« フジ系「オトメン」連ドラ初の途中引っ越しについて考える! | トップページ | 明石家さんまの恐ろしさby笑っていいとも »

和田という男byアメトーク

さて今回のアメトークはまさか採用されるとはというか、絶対採用されるんだろうなーと思っていた企画が実行されたのでそのことについて、その名も「和田という男」です。

出演者は勝俣州和・カンニング竹山・松村邦洋・出川哲朗・ますだおかだ・ライセンスです。

では言って見ましょう。芸能界最強と言われる和田という男の恐ろしさを知ろうではありませんか!

スタジオには実物大の?のアッコさんの写真と腕を振っただけで20人殺せる?というトークから始まりました。そしてゲストの登場ですが、ふざけてプレゼンしたはずの企画が採用されてしまったと勝俣さん、皆が恐れる和田という男を今回は解明するということで、アッコにおまかせファミリーが集結

一番新しくファミリーになったライセンスですが、最近一番のお気に入りみたいで夜中に酔ったアッコさんから連絡が来たと、その際に「和田」から連絡がきたということで今回は和田科アッコ目で統一すると、そして自由に発言できるように本人不在です。

アッコさんからはジグザグに逃げたら追いつけないという勝俣さんから、まずは生態からスタート、オス・メスの判断がつかないということでトイレは男性並に早いとモノを引きずっていると

竹山さんからはピースが得意ということで一番発情するのは大晦日だと、その時は「イエイイエイ」ではなく「ウォウウォウ」と発情すると

この発言に宮迫さんが大丈夫?と聞くと和田の話をしていると面白くてしょうがないと、そして何故か被害を受けるのは勝俣さん以外の面子だろのこと。勝俣さんは誕生会などの時に和田にチクるとのことで、「メスゴリラ」と言ったことがばれた際に耳を殴られ「電車が通ってる」という感じになってしまったと、それほど腫れたそうです。

松村さんからは人間ドック終了後、和田の家に向う途中に松村さんが水虫ということがバレたら、車が通っている道の途中で車から降ろされたと、そして「水虫治せ、新しい靴かって、家に来い」と言われたと、その時は出川さんにチクられたとのこと。家にたどり着いた時はレイチャールズのビデオを見ていて、「何で来たんや、お前が何でここにいるかわからん」とキレられたと。その時の「分からん」という言葉が危険信号らしい。

アッコにおまかせの生本番の時にアッコさんに触られた時に、「松村キタナイ」と絶叫されたとのこと。

ますだおかだからは今までのアッコさんが出演した紅白歌合戦のビデオを見せてもらっている際に、「あの鐘を鳴らすのはあなた」ばかりが流れるということに勝俣さんは「百八つ鳴らす」と毒舌を、その時のビデオ鑑賞会で締めに最後は歌っている姿を見てもらいたいということで渡されたビデオを再生すると、NHKドキュメンタリー「あの鐘を鳴らすのはあなた」の2時間ドキュメンタリーを見せられたそうです。その時はマネージャーに助けられたそうで

和田邸からの脱出の際に、ライセンスはマネージャーのゴーサインを元に猛ダッシュで家を出たそうで、その時もマネージャーが大声で阻止をしてくれたとのこと。そのマネージャーが1度だけ守ってくれないことがあったそうで、アッコさんが酔って戦闘モードに入り空手をやっていた話になり、アッコさんが放ったジャブが見えなかったためアッコさんにクリンチをして身を守った際にマネージャーさんに「うまい」と言われてしまったと

宮迫さんもパンチされた後に「オマエしばくぞ」としばかれた後に言われたと

どこでキレるかわからないということで、「マジすか」と言っただけで切れられたと若者言葉には注意と、そこで世界最速でキレられた芸人がいるということでジャリズム山下さんの話を、アッコさんに挨拶をした際に「どうもジャリズムの山」と言った瞬間に「なに言ってるかわからん」と一言、早めのわからん=近づくなと勝俣さん

出川さんと松村さんでアッコさんを食事に招待し支払いを行おうとした瞬間にアッコさんに止められ、「銀行からお金を下ろしてきた」と言った瞬間に2万ずつカツアゲされたと、そのお金もパチンコに使ってしまったらしい。ここから飲んでカツアゲが恒例行事になったそうで松村さんが3万持っていた時に3万取られたとその時にパンツの中にお金を入れてしまったため、松村さんはパンツ銀行から3千円下ろしたそうだが、後日アッコさんと話した時に何故パンツの中にお金が入っているかわからんないと連絡が来たと

竹山さんは深夜番組でとあるカラオケ番組を観ていたアッコさんから面白いとホメられた1週間後にイキナリ「笑ってごめんな」と理由は知り合いからアッコは歌手だから人の歌に対して笑ってはいけないといわれたため、「歌は人の命や」と泣いて謝られたと

たまに女性の一面を見せるということでライセンス井本さんからは酔ってスリッパが穿けなかった際に、藤原さんが穿かしてあげるとオマエは優しいなーと、勝俣さんも家族で招待された時には1週間前からリサーチされ娘の大好きなものを作ってくれ、奥さんにはいい男だとホメ、何故か奥さんに「人の一撃の倒し方」をレクチャーしていたと

岡田さんからはおまかせパネルで堅いニュースの時にチラッと和田と目が合っただけで「文句あんのか!」と、竹山さんは北朝鮮のミサイル問題の時によゐこと竹山さんが喋っていなかった時に「おまえ北朝鮮になんか言え」と、藤原さんはTシャツの柄の女性に絵に「それ誰?」とイキナリ言われたと、出川さんは真冬のロケで飲んでいた際に人間はどこまで寒さに耐えれるのか?ということで真冬のホテルのベランダへディレクターと2人で出されたと、だが酔っ払っていたためにそのことを忘れていたとそうです。

続いて竹山さんは飲み会の後の皿洗い係という話から、マネージャーが寝室で説教されていた時に呼ばれ入れ替わりでイキナリ抱きつかれ「皿洗ってありがとう」と言われた後に帰れ!と、寝室入るなとそんな和田も竹山さんが大好きということで、和田を泣かせた話を、和田・安田美沙子・竹山さんで朝からロケをしていた時に「タバコをやめたい」と1日中聞かされ、ずーっと酔った勢いもあり「辞めれや」と絶叫したら号泣したと、そんな次の日の朝家で竹山さんが震えていたため一度和田に電話したら一瞬謝られたあとに「昔のオマエだったら殺していると」実際にその後から和田はタバコを辞めたそうだが、実際はイチローさんに言われて辞めたとのこと。

キス魔の和田についての話になると、出川さんと松村さんがキスNGでキスをしようとした際に「下を入れるな」と風俗ばかり言ってるから舌は入れるなと何度も言われたと

和田にまつわる都市伝説のコーナーでは、ゴルフ場で和田の足跡を見たキャディさんが「熊が出た」と言いゴルフが中止になったと

出川さんは男子トイレから出てきた、しましウンコは1回では流れない。ゴルフのティーショットでボールが割れた、カップに入ったボールを取ろうとしてグリーンごと抜けた、ビートたけしの愛車のポルシェから降りた際に車を担いだ、マネージャーの辞めた数80人、そのうち20人が海の底、10人は食べた。始球式でキャッチャーの頭を掴んだ。コンサートのMCで後ろから2列目の人を指差したら指があたった。神戸の海水浴場で泳いでいたら四国についてしまった(厳密には飛び込んだら四国に当たった。四国をビート板代わりにしていた)など

マル秘映像ではロンブー淳さんから、和田を抱こうとした?ということで酔ったいた淳さんが和田を家に送った際に、淳さんだけ家に上がることになりその時に空白の30分があるためその間に男女の関係があったのではともし関係があったら尻の穴が避けていると

もう1つのマル秘映像は竹山さんが和田を隠し撮りした映像が公開されました。スタッフから隠し撮りを頼まれた時はしきりに文句を言って断り続けていたが、アッコにおまかせ収録当日にカメラを回し挨拶へVTRには写っていませんでしたが結局それだけ、誰も撮れないと。

最後に今回の収録をアッコさんがオンエアを一緒に見たいということで、今現在に出演者と見ているということで後日そのシーンを放送すると、そのため自身にメッセージを送るハメに、勝俣さんは「おまえ死んじゃったんだなー」と、岡田さんは「明日朝一ハローワークに行け」藤原さんは「ブレイクする前に死んでしまったんだなー」、竹山さんは「噛みつけ、どっちみち死ぬから噛みつけ」、松村さんは「一部不適切な発言がございました。東京マラソンに次2度目の心配停止になるとは」、最後に出川さんは「出川耳聞こえてるか?多分今左耳目ゴーッとなっていると」とかみ倒していました。最後に「そうだったから」を「しょうだったから」と

ということで終わった今回ですが、最高に面白かったですね。和田という男の生態を知ることができ大満足です。というよりもこのVTRを今現在見ているということで出演者一同どうなったのか早くみたいです。血まみれの映像が放送されたら最高です。

それにしても勝俣さんらしいトーク最高でした。そして和田と皆仲がいいんだなーと思いました。アッコファミリーの結束の固さがわかりました。そんな感じで

終わり!

|

« フジ系「オトメン」連ドラ初の途中引っ越しについて考える! | トップページ | 明石家さんまの恐ろしさby笑っていいとも »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45723041

この記事へのトラックバック一覧です: 和田という男byアメトーク:

« フジ系「オトメン」連ドラ初の途中引っ越しについて考える! | トップページ | 明石家さんまの恐ろしさby笑っていいとも »