« 長澤まさみ主演映画「群青 愛が沈んだ海の色」を観てきました。 | トップページ | 人志松本のすべらない話ザ・ゴールデンを観た »

MR.BRAIN第6話を観て多重人格の謎に迫る!

さて殺人のシーンが残酷すぎるのでないかと言われている「MR.BRAIN」ですが、今回は多重人格と脳科学の関係が分かる非常に興味深い回でした。

とくに多重人格についてはよーく分かっていないところがあるので今回の放送でさわり程度は掴めたかも知れません。

それにしても監禁の事件は年に数回放送されますが、たいていが○日~○ヶ月ぐらいのニュースであり、ここ最近では新潟での10年間監禁ですかね。その時の被害者の心理状況というのは我々が理解できる範疇ではないと思いますが、だが監禁した側の人間の心理も気になるところではあります。

それにしても綾瀬はるかちゃんが実験で監禁されて登場してシーンは面白かったですねー、思いっきり人格が変わっていましたから、たしかに15年間監禁されたら人格が増えるのも納得いきますね。自分とは別の人格を作ってそちらが被害を受けている感覚にするというのは、多重人格の人間が犯人の場合に起こりえる責任能力の有無ですが被害者側は確かに納得いかないですよ責任能力が無いと結論が出れば

にしても仲間由紀恵さんの犯人役は凄かったなー、歴代の土曜20時台の番組で一番インパクトがあったかもしれません今回の「MR.BRAIN」は、子供と一緒に見れる内容ではないですよ今回の内容は

だが平和ボケしている日本にはちょうどいいかもしれません。いつこういう事件、今回に関しては拉致監禁もそうですが復讐の部分です。なにせ誰も想像していなかったはずですから秋葉原の歩行者天国にトラックが突っ込むことや、北朝鮮からミサイルが発射されること、電車で突然後ろから押されることなんて、たしかに全て線でつなげれることではないですし、まったく別物の事件ではありますし、だが誰が何に対して恨みを持っていつ関係が無い人間が巻き込まれるかわかりません

まあ僕としては今回一番注目した点は仲間さんが1人で3人の人格を演じたのは流石でしたね。さすが日本を代表する女優さんであります。

そして今回のキーポイント「多重人格」とは1人の人間の中にまったく別の人間が存在するということがポイントだとは思うのですが、人は誰しも多重人格だと思うんですよね考え方によってはお酒を飲んだら性格が変わる、男性や女性など異性と話すと性格が変わる、上司と部下とで話す態度が変わる、ただそれは一過性のものですけど、誰しも同じような態度で接することなんて不可能ですから、本来の自分を押し殺していますから普段の生活で

難しいですね人間の脳と精神の関係は、最後の実験の多重人格の有無を調べるのも酷いです。隔離病棟と一般病棟を入れ替えるなんてそれによって多重人格かそうでないかを判断するなんて、それが形や文字でなく色で判断するという人間誰しもが持つ先入観、それによって演技か演技でないかを判断するなんて

さて今回のドラマのような実験は実際に行われているのかも気になるところではありますがそれはまた別の機会に考えたいと思いますタイミングが合えば

ドラマに戻りますが今回の最後に当初の予想通りに市川海老蔵さんが登場しました。そして所長も、ということでラスト2週のポイントは市川海老蔵・爆破・誘拐・そしてアメリカです。残り少ない放送を楽しみたいと思います。

終わり!

|

« 長澤まさみ主演映画「群青 愛が沈んだ海の色」を観てきました。 | トップページ | 人志松本のすべらない話ザ・ゴールデンを観た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45469588

この記事へのトラックバック一覧です: MR.BRAIN第6話を観て多重人格の謎に迫る!:

« 長澤まさみ主演映画「群青 愛が沈んだ海の色」を観てきました。 | トップページ | 人志松本のすべらない話ザ・ゴールデンを観た »