« BECKの映画化について考える! | トップページ | 小栗旬の最年少監督デビューについて考える! »

草なぎ剛、「ぷっ」すまにも復活について考える!

今回もスマップの剛くんについて書きたいと思います。

内容はテレビ朝日の「「ぷっ」すま」についてなのですが、実際今回放送された内容は、本来であれば剛くんが逮捕されなければ4月に放送される予定だったものです。

江口洋介さんとりょうさんが出演している回をお蔵入りさせるのは流石に何かあったんでしょうね。なにせ通常通り放送されていれば江口さん主演の映画「GOEMON」の公開前に間に合ったんですから

まあそこは置いておきまして素直に剛くんが見れるようになったのならそれでよし、剛くんがいないと成立しない企画も多いのでね。特に今回放送された「絵心クイズ」は

さあまずは冒頭から剛くんとユースケさんの掛け合いからスタート

ユースケさんがお決まりの意味不明な歌から入ってきた途端に剛くんが土下座を、今回も謝罪スーツで登場し、ユースケさんからやってもらいたい事があるとのことで「ぶっつけご当地グルメ」です。優木まおみちゃんやインパルスがゲストの回で行われた企画だが、今回は前フリだけと聞いていた剛くんが復帰早々騙された感じですが早速クイズスタートです。まあ案の定外して罰ゲームを受け、剛くん一気に「ぷっ」すまモードへ入り

今回は上にも書いたとおり江口さんとりょうさんがゲストの「記憶力絵心クイズ」です。絵のほうはりょうさんは全くダメ、江口さんはジックリ描くのが好きだとの事。

1回戦の舞台は青山のAo http://www.ao-aoyama.com/です。お題は石川五ェ門(ルパン3世)です。江口さんはポイント重視、りょうさんは顔の形は要潤さんをイメージして書いたとの事。

まずはユースケさんはいつもどおり普通の感じ、その絵を見た途端に剛くんと江口さんのツッコミが、りょうさんは携帯ストラップみたいな五ェ門を剛くんはこの絵をみて知的だと、江口さんは侍の雰囲気がにじみ出ているうまい絵です。剛くんは何故か上目線で見ていましたが、そんな画伯の絵は「出た!」の一言、相変わらずの酷さです。テクノカットってそりゃないです。

判定は江口さん、ユースケさん、りょうさん、画伯となりました。ご褒美タイムの時に江口さん商品を落としてしまい、自腹でお買い上げの始末に。そして真剣白刃取り対決ではりょうさん成功、ユースケさん失敗、江口さん失敗という結果に

2回戦目は江口さんが司会という貴重な画を見ることが出来ました。お題は「ひこにゃん」剛くんお題が提示された瞬間?でしたが、江口さんの司会でヒントをすぐに出してくれて、刀を持っていることまで教えてくれました。そんだけヒントを貰った画はユースケさんドラえもんの偽者みたいな感じの絵を、りょうさんクリリンみたいな絵を剛くん相変わらずブレない評価で絵にためらいがないと、剛くんはかなりユルキャラとは正反対の目がギラギラしている感じの絵を書きました。

さていよいよ解答ですが、たまたまなのに剛くんの色使いや刀の持ち方が全くソックリと相変わらずの細かいポイントでの奇跡探しを、判定はユースケさん、剛くん、りょうさんの順番になりました。あまりにりょうさんが酷かったのが原因でしょう。

ご褒美阻止企画は「誰コレ2009」ユースケさんVSりょうさんはユースケさんの勝利、江口さんVSりょうさんはりょうさんの料理、剛くんVSりょうさんはりょうさんの勝利となりました。ユースケさんのみということでご褒美をかけて一発芸をすることになりりょうさんが10年ぶりに猪木さんのモノマネをした貴重な映像が見れました。

3回戦目は「麻生首相」です。剛くんのポイントは強さということで楽しみです。まずは江口さんから普通の感じですがうまい絵です。この絵に対して剛くんは強さがないと何故か怒り気味です。りょうさんはもうイタズラ書きみたいな感じです。剛くんは何を勘違いしたのか目の輝きを強調し不気味な絵に仕上がっていました。

判定ですが、江口さん、りょうさん、剛くんの順位になりました。ご褒美タイムでユースケさんが選んだ服が10万オーバーと剛くん必死の抵抗をしたが絶対負けられない戦いになりました。対決は「瞬間どっちカルタ!大小編」です。りょうさんVS剛くんは剛くんの勝利 江口さんVS剛くんは江口さんの勝利、ユースケさんVS剛くんはユースケさん勝利と、12万円の自腹となりました。

4回戦目(ラスト)は「砂かけ婆(ゲゲゲの鬼太郎)」です。ユースケさんは周りの文字でごまかした婆ということで剛くんから無難と言われてしまいました。りょうさんは鬼太郎似の婆を、江口さんは重量感を間違えたと言っていた通り妖怪というよりはただの婆を、最後に画伯ですが、流石でしたね棒立ちのただの本当に単なる婆で、一同大爆笑の着物を着ただけの婆です。今回は江口さんと剛くんは酷かったですね。

結果ですが、りょうさん、ユースケさん、剛くん、江口さんというまさかの結果になりました。

ご褒美をかけての対決は「空き缶釣りアタック!」です。りょうさん、ユースケさん、剛くんの中で江口さんに勝利したのはりょうさんと剛くんでした。

最後は江口さんと剛くんの平成の五右衛門対決であいかわらずのグダグダのまま終了しました。

まあ今回の放送は本来放送されるべき時より1ヶ月遅れで放送されたので江口さんとりょうさんとしてはあまり宣伝にはなっておりませんが、お蔵入りせずに放送してくれたテレ朝には感謝です。かなり楽しみにしていた放送だったのでなにせ江口さんがバラエティ特に罰ゲームを受けるシーンなんて滅多に見れるものではないので

と今回の放送をみて考えると剛くんの謹慎前後に収録されて放送されないのは厳しいですね。スマスマも本当なら木下優樹菜姉妹がビストロに登場するはずだったので、この回が放送されるかお蔵入りになるのかはフジテレビ次第です。

ということで、復帰記念の「ぷっ」すまは1ヶ月遅れの放送でしたが、冒頭で剛くんの謝罪もあり面白い仕上がりになっていました。なんとなく編集がかなりされていた感じは否めませんでしたけど

終わり!

|

« BECKの映画化について考える! | トップページ | 小栗旬の最年少監督デビューについて考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45214578

この記事へのトラックバック一覧です: 草なぎ剛、「ぷっ」すまにも復活について考える!:

« BECKの映画化について考える! | トップページ | 小栗旬の最年少監督デビューについて考える! »