« こち亀第3話を観る! | トップページ | 芸能マスコミ衰退の深層について考える! »

橘麗美が立花麗美で突然の芸能界復帰について考える!

さて6月末あたりに突然のグラビアを引退と発表し、僕も記事として取り上げた橘麗美さんがグラビアに復帰したということについて今回は

なんでも立花麗美と名を改めて再び芸能界で活動することが明らかになり、8月17日にはオリコンが運営するブログサイト「スタ☆ブロ」に公式ブログを開設し、再スタートを切る。とのこと、とりあえず現状のブログをhttp://ameblo.jp/reimist/、なおかつ9月4日にはDVDも発売http://item.rakuten.co.jp/neowing-r/buqh-6/

さてさて我々踊らされているのではないのかな彼女に?と思いますが、結局当時と言っても2ヶ月前は、ここから記事抜粋

もともと歌手志望だった橘麗美は、「自分の体に自信なんてないし、カメラ嫌いだし」と、“グラビアアイドル”は決して望んで就いた仕事ではなかったことを明かし、自身だけでなく、親からも「毎日のように『汚らわしい』とか、エロ本の表紙をやった時には『縁を切る』と言われた」と拒絶されていたことを告白。「グラビアをやってるのは歌手になるための手段だから」と自分に言い聞かせながら仕事をしてきた。

しかし、さまざまな事情から事務所の移籍を繰り返すも、グラビアの世界から抜け出して歌手になる夢は叶わず。そうこうしているうちにマネージャーの裏切りや事務所移籍のトラブルなどに見舞われ、芸能界でやっていく自信をなくし、“引退表明”をすることになった……というわけだ。

ブログにはほかにも「blogで平静を振り舞う自分が嫌いでした。笑顔なんて嫌いです。限界でした」「芸能界のほとんどは使えなければ手ぶら、ティーバックにさせ、それでも駄目ならヌードやAVやらせて使い捨てる。そこまでしなきゃ私は駄目なのか。そこまでしなきゃ私は使えないのか」「これ以上汚い大人を見たくないし、振り回されたくないし、関わりたくない。もう誰も信じられない」など、目の当たりにしてきた芸能界への絶望感に満ちた内容がつづられていた。


という如何にも現在のグラビア業界の裏事情を吐露した内容であったかは読めば分かると思いますが、それにしても復帰とは「ちゃんとお給料貰える仕事につきたい」と言っていたのがウソのようです。

考えられるに、結局2ヶ月間色々考える時間が欲しかっただけというとり方もできますいし、2ヶ月間普通のバイトなどを体験したが結局性に合わなかっただけ、とも彼女の心境は考えられませんが復帰するのであれば頑張って欲しい。

実際ネットには今回の復帰についてネットでは、「復帰して大丈夫なのか」「散々騒いで結局復活するんかい」「あれだけ歌がやりたいって言ってたのに、またグラビアか」「朝令暮改すぎる」と、厳しい声も上がっている。とのことだが非常に分かります。

で僕としては一番気になるあと事務所を変えたということでドコの事務所に所属したのかは気になるところです。なんとなく事務所によっては傾向があるんですよ。なんとなくなんですけど

例えばグラビア大手で考えると、アーティストハウスピラミッドhttp://pyramid.jap.co.jp/熊田曜子ちゃん、安田美沙子ちゃん、夏川純ちゃんなど所属、プラチナムプロダクションhttp://platinumpro.syncl.jp/ユッキーナや若槻千夏ちゃんなど、イエローキャブhttp://www.yellow-cab.co.jp/などがグラビアとして強い事務所ですかね。

研音・オスカー・スターダスト・レプロなどは若干グラビアというより女優・モデルさん所属の肌色が強いので

所属事務所によってはバラエティ番組に出演させることも可能ですし、過激なグラビアやエロ本の表紙などを飾らなくても済むわけです。

と橘麗美→立花麗美と名前も替え、今後どうなるかも分かりませんが再度引退表明をしたら彼女をどこかのAVメーカーが拾ってもらいたいものです。

終わり!

|

« こち亀第3話を観る! | トップページ | 芸能マスコミ衰退の深層について考える! »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45941406

この記事へのトラックバック一覧です: 橘麗美が立花麗美で突然の芸能界復帰について考える!:

« こち亀第3話を観る! | トップページ | 芸能マスコミ衰退の深層について考える! »