« やっぱり上戸彩芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 第6回好きなアナウンサーランキング発表! »

HIROの素顔に迫るbyA-Studio

さて本日は、先日発売されたアルバムの出荷枚数が100万枚と今日本でトップのグループとなったEXILEのリーダーであるHIROさんです。

今回はEXILEとしてのHIROさんと社長としてのHIROさんの素顔を見ることが出来ました。

さて最初のトーク内容ですが

まず今年の夏に鶴瓶師匠がコンサートを観に行った写真から、初めて見たとのことだがスゴイ良かったと、メンバー増員の構想は08年の夏に考えていたとのことで、今絶頂期のタイミングで増やして若い世代にもEXILEをつながっていくグループにしたかったと。

一度ZOOで売れて(当時は最年少メンバー)から不遇の時代を経験しているHIROさんについての話ではZOOが解散してからEXILEになる期間

ZOOの時は20歳ぐらいでテレビに出てパッと売れた感じだったため勘違いしていたと、そんなZOOの解散後の全く売れない不遇の時代に通った中目黒「大樽」という居酒屋の話に

そこには事務所の副社長と専務の森兄弟が、28~33歳の不遇の時代でHIROさんはその時はエイベックスでダンスの先生や「J Soul Brothers」を作り始めた時に知り合ったそうで、ずーっと彼らに助けられて今の自分がいると

そこではEXILE定番のレモンサワーで乾杯する写真が披露されましたが、EXILE全員レモンサワーを飲むとのことで、打ち上げでスタッフ含め2500杯飲んだと。そんな打ち上げでも率先してHIROさんは盛り上げるそうで、元気がない人がいるとほおって置けないとのことだが、一番最後は寝てしまうと

不遇時代にも森兄弟と250日近く飲みに行っていたそうだが、その時もクサることなく活動していたそうで、一時森兄弟が飲んだ後にお金を出そうとした時に、自分より年下に支払わせることは絶対しなかったと。いくらお金を持っていなくても借金しても支払っていたと。

そんな森兄弟も独身で婚活中というこから結婚についての話になると、HIROさんの周りは独身だらけということで、HIROさんはタイミングを逃したと言っていたが、HIROさんが結婚しないとEXILEメンバーは結婚できないと。

そんなHIROさんの周りにはいつも男だけが集まって来るそうで気がついたらメンバー全員集まっていると。普通に飲んでいるだけでも初め2~3人が20~30人になっていることもあると。

そんな人が集まってくるHIROさんの魅力は言葉にできない・・・実際にあって感じてもらわないとわからないと森兄弟

不遇の時代を経て今の状況はHIROさんとしては、まだいろんなことが出来るスタートラインに立ったばかりなので色々やって行きたいと。

続いては旧知の親友RIKACOさんを取材、HIROさんがZOOに所属するキッカケになったオーディション番組からの付き合いとのことで、RIKACOさんも現在HIROさん達の事務所に所属していると

RIKACOさんがプロデュースしているオーガニックDELIにてHIROさんはじめメンバーが食べているお弁当を師匠が試食したり、アロマセラピーショップ&サロンにもまわりアロマ・トリートメントを体験した写真が披露されました。

さて続いては「EXH」に鶴瓶師匠が出演した時の話では、HIROさんが前に出ないということに対して聞くと、コンサートやアルバムなどを作る際の戦略などを考えるのは楽しいが、テレビはあまり向いていないと今回の収録も緊張していると

だが新曲「ふたつの唇」のPVについては、EXILEポリス扮するメンバーが拳銃でのドンパチなど豪快なものになっていて小さい頃から男の子は憧れることが出来て、メンバー全員喜んでいたとのこと。

そんなプロモーションビデオの構想を考える際も、自分達のイメージを監督に伝えやり取りし形にしていくと、自分達の意見が反映されるため毎日集中して考えていると、「自分達のファンではない人にも楽しんでもらえるステージをつくりこと」がテーマだからと

続いてはZOOのスタイリストを担当していた野口強さんに取材をした話が、そんな野口さんと大阪ライブの打ち上げで飲んだそうで、その時HIROさんはドームツアーの最終日のためお酒をお酒飲みすぎて気絶したと。そんなHIROさんはここ最近酔うと「人間ドックに行きましょうよ」とすぐ言うと。

そんな尊敬する兄貴分も独身だと。クリスマスには必ず焼き鳥屋さんで会うそうです。HIROさんもクリスマスにはメンバーのAKIRAさんと会うみたいで、仕事かAKIRAさんだと。そんな野口さんもいつまでも尊敬すると、そんな野口さんにHIROさんは仕事を頼む際にイイモノしか頼めないという思いがあるが、野口さんは「HIROがどんなもの言っても絶対に何でもやるから」と

自分の売れない頃からの知り合いで、その当時も頼みたいと思っていたが自分がシッカリしてきた状態でないと頼むことが出来ないという想いがあったと。自分は周りの人たちに助けられて自分があるし、色んな人の出会いで自分があると

人のせいにしていた時の自分が嫌で、自分が人を納得させることが出来ないから意見が通らないのに、周りのせいにしたりすることが恥ずかしかったり、そういうことがZOOを辞めてから感じだことだとも

EXILEのメンバーもHIROさんに習って「ちゃんとしている」と、HIROさんもいい子達と、20代前半はヤンチャな所もあるメンバーだが、EXILEというグループはそういう場所ではなく、仲間の夢を実現させてあげようという思いの元活動していると

それを実現させてくれた人の1人がエイベックスの社長の松浦さんだそうで、高校生のHIROさんが通いつめていたディスコの店長が松浦さんでその時から可愛がってもらい始めたと。松浦さんには本当に助けられたと。その時の恩は絶対返さなくてはいけないと自分の中も目標としていると、今は喜んでもらっていて嬉しいと。

そういう時代を振り返りHIROさんはネガティブにならなくて良かったと「いつかやってやる」とポジティブな思考を持っていてよかったと。そして鶴瓶師匠は今回の取材で「夢を持つことの大切さ」を改めて認識したと

鶴瓶師匠もダンス・スクールEXPGにもキッズダンサー達にも会いに行ったそうだが、ものすごくダンスも上手く挨拶などもシッカリしていると、HIROさんも彼らはEXILEと踊りたいや夢をもっているためキッチリしているだろうと。

このダンススクールも最初は宮崎に開校したそうでその後に東京と、何故宮崎?ということには信頼できる講師のダンサーがいたからで開校できたと。今は全国に7校、HIROさん達もキッズダンサーに会うときは、小さい時の自分の「初めて芸能人に会った時など」の気持ちを忘れさせず、色々な可能性が伸びるように接するようにしていると

そしてRIKACOさんがEXILEメンバーがゴシップ写真を撮られない?ということに対してシッカリしているメンバーだと、子供達の憧れ続ける存在でいるために、社会の自分達の信念や思いを若い世代に伝えられるように色々な活動をして行きたいと

最後は鶴瓶師匠恒例の1人しゃべりですが

スゴイとアレだけの信念を持っているのはスゴイと、ZOOの時は自分を大事にしていなかったためもう一度30歳のときに再起を誓って、MATSU・USA・MAKIDAIさんと出会い松浦さんに頼みに行きエイベックスに所属、その時もすぐヒットはせず当時のボーカルが脱退したそうで、それが転機になりATSUSHIとSHUNが入りドラマの主題歌に選ばれ、主題歌が4位になったと

その時に初めてEXILEという名前でテレビ出演した時のテレビ局に入る瞬間に雲の上から糸が垂れてくるのが見えたと、この糸を絶対上って行ってやろうと思ったと再起を信じた人間はこの糸が見えると。

自分の夢も実現させるが人の夢も実現させていこうとすると、出会いは感動、出会いは室全、その人を大事にすると新たな出会いがあると、EXILEはいったい何処まで行くのかと

という感じで終った今回、めちゃイケのオファーシリーズを思い出しました。今回のHIROさんが話していた信念どおりでしたからね、特別にEXILEファンというわけでもないですがやっぱりあの放送は今見ても最高です。

一度どん底を体験した人間は這い上がるかそのままかだと思いますが、見事這い上がり日本のトップに立った人の考え方はやはり重みがあります。そして出会いの大切さを改めて実感できる放送でした。

たしかに北海道に残っていたら今の自分はないと思いますから、東京に出てきて色々な人に出会って今の自分があることを

それにしても今回の放送は色々勉強になりましたね。ネガティブ精神は捨てなさいと常にポジティブでいろと

ということでHIROさんはヤッパリスゴイ人です。

終わり!

|

« やっぱり上戸彩芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 第6回好きなアナウンサーランキング発表! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/46936118

この記事へのトラックバック一覧です: HIROの素顔に迫るbyA-Studio:

« やっぱり上戸彩芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 第6回好きなアナウンサーランキング発表! »