« 人志松本のすべらない話ザ・ゴールデンを観た | トップページ | 安藤美姫の素顔に迫る!byおしゃれイズム »

橘麗美の突然の芸能界引退について考える!

橘麗美ファンにとっては青天の霹靂だったことでしょう。

08年に日テレジェニックにも選ばれた橘麗美が突然の芸能界引退をブログ上で発表しました。現在はその記事は削除されているみたいですが

なんでも長い文章の中で自分や芸能界への不満を告白し、「限界でした」「ひっそりと静かに暮らしたい」と

僕が以前から危惧していたグラビアアイドルの人数飽和状態の中で絶対引退などするアイドルが出てくるとは思っていましたが、今回の件を期にもっと出てくると予想がされます。

ほんの数日前に日テレジェニック09が決まったばかりなんですけどねー、グラビアアイドルにとってミス○○などの冠は今後売れるために試金石であり、それを目指して毎年○千~○万人の女性が挑むのですが

日テレジェニックは98年に作られたものですが、その中で選ばれた人間は累計52人、その中で引退している人間はきちんと調べないとわかりませんが、グラビアから卒業している人は何人もいます。

歴代のジェニック初代には加藤あい、酒井彩名、原史奈、佐藤江梨子など、今でも女優・タレントとして活躍している方たちばかりです。その後も有名どころですが、酒井若菜さん、眞鍋かをりさん、小倉優子さん、井上和香さん、サエコさんここまで03年以前の方々で僕が思うコンスタントにテレビやCM、雑誌、結婚など色々活躍していると思った方々です。

04年以降になりますと若干変わってくるんですよね日テレジェニックは僕の中で立ち位置が03年までの方は今でもバラエティ番組特にゴールデンタイムの時間帯やドラマなどで活躍されていますが、04年以降の方はゴールデンタイムで見る時間というよりはプライムタイムやCS、雑誌の表紙などで見ることが多い感じです。

中で僕が好きな方々を挙げますと、その大久保麻理子さん、小松彩夏さん、谷桃子さん、木口亜矢さん、手島優さんなどこの辺になると雑誌の表紙を飾ることやグラビアから転身して女優さんとして活躍していこうと方向転換を図っているなどが多いです。

グラビアアイドルとしてデビューしてから芸能界に残る手法というのか流れというのかは僕が10年来見てきた感覚では大抵、グラビア→女優orバラエティ番組の2択が多いです。女優さんになった方の代表として僕が思っているのが

沢尻エリカさん、綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、釈由美子さん、酒井若菜さん、加藤あいさん、雛形あきこさんなどデビュー当時の水着写真集が現在手に入れるのが難しくなっている感じ方たちです。グラビア=水着と今回は定義付けをさせて頂いていますので実際はもっといます。

だがこの面子を見るだけでもかなりインパクトがあります。相当豪華メンバーでドラマや映画の主演級の方たちです。

ではグラビア=バラエティ番組で考えますと、ほしのあきさん、小池栄子さん、熊田曜子さん、山本梓さん、夏川純さん、安田美沙子さん、優木まおみさん、南明奈さんなど現在も水着写真集をリリースもしている方もいれば、小池さんのようにドラマや映画などに出演している方なども

と女優さんに転身した組は現在活躍しているグラビアアイドルにとってはジャンルが違ってきますが、バラエティ組みに関しては大きな障壁となっているでしょう。それは今でもコンスタントに写真集やDVDを発売している,そしてなお且つ今活躍しているバラエティ番組のMCに対してウケがいいという点が大きい。

毎年これでもか!というほどデビューするグラビアイドルですがトップクラスになれるのはその中でも10%ぐらいですかね。100人中10人と人数的には多いかもしれませんが、その選ばれた10%がコンスタントに番組に出演するため、新人が入り込む隙間が無いんですよね。

そして今では新興勢力として、AKB48やアイドリング、そして最強のキャスター集団を束ねるセントフォースなどがコンスタントに歌も演技もバラエティも出来るアイドルや、ニュースも担当できバラエティでも活躍が出来るなど色々います。

今回の橘麗美さんがブログで明かした「ちゃんとお給料貰える仕事につきたい」というのは現実味があり彼女の選択は大いに支持したいところであります。お笑い界と同じくグラビア界も上が残っている以上下が詰まるだけです。昔なら18~22歳ぐらいまでがグラビアアイドルとして全盛期として取られたれている年齢も25歳オーバーは当たり前30越えても当たりまえになってきていますし、若けりゃ良いってモノでもない、そしてよほどのスタイルが良くても第2○○登場という風になればインパクトは弱いですしね。

それに給料も相当低いという風なことも聞いたりします。月収が10万円行かなかったりもザラとか、よーく考えてみれば上が詰まっていて、同じことをやっている人が多いのであれば、仕事も減り収入も減る。そして大手や中堅の事務所に所属していなければプロデュース方法にも差がつき、次第に水着ではなくヌードに近い過激な仕事になっていく

昨今ではグラビア→着エロ→AV女優や、グラビア→AV女優、デビュー当時から着エロ→AV女優なんてのもザラですから、昔はいなかったんですけどねーここ5年くらいですよこのような傾向が顕著に現われてきたのは

まあ水着で仕事をして、カメラ小僧などに写真を撮られ、ほんの数分のテレビ番組出演で月収10万円前後なら、それより忙しくはなりますが派遣社員で会社の事務員として働いたり、アパレル関連でアルバイトとして働いてから正社員になったり、通常の飲食店のアルバイトなどのようがほうが将来的にもプラスであり収入もいい、本当に今回の「ちゃんとお給料貰える仕事につきたい」というのは今後のグラビア業界で考えてはいけないことだと思います。

簡単に言うと、ちょっとスタイルが良くて顔に自身があるぐらいでグラビアアイドルを目指すことや事務所にスカウトされても簡単に踏み込んでいい世界でないのです芸能界は、日テレジェニックという肩書きがあるアイドルも1年間のジェニックとしての期間が過ぎればあとは実力勝負で、必ずしも仕事があるとは分からない時代なので

にしてもインパクトがありましたね今回の引退表明は、何度も書きますが「ちゃんとお給料貰える仕事につきたい」これって今相当重要ですから

ということで1人のグラビアアイドルの行動に注目です。

|

« 人志松本のすべらない話ザ・ゴールデンを観た | トップページ | 安藤美姫の素顔に迫る!byおしゃれイズム »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45479185

この記事へのトラックバック一覧です: 橘麗美の突然の芸能界引退について考える!:

« 人志松本のすべらない話ザ・ゴールデンを観た | トップページ | 安藤美姫の素顔に迫る!byおしゃれイズム »