« さんま・中居の今夜も眠れないbyFNS26時間テレビ | トップページ | 笑っていいとも!byFNS26時間テレビ »

FNS26時間テレビの感想!

流石は島田紳助!

という感じですかね。25日19時より始まった26時間テレビ、例年よりも1時間短い時間でしたが、いつもと変わらず内容の濃いプログラムだったと思います。

イカダマラソンの最後にまさか日テレのパロディ演出をパクっての「負けないで」の大合唱、いったい誰が考えたことやらという感じです。

12時間耐久三輪車レースに関しては今日に限って猛暑だったため参加していたチームの皆さんにはお疲れ様でしたという感じです。そしてまさか完走したらデビューが掛かっていた広島のアイドルがポニーキャニオンでデビューとは、フジテレビ系列ではないかと一部の人間は思ったと思いますが、これから頑張ってほしいです。

FNS26時間テレビでは恒例の新人アナウンサーによる提供読みもうまいこと言ったので彼らの今後の活躍に期待です。

一つ一つの企画を見ていきますと、今回はヘキサゴンファミリーが中心だったため最後の再度まで大活躍でしたが、生放送で山田くんと辻ちゃんにクイズは答えさせてはいけませんね。ネプリーグが無事に終わってよかったです。

ひょうきんベスト10は久々の復活でリアルタイムで見たことが無かった僕としてはうれしかったです。

さんま・中居の今夜も眠れないに関しては記事としてあつかているので置いておきまして、その後の恋のかま騒ぎではフジモンとユッキーナが競演し堂々と交際宣言もあり、ペケポンは見逃したので置いておきまして、笑っていいともも録画してありますがあまり見れてないので置いておきます。

VS嵐では疲労が一番溜まってきている時間帯にあれだけ体を動かすアトラクション大変だったことでしょう。

HEY!HEY!HEY!では短い時間帯でしたが非常に濃い内容でしたね。松っちゃんが奥さんのことを愛しているや大事にしている発言、浜ちゃんが紳助兄さんに突っ込む姿は去年のさんま師匠に突っ込んでいる姿を思い出しました。そしてフジモンとユッキーナを雑にいじる松っちゃん流石でした。

番組対抗クイズヘキサゴンに関しては録画していて見ておりませんので感想なしこれから楽しみます。

という感じですかね。

今年は去年と違って「笑う」ということは少なかったですが、「感動」が多かった26時間テレビだとおもいました。最後に紳助師匠の挨拶で「さんまと話せてよかった」と言った事に紳助師匠自身も今回の2人のトークというのは重要な位置を占めていたんだなーとつくづく思いましたし、同期・ライバル・親友という絆が2人にはあるんだなーと

とにかく明石家さんま・島田紳助と続いている番組の来年の司会者はいったい誰になるのでしょうか、この2人に見劣りしない人間でないと厳しい気がします。まあ日テレは常にじゃニーズなどのアイドルをメインパーソナリティに迎えているので、フジテレビはとことんバラエティのフジを追求していただき、来年は若手お笑い芸人に全権任せてもいいのではと思いつつ終わりにしたいと思います。

これから録画してある部分が5時間分あるので見直したいと思います。

終わり!

|

« さんま・中居の今夜も眠れないbyFNS26時間テレビ | トップページ | 笑っていいとも!byFNS26時間テレビ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45749877

この記事へのトラックバック一覧です: FNS26時間テレビの感想!:

« さんま・中居の今夜も眠れないbyFNS26時間テレビ | トップページ | 笑っていいとも!byFNS26時間テレビ »