« 泥の97年デビュー組芸人を見るbyアメトーク | トップページ | MR.BRAINの第4回目を見て思う! »

玉木宏の素顔に迫るbyA-Studio

本日のA-Studioに玉木宏さんが出演したのでそのことを

今回は玉木さんのお母さんも出演するということで楽しみにしていましたが、なるほど子のお母さんあっての玉木宏かと

今回も鶴瓶師匠が様々な人に取材をしての話でしたが、登場早々ざわめきましたよお客さんが、あまりバラエティに出ないということだが今回の出演とそりゃ俳優さんがしょっちゅうバラエティに出演していたらねーなんか違いますよね。

まあそこはさておき最初はお母さんに合った話を、後姿のみでしたが、相当清潔感が会った人みたいで収録当日に母親がTBSに来たと、現在一緒に住んでいるみたいで時間があるときは食事などに行くそうです。

家では玉木さん喋らないそうで、面と向かって照れくさいと妹と母親は良く話をしているそうですが、妹には厳しくしていると、お母さんは滅茶苦茶怖かったそうで散々ひっぱたかれたと、その原因が小さなウソとのこと

その時に水泳教室に通っていると思ったらサボって遊んでいたため引きづり回したと、水泳サボり事件です。言葉も無く髪の毛を引っ張られ膝蹴りを入れられたりもしたそうです。

そんな玉木さんのターニングポイントがウォーターボーイズだったと、第5次審査まであったそうで、その時4人までは決まっていて玉木さんの役だけが決まっていなかったと、決まってからの合宿は1ヶ月あったみたいで、そこに鶴瓶師匠が訪問したそうで、プールや公園などに訪れていました。その当時はフィリピンパブがあってホステスの人が見ていたと

男だけの合宿生活は他のものに目が行く時もあり、その合宿所の館山旅館にも訪問、その当時玉木さんが不可解な行動をしていたことに心配だった見たいで、それは集団生活が苦手なため1人で海を眺めていたとのこと。

鶴瓶師匠今回初めて会うとのことで「真夏のオリオン」も鑑賞したそうで、狭いセットの中での撮影はつらかったと、ウォーターボーイズの時から8キロも役作りのために痩せたそうです。

今度は上野樹理さんにも会ったそうで、「のだめカンタービレ」の千秋先輩の役作りについてですが、これから撮影に入るそうで指揮の練習や語学の練習などをしているとのこと。玉木さんがその練習中にエロサイトなども見ているとのことで自分のテンションを保つために見たりもしているそうです。

上野さんはお世話になったことはないといったそうで、玉木さんからの恩をド忘れしていたそうで、赤いダウンジャケットを貰った、肌が荒れているため自分の使っているクリームを貰った、自分の住んでいる部屋を玉木さんのお母さんに用意してもらったなど忘れていたそうです。

上野樹理さんがドラマや映画で仲間とご飯に行くときにお酒を飲まないが見んなについでいたそうです。

続いては大親友のスタイリストとの出会いの話を最初は玉木さんが銀髪でクレーマーとして客と店員という間で出逢ったそうで、最初クレームをつけたそうだが相当銀髪でチンピラだと思って謝り続けたと

玉木さんにウォッカやテキーラを勧められたりもしたみたいです。ヘアメイクさんとスタイリストさんは玉木さんから誘われてショップ店員からの今の立場になったそうで、玉木さんとしては信頼も出来るし楽と、マネージャーもファンクラブを立ち上げた人がマネージャーをやっているみたいで、何でも言い合える信頼関係が築きあげられているみたいです。

ここで玉木さんが大切にする人のつながりについてですが、生きていくうえで人を大事にすることが大切と、そこで玉木さんの事務所の社長葵てるよしさんに会った時の話を

名古屋で16歳の玉木さんを自らスカウトしたそうで、10代の時はオーディションに全然受からなかったそうで、ウォーターボーイズのオーディションの前あたりにバイトをしていた時に仕事を変えるなら早いほうがいいと思う時期もあったそうで、その時にオーディションがありそれを1つの区切りとして、全てフッキり恥ずかしいところも見せてる100%の姿勢で挑んで勝ち取った後はやめることを考えなくなったと

バイトもゴルフ練習場のウェイターや深夜のコンビニ店員、引越し屋さんを4年半やっていて、バイトをしなくて良くなった時は嬉しかったそうです。

コンサートに関しては、最初の夢がドラマや歌を歌うことだったみたいで、06年のファーストコンサートのファーストステージの時にアンコールの前に号泣したそうで、普段人の前で喜怒哀楽の感情を見せないようにしているそうだが、コンサートが実現できたことと、アドレナリンが出すぎて気持ちよくなりすぎて泣いてしまったと

最後に恒例の鶴瓶師匠の1人話を

昔からのツレがやっている事務所の俳優さんで今回は鶴瓶師匠だからテレビに後ろ姿でも出演したということだが、社長は3年経ってモノ凄い人気があって3年で辞めたと、その後名古屋で事務所を立ち上げて玉木さんに出会い、玉木さんと5年契約し彼をずーっと育てていくことになるが、ずーっとオーディションに落ち続けて自身の会社もどうなるかの状況で、他のタレントさんもいるが玉木さんだけを残したと5年で芽が出ないと会社も大変にも関らず、その後人気も出てきて本人が歌をやるようになり、もともと社長自身も歌をやっていたので歌をやるっていうことが自分にとっても嬉しいと、たぶん自分の3年でやりきってないことを玉木さんに投影している部分があり自身も嬉しいと

玉木宏はいい家族、いいスタッフ、いいマネージャー、いい社長に囲まれていると思ったと

とこんな感じで終了した今回のA-Studioですが僕は玉木さんが苦労人ということは知っていましたが、何処が好きかというと色々なテレビで見ていて、人間としてシッカリしているなーと、僕がここまで玉木宏という男を好きになったのも、そんな一面が見れたビストロスマップにゲスト出演した時から一気にファンになりました。今でも暇な時は見るぐらいですし、やっぱり今回も玉木さんの人間としての良さが全面的にアピールされていました。

それとアレだけの男前が沢山の失敗をしているのに我々みたいな人間が1つの失敗でクヨクヨしている場合じゃないですね。

ということで玉木宏の素顔に迫る終了です。

|

« 泥の97年デビュー組芸人を見るbyアメトーク | トップページ | MR.BRAINの第4回目を見て思う! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45320705

この記事へのトラックバック一覧です: 玉木宏の素顔に迫るbyA-Studio:

« 泥の97年デビュー組芸人を見るbyアメトーク | トップページ | MR.BRAINの第4回目を見て思う! »