« 女芸能人の恋愛メールをチェック「モテメール・ブスメール!番外編 | トップページ | 悲劇のヒロインから容疑者へ酒井法子について考える! »

明石家さんまvs雨上がり決死隊byアメトーク

本日のアメトークはものすごく楽しみにしていたのでそのことについて

それは今年で雨上がり20周年ということでの特別企画といことで本来であれば2人っきりでトークのはずが、お笑い怪獣が来襲しどうなることやら?と言う感じになってしまいましたが、やっぱり凄かったです。というより時間が短すぎです。

いつもよりもの服装よりも正装した感じで登場した雨上がりの2人、今回は20周年スペシャルということでゆかりのゲストが登場すると思っていたお客さんに対して、今回は誰も来ないと一言言っただけで、お客さんからは「エー」と

その後に前田アナが登場し雨上がりの20年の歴史を振り返えろうとしたところ、番組からお祝いのプレゼントがあるとのことで大きな箱が運ばれてきました、運ばれた時は爆弾でも入っているんじゃないかと疑った宮迫さんが箱の叩くと中から物音が、そしていよいよ箱を開けるとその中にいたのはもちろん明石家さんま師匠です。

登場したとたん、お客さんからは大歓声が、雨上がりの2人は驚きのあまりフリーズしその後倒れてしまいました。登場したら宮迫さんは「コレはあきませんわ」と一言、出てきて早々さんま師匠は箱の中で20分待たされたことに対して文句を連発

そりゃそうでしょうゲストが誰も来ないで2人でやうと打ち合わせの時は言われていたにも関わらずお笑い怪獣が登場するんですから

という感じで今回の20周年特別ゲストはお笑い怪獣のさんま師匠、箱の中に入ってからスタジオへの移動までの話をし始めると、となりにあるホテルのグランドハイアットから出る時から箱の中に入れられていたそうです。

そのはなしが一通り終わったあと今度は宮迫さんがラジオで言った失言に対しての話になりました。宮崎に行った際に飛行機のドアを「開けさせて」とうるさかったと、韓国に行った際も今日は「喋らないで寝る」と言っておきながら到着してしまったそうです。

さて今回の企画の趣旨は司会にさんま師匠、アシスタントに前田アナ、ゲストに雨上がりという感じです。

さてまずはアメトークのスタジオを一通り見た後に、さんま師匠がテレ朝に出演したのは20年前という話をし始めました。本日はテレビ朝日に箱の中に入ったまま入ったため新社屋が見れなかったとのコト。

そしていよいよ雨上がりの歴史について見ていくことになりました。

89年コンビ結成、ホトちゃんの方が2歳年上で、人間としては15歳年下と宮迫さん、昔は別々にコンビを組んでいたそうで、ホトちゃんの昔のコンビ名はホワイトホワイト、宮迫さんの相方は今や年商500億円の億万長者だそうです。

その当時のさんま師匠は娘のIMALUちゃんが生まれたとのコトで、実はIMALUちゃんがアメトーークの観覧に訪れたことがあるそうです。それも裏ルートでなくて正規のルートで、モーニング娘のオーディションにもある程度まで受かっていたが、さんま師匠が落としてくれとお願いしたと、その後はカナダに留学したり、芸能界には勝手に入ったとのこと。

さんま師匠としてはIMALUちゃんが番組に出演するのは見ないようにしているが、めちゃイケのやべっち寿司だけは見たそうです。それもきちんとナイナイに敬語が使えているかを確かめるためにみたそうだが、最終的にはナイナイにツッコミを入れたとのコト。

さて話が脱線しすぎましたが、やっと2年目に突入です。

2年目の90年は「不人気超人」と呼ばれていたそうで、男性にはウケたが女性には全くウケなかったそうです。

その年にさんま師匠は家族でサイパン旅行に行ったそうで、そのエピソードの情報に対して文句を言っていたにも関わらず、前田ちゃんが感想を尋ねると長い話が始まりました。そこで雨上がりも交えて旅行に行ったら夫婦喧嘩をするとい話になり、宮迫さんはグラスボートに乗ったが魚が一切いなくて見れなかったため宮迫さんが別のところに視線をやると腕を掴まれ「魚見ろ」と言われたとのコト、他には待ち合わせの場所が分からない嫁が渋谷のハチ公前で待ち合わせをしていたら2時間後に怒りの形相で「ハチ公小さい、見えへん」と言ってキレられたとのこと。

だがホトちゃん夫妻は旅行に行くと仲良くなるとのこと。2年目が終わると思っていたら、やっぱりそれで終わるわけがなかったさんま師匠の話、サイパンのエピソードはないと言っていたにも関わらず、たくさんありました。この時点でさんま師匠汗ベチョベチョです。

3年目の91年にはネタ番組でグランドチャンピオンになったそうで、当時の映像が披露されました。雨上がりの2人とも髪も短く、ほとちゃんはトレードマークのおかっぱでなかったです。

91年のさんま師匠はFNS27時間テレビでビートたけしさんに愛車をボロボロにされたとのこと

4年目92年には第13回ABCお笑い新人グランプリ優秀賞、その時のグランプリがナインティナインだったそうです。当時はナイナイが雨上がりに相談などをしていたそうだが、あっさり抜かれたと、その当時はお弁当もまったく別物だったそうです。

さんま師匠は92年に大竹しのぶさんと離婚をしたと、おでこに×印を描いて会見をしたが、まったくウケなかったそうです。その時にまゆげの上に書いた×から「バツイチ」と言う言葉が流行り始めたと、そんな師匠は他にもS○Xを番組で使うことが出来なかったためS○X=エッチと言う言葉に置き換えたそうです。

それを聞いた前田ちゃんが「ホントさんまさんてスゴイんですね」と

その時にバブルがハジけて5億円の借金ができてしまったそうで、当時「喋る」or「死ぬ」かの選択で「喋る」を選んだそうです。

そこから新幹線の移動の時も喋りっぱなしということについての話になりました。松尾伴内さんが喋ってくるため話をするそうです。だが以前は宮迫さんが新幹線の隣の席に座っていたそうだが、宮迫さんが寝そうになる度に起こされて、最終的に嫌で席を替えることになったそうです。初めは喜んで座っていたにも拘らず、最終的には寝たフリをしたとのこと。

一般の方に対しても、質問されたため話を続けるも、寝ようとしたため寝かせないようにしたそうです。だがその方も名古屋で売り子の人がカートを押してきてブラインドになった瞬間に寝たそうだが、起こしてやったと

北海道に行く飛行機の中でも周りを見回してV6を見つけると「V6居てる~」と言ったそうです。

5年目93年には吉本印天然素材が大ブレイクした年とのコトで、イベントで後楽園ホールが満員、NHKのニュースでも報道される。バッファロー吾郎の2人がカッコいいと言われていたと。

93年のさんま師匠のエピソードは特になしとのことだが、93年には見合いしたそうで、今までに3回見合いをしたとのことで、その中の1回は森進一夫妻に頼まれて見合いをしたそうです。見合いの後の交際についても話し出すとあくまで結婚前提でないとお付き合いができないそうです。

ここで前田ちゃんが結婚する気があるんですか?と尋ねると「結婚は考えています」と、それも恋のから騒ぎでのエピソードを交えて話しはじめました。老後1人は嫌だそうで、イキナリ前田ちゃんにアプローチをし始めました、現在28歳の前田ちゃん年齢的にも大丈夫だろうということで、前田ちゃんのタイプを聞くと、日焼けしている・面白い・顔は江口洋介さんと、最終的には遠まわしに断っていました。

6年目の94年を説明するところになると、お客さんが時計を見始めたためイキナリ99年に飛ぼうとするも、いったん94年のエピソードを見ると、CD売り上げ2000枚、96年はアメジャリチハラが開始するも半年で放送終了、最低視聴率が1.7%だったと、9年目は世間はボキャブラブームで完全な低迷期だったため「名古屋芸人」に、当時は週5日名古屋にいたと、11年目はMBS「痛快!明石家電視台」の準レギュラーに

雨上がり電視台登場した時のVTRが披露されました。当時はホトちゃんがハンチング帽を被っていたのが印象的でした。

そこでさんま師匠が電視台でジミー大西さんの後釜に座った雨上がりに対して、本来は山田花子さんなど選出されていたそうだが、当時雨上がりにセンスがあるとさんま師匠が感じたそうで雨上がりを選んだと、そんな雨上がりの2人とジミー大西さんのエピソードではクワガタやカブトムシがいる虫かごにガムをいれたそうです。

さんま師匠が語るジミーちゃんのエピソードでは、病院で点滴を飲んだそうで、看護婦長さんからさんま師匠宛てにお叱りの電話が来たそうです。他にも止まっている車の後ろに入って「大渋滞です」というも他の車線の車はビュンビュン横を通っていたそうです。

ここで時間になりましたが、ボードの裏の2000年代の話が全くできず、結局はさんま師匠の話しになってしまいました。結局きちんと話せたのは6年、そこで何が原因か考えると前田ちゃんがサイパンについてさんま師匠に話を振ったことが原因ということに

グランドフィナーレでは、何故か帰りも箱の中に入って帰ることになったので、一度宮迫さんを箱の中に入れて自分が受けたことを仕返すと、宮迫さんが師匠に謝っていました。そそして箱の中に入って退場しました。

という感じで終わった今回のアメトークですが、えー1時間番組という立ち位置の番組ではありますが、実質の放送時間は55分、CMを飛ばしたりすると実際の放送時間は44分ぐらいしかありません。

実質45分番組のアメトークで2年目の話をしている時に時間は23時40分、15分スタートの番組で2年目で25分経過、放送時間の半分を費やしているため、そりゃ20年分の話なんて出来るわけないと思っていましたが、まさかのきちんと話せたのが6年だけとは、2週に分けても良いから放送して欲しかったです。

それと今回の放送で忘れてはいけないのが、前田ちゃんの異常な可愛さですかね。あの可愛さと天然っぷりは最高でした、さんま師匠にあれだけ雑なフリをした人久々に見ましたよ。

今回を企画をDVDに収録する時は必ずノーカット版を収録して欲しいものです。もしくはテレビ朝日のスタッフの誰か僕にDVDとして今回の放送をプレゼントして欲しいものです。

ということで、僕の大好きな番組に、尊敬するさんま師匠がゲスト出演し、好きな芸人の雨上がり決死隊と絡むのを見ることができた今回のアメトーク最高でした

終わり!

|

« 女芸能人の恋愛メールをチェック「モテメール・ブスメール!番外編 | トップページ | 悲劇のヒロインから容疑者へ酒井法子について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/45854334

この記事へのトラックバック一覧です: 明石家さんまvs雨上がり決死隊byアメトーク:

« 女芸能人の恋愛メールをチェック「モテメール・ブスメール!番外編 | トップページ | 悲劇のヒロインから容疑者へ酒井法子について考える! »