« タレント潜在視聴率ランキングについて考える! | トップページ | ビストロスマップに超人気モデル5人が来店bySMAP×SMAP »

エヴァンゲリオン新劇場版「破」を見た感想!

Ct0908 さてさて本日公開から1ヶ月やっとエヴァンゲリオン新劇場版「破」を見てまいりました。

まあ観に行った理由はもともと観に行くつもりだったこともそうですが、雑誌のCut8月号http://ro69.jp/publish/cut/next.htmlの表紙が新キャラクター真希波・マリ・イラストリアスだったため表紙買いをしてしまったなど色々な要素が組み合わさっての結果です。

とりあえず驚いたのは仮設5号機VS第3使徒、エヴァ2号機VS第7使徒、エヴァ0、初、2号機VS第8使徒、エヴァ初号機VS第9使徒、そしてラストのエヴァ0、初、2号機VS第10使徒と

5体の使徒が登場した今回の劇場版、原作と比べると全く使徒の形状が別物になっていて、なお且つ公開前から情報が出回っていたアスカの「惣流」から「式波」への変更、新キャラクターの真希波・マリ・イラストリアスなどなど大興奮しましたよ。

もうすでにウィキペディアには内容がこと細かく書かれているためネタバレの心配はないですけど、今回の作品を見てまったく別の軸で話を作っているんだなーと改めて感じた次第です。

なにせ使徒の形状がアレだけ変わっているのにはビックリです。そもそも使徒のナンバーもズレていてますし、今回登場の使徒を原作に当てはめると、第3使徒はオリジナル、第7使徒はガギエル、第8使徒はサハクィエル、第9使徒はバルディエル、そして第10使徒はゼルエルと劇場版では残り4体?ぐらいですかあと登場するのは

原作ではアラエル・アルミサエル・ダブリスの15・16・17の3体のため明らかにオリジナルの使徒が登場することは誰しもが予想できそうだが、とんでもないどんでん返しがある可能性がエヴァンゲリオンにはあるためなんとも言えない状態ではあります。

それにしても戦闘シーンは凄かったなー、若干目が疲れましたよ見ていて、スピード感が半端なかったのでね。特に仮設5号機と第3使徒の対決はあまり良く分からなかったのが現状です。2号機のザ・ビースト状態も凄かった。

今作にはオリジナルのエヴァが今のところ2体登場し、仮設5号機は破壊されましたが「Q」には8号機が登場したり、6号機の能力が解明されたりと色々ありそうです。そして最後のシーンで6号機が初号機に向って投げたものが「ロンギヌスの槍」なのかそれとも何なのか?など色々謎がありますよ。

ホント面白かったですねー、近作は綾波レイの立位置が原作とは違いシンジに対して心を開くだけでなく好意もありシンジを「守る」という明確な意思があります。特に第10使徒戦で「碇君をエヴァに乗せないように出来る」的な発言など明らかにレイに感情を持たせていく感じなのかなーとも

さて今後の展開は誰しもが色々予想していると思いますが、原作ではシンジのみがエヴァに取り込まれたところが今回はレイと共に取り込まれた第10使徒戦、原作では渚カヲルは2号機を操りセントラルドグマに近づいて行ったが今回は6号機を使用、そしてほぼ壊滅状態になった0号機と2号機はどうなるのか?8号機のパイロットは誰なのか?

色々思うところはありますがそれが解明できるのは次回の「Q」そしてサブタイトルが謎の「?」の2作品にて今回のエヴァンゲリオン新劇場版が完結するので楽しみにしたいと思います。

終わり!

|

« タレント潜在視聴率ランキングについて考える! | トップページ | ビストロスマップに超人気モデル5人が来店bySMAP×SMAP »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45686859

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァンゲリオン新劇場版「破」を見た感想!:

« タレント潜在視聴率ランキングについて考える! | トップページ | ビストロスマップに超人気モデル5人が来店bySMAP×SMAP »