« 道端カレン・ジェシカ・アンジェリカがビストロスマップにやってきた! | トップページ | キングオブコント2009を観る! »

「とんねるず」石橋貴明の迷走について考える!

さてさて今回は「「とんねるず」石橋貴明の迷走」ということについてです。

元ネタは日刊現代に書かれていた記事なのですが、なんと日曜20時から放送中の「うたばん」が13日の視聴率で5.9%という数字を叩きだしてしまったとか

まず「うたばん」についてですが、最初に放送されたのが96年だったと思いますが、その時の時間帯は火曜日21時、TBSの番組改編により木曜20時、そして今年から日曜20時と枠を移動した番組です。

内容としては当初は歌手をゲストに呼びプライベートなどの話などを行い歌を披露、それが3組ばかしあったのですが、木曜20時移動してからは週によって歌手が1組あとはお笑い芸人が登場することが増えてきました。そして日曜日になるとお笑い芸人だけでなく主婦タレントが出てきたりもしております。

ここ最近は「歌」というよりも「情報」番組に近い回もありまったく音楽番組というテイストがなくなる回もしばしばです。

正直日曜20時台に移動する時TBSは何を考えているんだと思いましたけどね。視聴率を取れる枠ではないですあそこは枠は

続いて石橋貴明というタレントについてですが、貴さんの芸風は好き嫌いがハッキリします。嫌いな人は対して芸もなく、弱いものいじめをしているに過ぎないなどと、好きな人にはあの破天荒ぷりや芸人のいじり方などは天才的であり、プロデュース力も凄い、実際思いつきで始めたような「野猿」「矢島美容室」であったりときちんと成果を残しています。

そして知識もスポーツ知識に造詣が深く、下手なスポーツキャスターよりも全体的なことを見れば圧倒的に知識もありますしスポーツ選手との交流も深い、そして業界のことをよく知っている点が見られます。

記事の中には、「うたばん」が低視聴率にもかかわらず、打ち切りにならないのは背後で芸能プロの有力者がバックアップしているためだ。

という文章があるが確かにそれはありそうな感じもします。美空ひばりさんにも可愛がられていましたからねとんねるずの2人は、それと番組内でたまにスタッフについて話す時に人事異動の事情報まで知っている位ですからそれなりの地位にいる人を仲がいいのも伺えます。たとえばフジテレビの港執行役員みたいなバラエティの編成のトップなど

と色々あるがなんらかんらテレビ局が困っているのは一本500万とも言われているギャラだと思うんですよね。へたすりゃ若手芸人100人集めても500万いかないのではと思ってしまいます。おかしいですからね1本でサラリーマンの年収って

とまあ色々問題はありますが1タレントとしての実力は相当あると僕は思っていて大好きなタレントの一人であります。

とんねるず好きは分かっていると思うんですが実際貴さんよりも憲さんの方が破天荒なんですけどね。貴さんの行動に憲さんが引くことはありませんが、憲さんの行動に貴さんが引くことはありますから、ただ憲さんがやると何故か柔らかい感じに見え、貴さんがやると直線的に見えてしまうのが今まで作り上げてきたイメージで損をしているのかなーと

後はTBSに判断が任されているところです。「うたばん」てあまりバラエティに出演しない歌手も何故かゲスト出演したりしますから、貴重な存在だと思うんですけどね。

まだまだ書きたいこともありますが、この辺で貴さんの迷走について考えるのは終わりにしたいと思います。

|

« 道端カレン・ジェシカ・アンジェリカがビストロスマップにやってきた! | トップページ | キングオブコント2009を観る! »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/46277875

この記事へのトラックバック一覧です: 「とんねるず」石橋貴明の迷走について考える!:

« 道端カレン・ジェシカ・アンジェリカがビストロスマップにやってきた! | トップページ | キングオブコント2009を観る! »