« エヴァンゲリヲン新劇場版・序を見た感想! | トップページ | カヒミ・カリィさん結婚であることに驚いた! »

佐藤浩市の素顔に迫るbyA-Studio

さて本日のA-Studioには7月からドラマ「官僚たちの夏」が始まる、佐藤浩市さんです。

コメディからシリアスまで幅広い演技が出来る日本で最高の俳優さんの1人でゴルフ好きという印象が僕にはある佐藤さんですがやっぱりああいう風に年を重ねて生きたいなーと思わせるカッコよさがありました。

さて鶴瓶師匠は佐藤さんがバラエティなどにあまりでないということから凄い楽しみにしていたみたいです。

今回も鶴瓶師匠が色々徹底取材をしたみたいですが、何故か冒頭からジャンケンをして師匠が勝っていましたが、ある方が佐藤さんとジャンケンしたら必ず最初はグーを出すという情報を得ていたからとのことで、その情報をくれたのは吹石一恵さん現場では常にジュースをかけてじゃんけんをしているそうで、必ずグーの後チョキを出すとのこと。

鶴瓶師匠としてはジャンケンをしているイメージがないみたいでそれにはお客さんも納得していました。佐藤さん自身は現場では出来るだけリラックスをしたいみたいです。

官僚たちの夏の現場では吹石さんは最初目を合わせてくれないのではと思っていたそうです。だがそんな佐藤さんも毎年正月には明石家さんま師匠のオーストラリアの別荘に訪れるそうで、ゴルフをするとのこと。

それも朝から晩まで2ラウンド、食事後はさんま師匠の話を聞くということで家族ぐるみでお付き合いをしていると、佐藤さん自身はさんま師匠の話を聞くのが辛いため早めに寝るそうだが奥さんが犠牲になっているそうです。さんま師匠と佐藤浩市という関係も以外ですよね。

続いては若々しさを保つ佐藤さんについてですが、現在48歳ということだが鶴瓶師匠と初めて会ったのが88年の「敦煌」のキャンペーンの時だそうで、敦煌の時は半年間中国で撮影をしていたみたいで、砂漠での撮影の時にトイレが無い時は自分の馬を使って砂漠の丘を越えたところで用を足すと、だが用を足しても全く匂いがしないみたいでその時に監督が撮影開始の合図を拡声器で行ったため、馬と一緒に走り出してしまったそうです。

三谷幸喜さんとのエピソードでは銀座のクラブで同伴をしたと、その時は寺島進さんをエスコートすることになっていたそうだが、その時銀座デビューが三谷さんは初めてだったそうだが普通に楽しんでいたとのこと。

さてそんな三谷さんは佐藤さんのことを自分の芝居に出る役者ではないと思っていたそうで、「ザ・マジックアワー」の時のナイフを舐めるシーンも狂気の顔で舐めるということで鏡の前で練習したそうです。実際2人は同世代とのことでシンパシーを感じるとのこと。キャンペーンの時にも佐藤さんがモノマネがウマイらしく今回はしませんでしたけど

次は実の父親である俳優三國連太郎さんについて話していましたが、現在86歳とのことだが、佐藤さんとしては役者としてああやって生きて86に達したのであれば幸せだろうと、そこで鶴瓶師匠は佐藤さんがお勧めする三國さんの作品「飢餓海峡」を見たそうだがものすごかったと、当時42歳の三國さんの演技は凄かったと。佐藤さん自身44・5歳の時に思ったのは、「ただ親父と共演するではなくて、45歳の時の親父と共演したい」とガッツリやりたかったと

96年の「美味しんぼ」の時に共演した時は、三國さんから共演を持ちかけられたそうで当時の三國さんは70ぐらいで今だったら絡めると思って出演したと、そこで佐藤さんの息子が小学校卒業式で父兄が皆芸をしなくてはいけない時に、三國さんと佐藤さんが朗読しその脚本を三谷さんが書いたという超豪華な朗読劇をしたそうで、その時の脚本の頼み方も、三國と僕が共演するのがコレが最後かもしれないから的なニュアンスで話をして書いてもらったそうです。その練習の場所に演出家が来ないことに三國さんがおこったとのこと。

周囲の反応としては子供達は分かっていなかったが父兄と先生はビックリしていたと、だが三國さんも孫のために張り切ったそうで上手いことオチなかったとのこと。

続いてはゴルフが好きな佐藤さんということで、行きつけのゴルフショップを訪問した鶴瓶師匠だが、何となく感覚で佐藤さんが来るのではと思っていたら取材直後の15分後に来店したそうです。そんな佐藤さんもゴルフ歴20年でアレだけ仕事をしているにも関らずシングルを保っているそうです。

だが撮影の合間にも行くという話になると、無二の俳優仲間中井貴一さんの登場です。03年の「壬生義士伝」の撮影の合間にも練習をしに行ったそうです。

中井貴一さんとの関係としては、同年代であるが故のシンパシーとライバルだと何をやっているんだと気になるみたいですが、中井さん父親は俳優の佐田啓二さん、お互い父が俳優の2人ですが、82年に第5回日本アカデミー新人俳優賞を共に受賞、そしてデビューから18年後に「ある日嵐のように」で初共演を果たし、中井さん自身も「40で改めてであって芝居した時に、こいつと一緒に芝居やれててよかったなーと」40の時に思ったから親友になったと、やってみて初めて互いの凄さが分かったそうです。

その現場にいた佐藤さんの親友も佐藤さんの言っていることが中井さんの言っていることが一緒だと、お互い感じることは一緒だと縁があると、だがそんな2人も実は中井さんが1歳年下なのにも関らず中井さんが「浩市」と呼び捨てにするのは許せないらしい。そしてタイプも正反対みたいで中井さんが体育会系で佐藤さんは体育会系ではないと

04年の第27回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を獲得した時も、中井さんは人が賞をとったにも関らずものすごく嬉しかったそうで、主演男優賞の時に自分が壇上に上がったときに佐藤さんがものすごく泣いていたと

その時の真相としては実は飲みすぎていたということもあったそうです。相当照れ隠し的な感じで話していましたけど、だがその賞を取った姿に妻夫木くんが同年代の俳優が賞を取ってお互いが泣けるというライバル関係が羨ましいと

最後に7月スタートのドラマ「官僚たちの夏」についてですが、通産省の役人ということで難しいセリフに四苦八苦しているそうです。

そして恒例の鶴瓶師匠の話ですが、中井さんが「風のガーデン」で名優で亡き緒方拳さんに「俺はお前の親父佐田啓二が好きだと、何でだと思う」と言ったら「実は三國連太郎さんにもう一度共演したい俳優は誰って」聞いた時に即「佐田啓二」と言ったそうで、その後に映像を取り寄せて見て、皆が憧れる三國連太郎が佐田啓二を良いっていうのが凄くわかってそれから佐田啓二のファンになったと

その三國連太郎の息子の佐藤浩市と佐田啓二の息子の中井貴一が今日本トップとして活躍していることが凄いと言っていました。

そんな感じで終わった今回ですが、たしかに凄いです。お互いの父が名優と言われその息子も何十年と立ったら名優と呼ばれると思います。そう考えると我々はその佐田さんはなくなっていますが、三國連太郎と佐藤浩市親子、そして中井貴一さんの2代にわたる活躍が見れることは相当幸せなことかもしれません。

ということで佐藤浩市の素顔に迫る終了です。今度は佐藤さん中井さんそしてとんねるずの憲さんの仲の良い面子のトークが見たいです。

終わり!

|

« エヴァンゲリヲン新劇場版・序を見た感想! | トップページ | カヒミ・カリィさん結婚であることに驚いた! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45529707

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤浩市の素顔に迫るbyA-Studio:

« エヴァンゲリヲン新劇場版・序を見た感想! | トップページ | カヒミ・カリィさん結婚であることに驚いた! »