« 長澤まさみが5LDKにやって来た! | トップページ | 10年ぶりにMステに出演した森高千里を観る! »

人見知り芸人を見るbyアメトーク

さて今回もアメトークについてです。

今回の内容は「人見知り芸人」ということで、まあ誰しもが思うところはあるのではという話がたくさん聞けました。

冒頭から雨上がりの2人が番組初の静かなメンバーと紹介しゲストを呼び込みました。面子はオードリー若林、有吉弘行、インパルス板倉、フットボールアワー岩尾、バカリズム、ライセンス藤原、ノンスタイル石田、U字工事益子の面々です。

この企画をプレゼンした若林さんも今回採用されたことに困っている感じでした。普段は人見知りを隠しながら生活をしているためそれがバレたら困ると

宮迫さんが本番前の楽屋の挨拶についても、挨拶しに来てくれるが楽屋の中に足を踏み入れない、有吉さんにいたっては7センチぐらいしか開けずに挨拶をしていったと

その際にインパルス板倉さんは蛍ちゃんは大丈夫だが宮迫さんには緊張すると、岩尾さんには人類見知り、街であった際も無視されたと、ノンスタイル石田さんにも漫才もスピーディーでガンガンいくイメージがあるが、漫才は作られたものだからと、楽屋のノックの大きさもわからないと

立ち話も終わり座りトークになるとまずは芸能界で苦労について話し出しました。

若林さんは大部屋の楽屋が苦手と、たくさんいると修羅場だと色々な対処法として若林さんはペットボトルや缶ジュースのラベルを読み込むと、紙コップのケータリングやお菓子も袋から出されている時は、ささくれを取っているフリをすると。

岩尾さんも本番のシュミレーションのフリをしたりすると、バカリズムさんは弁当をゆっくり食べる、有吉さんは後輩などが多いと不機嫌なフリをしたり、極端に眠いフリをしたりも。

若林さんの修羅場の話では楽屋で若林さん、曙、大林素子さんの3人になった際に、2人はスポーツの話で盛り上がっているが、1人でささくれを取っているフリをしていると、大林さんが気を使って話しかけてくれるも「なるほど」と一言しか言えず話が広がらなかったと

楽屋のメンバー構成で苦手なのは、FUJIWARA藤本さんがハシャいでいるときが苦手とライセンスの藤原さん、板倉さんも他人の話題は笑ってはならないと思ってしまうと、有吉さんもサッカーの武田修弘さんも苦手だと、ガンガン話しかけてくるのでイヤだと

楽屋の感じが嫌なためフット岩尾さんはわざと11~12分のギリギリぐらいの遅刻をすると、バカリズムさんもテレビで見る人が苦手だということで事務所の後輩の狩野英孝さんが売れてきたためテレビに出ている人だと緊張してしまうと

先輩への挨拶に関しては基本としては挨拶だけして帰れるようにドアノブをもち重臣は後ろで帰れる姿勢をキープすると、あまりのそれが過ぎると失礼に感じると宮迫さん、ライセンス藤原さんもノンスタイル石田さんの挨拶について文句を言っていました。

藤本さんや千原せいじさん、品川庄司の品川さんは人見知りでないためガツガツ楽屋に入ってくると、せいじさんのエピソードとしてライセンス藤原さんがエレベーターで一緒になった時に夜中12時ぐらいにルミネ6Fから無印の店員さんが乗ってきた際に「なんやたな卸しか」と言ったとのこと。

ノンスタイルの石田さんも収録終わりにエレベーターで一緒になりたくないため、トイレに駆け込むと、バカリズムさんは帰りは非常階段を使ってエレベーターを追い抜くと、いったん挨拶をした人ともう一度あうパターンの場合は困ってしまうと

スタッフさんについては、グイグイボケてくる人は苦手だと藤原さん、若林さんもじゃない方芸人が放送された後にスタッフが名前を間違うボケをしてきた際にツッコミをいれずにそのまま挨拶をしてしまったと。

コミュニケーション上手なスタッフは持ってくる企画がつまらないということを有吉さん、打ち合わせの際も人見知りのため企画を受け入れるしかないと、アダ名をつけてくれといわれる場合は苦笑いで誤魔化すと

番組の打ち上げでは、バカリズムさんはマネージャーに架空の仕事を入れてもらって欠席すると、単独ライブのVTRロケという手法も使えると、若林さんも喋る人がいない席に座った場合も、1時間ぐらい喋らなかったため口が開かなかったこともあったと

有吉さんは竜平会については問題ないが、打ち上げの場合は鮭の力を借りないとだめなため、酒を飲んで中枢神経を馬鹿にしなくてはいけないと

バカリズムさんはタクシーの中で若林さんと笑い飯の哲夫さんに話しかけられていたが、若林さんがずーっと夜景を見て黙っていた時は困ったと

U字工事益子さんは飲み会の席でつまみを取ることもできないため、帰り道1人で叫んで発散することもあるそうです。

ロケバスで移動する仕事の場合は、若林さんはトイレに行きたくなっても「トイレ」と言えないと、その時相方の春日さんが「トイレ」と言ってくれたとき初めてコンビを組んでいて良かったと思ったと、板倉さんは「トイレ」といえないためペットボトルにしたこともあったそうです。石田さんは新幹線移動でシートを倒すことも出来ないと、シートを倒すことをいえない為後ろの席がトイレに行ったタイミングで倒すと、新幹線内にタレントがいた場合は、有吉さんは顔をコスリながら歩いて隠すとのこと。

プライベートでは若林さんは病院などで初対面のお医者さんに症状を上手くいえないと、決め付けてくる医者などは苦手だと。

有吉さんは不動産屋にうまく希望が伝えられないと

益子さんは床屋が苦手なため、会話が持たないため8年間相方にやってもらったと。若林さんも後ろの髪の確認時には文句が言えないと、藤原さんはタオルがずれたら下で、タオルがズレないように吸っていると

合コンについては、板倉さんはイェーイのノリが苦手、宮迫さんも乾杯をしないとのことで理由は遠い位置の人とのタイミングが分からないためと

女性と遊ぶ時は、回数を重ねないとダメだと。バカリズムさんは後輩などが女の子を呼んでくれても初対面の人に会うというストレスが自分の欲望より上回った場合に初めて会うと。有吉さんは風俗の際にもドMなのにコミュニケーションが取りたくないためにドSのフリをして行くと、だがドMのプレイを要求すると

ノンスタイル石田さんも初めてデリヘルを呼んだ際に、家に来てチャイムがなったらどうしていいか分からないため居留守をしたと、有吉さんもコミュニケーションが嫌なため外国人ばかりを呼んでいた時に大家さんに「有吉さんてホント英会話に熱心ね」と言われたと

バカリズムさんは家から出ないので面白い出来事がないとのことで、一度勇気を出して渋谷を歩き回ったが夕方まで何も起こらず、唯一起こったのが靴擦れだったと。

洋服やで試着が出来ないことについても、有吉さんは大きめの服を選んでしまうことが多く無茶な洗濯で縮めていくと

益子さんは東京に出て来た時に人に馴染めなくバイトに熱中していたら周りのバイトから「ニヒルな彼」と呼ばれることになったと。フット岩尾さんも皿洗いのバイトを熱心にやっていたら、あまりの暗さにバイトをクビにされたと。それからはトラウマになり明るいスタッフがお待ちしていますなどの広告を見ると無理無理と思ってしまうと。オープニングスタッフ大量募集というバイトにも落ちたと

ここでどれだけ人見知りかを確かめるために若林さんにドッキリを敢行した映像が披露されましたが、内容は初対面のカメラマンと2ショットになった際にどうなるかという実験

若林さんとMRガサツの千原せいじさんの2人を比べることに、まずはガサツなせいじさんは子供の話や髪型の話題などガツガツ話をしていました。

若林さんの場合は最初から緊張した感じで背筋もピーンとしていました、スタッフが電話で席から外れるとカメラマンと視線を合わないようにしたりしていましたが、3分たっても会話なし、カメラマンさんから話しかけられるも相槌1つで終了、最終的には伝家の宝刀缶のラベル読みを実施していました。そんな感じで終了と

続いてはアンタッチャブルの人見知り克服講座です。

テンション高く登場したアンタの2人ですが、出だしから絶好調のザキヤマさん。元気がない面子を見て適当な感じ全開でした。

克服講座では1つ目はホメホメテンション!!、ただ単に相手を褒めておくという手法と、基本としてあったら「やせました?」で大丈夫と体型を気にしない人はいないからという理由、その後は続いて「なるほどね」ハイハイハイと、自分が喋るのではなく相手に喋らせると、後はそれをただ聞いとくだけそれだけの話と

人見知りの人は嫌われたくないという想いがあるが、実際は嫌われているんだよと、ザキヤマ先生も嫌われていると。嫌われていないと思うのではなく、頑張らない嫌われるので話しかけないとダメだと。

柴田先生の講義では人見知りって言う言葉に人見知りしていると。初対面の人に話す時はお互い緊張してしまうと、ということで今回はご無沙汰理論を、初対面の人にも初めから昔3~4回仕事をしていたような雰囲気で喋ると上手くいくとのこと。

講義の後は実践ということでご無沙汰理論を試すことに、相手はカメラマンさんです。

実践するのはリーダーの若林さん、だが案の定失敗、ご無沙汰という言葉も使ってしまいました。柴田先生のお手本は流石でした。ザキヤマ先生に関してはホメホメテンション、ご無沙汰理論、ホメホメモンゴルの3つを使う荒技を

最終的にはカメラマンさんのカメラを借りて写真まで撮る始末、そして自分が撮られる時はモンゴルテンションまで実施とさすがザキヤマ先生というところを見せてくれました。

実演の後にザキヤマ先生が腹から声を出したほうがいいと「ウォウォウォウォ」「イェイイェイイェイ」「サバイバルダンス」と何故かTRFの歌になっていました。最終的には「モンゴルモンゴル」「ダイスキダイスキ」「チンギスハーン」と

最後は人見知り芸人に感想を聞くも、アンタッチャブルは究極過ぎると、そして最後のみに行くのか?と聞くと全員静かになってしまいました。

という感じで終った今回ですが、人見知りというのは克服できそうで出来ない難しいものです。僕も人見知りのようで一度ネタを振られたら異常なほど喋ってしまう悪い癖があるためなるべく大人しくしております。

さすがにアンタッチャブルの2人のようにはいけませんからね。それにしても今回のこの企画はなかなかいい企画だったと思います。人見知りで悩んでいる人って多いはずですからね。これを気に人見知りから脱却出来ればと思ったが難しいですよね。

ということで人見知り芸人非常に面白かったです。

終わり!

|

« 長澤まさみが5LDKにやって来た! | トップページ | 10年ぶりにMステに出演した森高千里を観る! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/46806718

この記事へのトラックバック一覧です: 人見知り芸人を見るbyアメトーク:

« 長澤まさみが5LDKにやって来た! | トップページ | 10年ぶりにMステに出演した森高千里を観る! »