« 長澤まさみが『ぷっ』すまにやって来た! | トップページ | NHKの朝の連ドラ「8時スタート」に変更検討について考える! »

長谷川京子のドラマ復帰について考える!

さて1年ぶりに活動を再開した長谷川京子さんhttp://www.lespros.co.jp/artists/kyoko_hasegawa/index.html#/infoがドラマに復帰するということで、そのことについて

3_2今回出演するドラマは「エンゼルバンク 転職代理人」です。この作品は今現在週刊モーニングでも連載中で僕も毎週楽しみにしている非常に面白い作品です。

この作品はTBSで放送された「ドラゴン桜」で英語教師をしていた井野真々子(長谷川さん)が転職エージェントとして活躍していく話です。

ものすごくかいつまんだ感じの説明になりましたが、エンゼルバンクにはドラゴン桜の主人公である桜木健二も最近出演していましたしなにかしらドラゴン桜に出演していた人間が出てきてもおかしくありません。

だが今回一番面白いのは「ドラゴン桜」を放送したのはTBSで、今度の「エンゼルバンク」はテレビ朝日と本来であればTBSで放送したほうが良かったのではと思うのですが何があったんでしょうか?と

まあテレビ朝日には頑張ってもらいたい、ここ最近テレ朝のドラマの視聴率は芳しくはないのでね。

さて話を戻しまして

今回の役を演じるにあたり長谷川さんは、「彼女がプロの転職アドバイザーという立場ではなく、本人も一緒に勉強していく役柄なので、全く同じ立ち位置でいたいと思います」と話し、ドラマ全体については「やはり見ていただく、30代とか転職を考えている方々に共感してもらいたいので。そういった年齢の女性って見る目も厳しいと思うので、がんばります」とコメント

自身の“転職”について「全く違うことをしようと思ったことはないですが、やはり自分も20代後半にほかの女性たちと同様に、理由なくもやもやしてしまう時期というか、何かを変えなければいけないとじらされる時期がありましたので、そういう意味では同じ時期を経験している。漠然とこのままでいいのかなとか、同じ女優という仕事でもどこに向かうのがいいのかとか……」と悩みがあったことを打ち明け、「10年後も(女優を)やれていたらいいなと思います。年相応の経験を重ねて40代のきちんとした人間が出せるような女優さんでやれていたらいいなと思います。本当に一つ一つこなしていけたら」と

いやー非常に楽しみです。このマンガ僕は好きなので

共演者にはカリスマ転職代理人の海老沢康生を生瀬勝久さんが演じ、ウエンツ瑛士さん演じる田口僚太とコンビ組むということらしい。今のところはこのぐらいしか判明していない感じです。

海老沢さんの役を生瀬さんと考えるだけで見た目はソックリな感じです。後はどれだけ原作のように何を考えているのか分からない雰囲気を出してくれるのかというところです。ホント雲のような人ですから原作を読んでいる限りでは、なにせ「日本支配計画」を考えているくらいですから

それにしても復帰してすぐにドラマの主役とは流石!長谷川京子という感じです。母親になってから初演技ということを考えると非常に見ごたえがありそうです。

ドラマで注目される職業って多いですから長谷川さんが転職エージェントを演じることで転職の難しさなど勉強できると思います。

ということで長谷川京子の復帰作は10年1月放送の「エンゼルバンク 転職代理人」楽しみです。

終わり!

|

« 長澤まさみが『ぷっ』すまにやって来た! | トップページ | NHKの朝の連ドラ「8時スタート」に変更検討について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/46796996

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川京子のドラマ復帰について考える!:

« 長澤まさみが『ぷっ』すまにやって来た! | トップページ | NHKの朝の連ドラ「8時スタート」に変更検討について考える! »