« TBS新番組「崖っぷち」の企画倒れについて考える! | トップページ | アメトークの特典DVDを観る!パート2 »

フジテレビ開局50周年スペシャルドラマ「わが家の歴史」について考える!

さて本日は来春に3夜連続放送されるフジテレビ開局50周年スペシャルドラマ「わが家の歴史」についてです。

このドラマの制作が発表された時からなんてキャストだと思っておりましたが、都内の発表会見を見たところこれでコケたらフジテレビはどうするんだ?という面子ばかりでした。

その出演者は柴咲コウ・松本潤・佐藤隆太・堀北真希・榮倉奈々が5人兄妹で。両親役は西田敏行・富司純子、ほかに佐藤浩市・天海祐希さんなどが出演、他にも長澤まさみ・大泉洋・玉山鉄二・山本耕史・鈴木砂羽・高田純次などなど

ものすごい豪華です。

このドラマの仕掛人はフジテレビの大多亮さん、構想4年、放送まで足かけ5年とのことで大多さんは「開局50周年企画のフィナーレを飾る作品として三谷さんらしい大作を、ということでお願いして、「家族もの」という提案をいただきました。脚本が上がってきて感動しました。名もなき市井の一家族の物語でありながら、ここまで魅力的な作品にできるのは三谷さんならでは。また、この全く架空の家族と実在の著名人がシンクロしていく様が見事で、今まで見たことのないドラマになると確信しました。最高のキャストとスタッフで、最高に面白い作品に仕上げたいと思います。」

脚本の三谷幸喜さんは「僕にとっては、家族ドラマも昭和の戦後史も初めてのテーマだったので、書くのにとても骨が折れましたが、僕にしか書けない作品になったと思います。この長い物語の中に、笑い、涙、ロマンス、家族愛にサスペンスと、テレビドラマの要素のすべてを詰め込んでみました。まさに50周年にふさわしいドラマになったと自負しています。キャストも信じられないくらい豪華。これほど現場を見学に行くのが楽しみな作品はありません。」

とのこと。

今回の仕掛人の大多亮さんと言えば、月9を作り上げた人といっても過言ではありません。90年代には「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」、2000年以降には「白い巨塔」「Dr.コトー診療所」などまだまだたくさんありますが、人間ドラマが見えるドラマを作る人のイメージがあるため非常に期待です。

そんな豪華キャストの役どころは

柴咲コウ … 八女家・長女、政子。いつも家族の幸せを願い、前向きに生きるしっかり者。
佐藤浩市 … 戦後日本の復興に力を尽くす新進実業家・鬼塚大造。政子と結婚する。
松本 潤 … 努力家の秀才で東大を目指す長男、義男。ゆかりと身分違いの恋に落ちる。
佐藤隆太 … なかなか地に足の付かない次男、宗男。警察予備隊で挫折、役者を志す。
堀北真希 … 大人びた次女、波子。出版社に就職、キャリアウーマンとしての道を歩む。
榮倉奈々 … 素直な三女、房子。美術大学に進み、手塚治虫のアシスタントとなる。
長澤まさみ … 世間知らずの令嬢、一ノ瀬ゆかり。義男との交際を両親に反対される。
大泉 洋 … 一家の幼なじみ、つるちゃん。房子への思いを遂げるため職を転々とする。
天海祐希 … 鬼塚千晶。大造の仕事のパートナーであり、政子の上司でもある。
富司純子 … 母、マキ。芯が強くマイペース、常に陰ながら子供たちを見守っている。
西田敏行 … 父、時次郎。一攫千金の夢を見ては失敗する、八女家の問題児。

非常に楽しみでもあります。

まあ豪華キャストを集めれば視聴率を取れるとは限りませんが、今回は大多亮さんが企画、三谷幸喜さんが脚本、プロデュースには重岡由美子(THE有頂天ホテル)・稲田秀樹(アンフェア)・江森浩子(1リットルの涙)、演出に河野圭太(古畑任三郎)を手がけた人が集まっているためフジテレビの本気度も見れて本当に楽しみです。

天邪鬼な僕としては失敗してしまえという考えも少なからずはあります。これだけのキャストとスタッフを集めてコケたらフジテレビもうドラマ制作するのイヤになるでしょう。

ということで、超豪華キャスト出演の「わが家の歴史」楽しみです。

終わり!

|

« TBS新番組「崖っぷち」の企画倒れについて考える! | トップページ | アメトークの特典DVDを観る!パート2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/46485022

この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ開局50周年スペシャルドラマ「わが家の歴史」について考える!:

« TBS新番組「崖っぷち」の企画倒れについて考える! | トップページ | アメトークの特典DVDを観る!パート2 »