白かったです。さすがギャクマシーンさてそんな熊谷さんのあるあるは噛みたおしていましたが、後輩の番組で前説すると後輩の番組にも関らず挨拶をしっかりしてしまうと、これは一同全員納得していました。誰にでも挨拶することからファミレスの店員さんにも挨拶をしてしまったらしい。

ハローバイバイの金成さんは売れている後輩へのビミョーな態度として、売れている後輩には頼みごとが出来ないと、Bコースナベはそのことを言おうとして普通のことを言っていました。

Bコースのタケトさんは後輩がTVの事を詳しく説明すると、金成さんはドーランでルミネ入りは憧れる。あべこうじさんは仕事がないから劇場滞在が長い。最終的には見栄をはってしまうらしい。

後輩におごるシステムの崩壊させる。これは後輩が他の芸人を呼ぶと困るため飲む時は少人数で、金成さんは後輩が仲間を呼び始め数十人になった時に持ち合わせが無く私物を売って後輩におごったそうです。

佐久間さんは学園祭とかで売れている後輩より舞台順が後になってしまうのがツライと、あべさんもはんにゃの後に舞台に出たら笑いが一切取れなかったと、学園祭のポスターなどもポスターに自分の名前がかかれないや、後輩が楽屋に挨拶にくるときがツラいと

ここでにぶんのごの大川さんの凄いところの話になりましたが、なんとドラゴンボールの原作者の鳥山明先生と大親友との事で、自画像を描いてもらった際もサイヤ人の特徴のしっぽがないことにツッコミをいれたそうです。他にもドラゴンボールの実写版映画化の際も相談されたと

さてまた泥あるあるに戻りまして、BコースのタケトさんはHPに実家の住所が公表されていたと、それを消してくれと頼んだら自分の写真が消されていたと、佐久間さんは自分のブログに間違えて住んでいる住所が載せられてしまったが、まったく何も無かったと

ガリットチュウの福島さんは休日が多いことに嫁が心配するため、休みなのに仕事に行くフリをすると、今回の収録に向けて奥さんがカツサンドを作ってくれたが今のところ負けっぱなしと、ここでまた喋ろうとしたらハブちゃんに止められる始末。他にも前説やってる番組をしったかぶることがあるそうです。

それにしても今回のハブちゃんは凄かった、喋りだすと他に人に高確率で重なる始末。今回は本当に喋りになれていないのかタイミングが全員ずれていましたね。注目されるとそれはそれでミスってしまう悲しさがありました。

泥たちが聞き飽きた言葉として

福島さんはスタッフに毎年「5年後売れるよ」と言われ続けて13年経ったと

カリカの家城さんと林さんはスタッフに「何でだろうな?」とあべさんは「何かが足りないんだよね」、金成さんは「あとはタイミング」、他にも「辞めなきゃ売れる」「継続は力なり」「ずっと隠れファンなんです」など手紙にも「陰ながら応援します」などや「いつも見てます」と言われると、ファンにも「いつ売れんのよ~」と、ニブンノゴの宮路さんは先輩に呼ばれまくっているため後輩が陰で「ヤ○マン」と言われていると、金成さんは彼女に「将来が見えない」と井上マーさんは「今年も芸人さん目指して頑張ってね」と親戚から言われると、あべさんは「お前が一番面白かった」と母親から言われることがあると

ハブちゃんはオーディションで落ちた際にディレクターに「俺は好きなんだよ」や他にも「どうしたい?」とナベはオーディションで収録日がという話をしようとしたら噛んで終了です。

という感じでここまでが前説ということで、ホントのゲストで玉木宏さんが登場しました。やっぱり男前ですよ。登場しただけで歓声が凄かった。告知として「真夏のオリオン」の紹介を、ポスターを持ってきていたのでガリットチュウの福島さんが持つことになるも顔は隠す指示がされました。

まあこのパターンは去年「フレフレ少女」が公開されるということで、新垣結衣ちゃんが番組に出演した時と同じパターンではありますが、よーく考えると玉木くんをテレビ朝日で見た記憶が僕にはなかったのでそれはそれで珍しかったのかなーと

最後は後説を行い終了しましたが、最後の最後が一番イキイキしていました。流石前説のプロ達です。

とまあこんな感じです。今回は逆に言えばこれがお笑い界の現実なのでしょう。各年で数千人とお笑いを志す人間が出てくるも売れるのは本の一握り、今回登場した面子も売れていないと自身で言ってはいるがテレビに出れているだけ凄いです。

テレビにも出れない芸人が数多くいる中で、そう考えると20年以上トップで活躍するさんま師匠や紳助さん、ダウンタウンは本当に凄い。それに今回登場した面子の芸歴は12~13年です。いかに芸歴1~2年くらいでうれたオリエンタルラジオが凄いというのも感じました。

やはりお笑いの世界は厳しいものです。お笑い芸人は目指すものではなく見るものだと改めて実感しつつ終りにしたいと思います。

|

« 麻生久美子が食わず嫌い王にやって来た! | トップページ | 玉木宏の素顔に迫るbyA-Studio »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45310627

この記事へのトラックバック一覧です: 泥の97年デビュー組芸人を見るbyアメトーク:

« 麻生久美子が食わず嫌い王にやって来た! | トップページ | 玉木宏の素顔に迫るbyA-Studio »