« 爆笑大日本アカン警察を観る! | トップページ | さんま・福澤のホンマでっかNEWSスペシャルを観て驚いた!09年 »

ガリレオ劇場版「容疑者Xの献身」を観る!

いやー面白かったですね。年末はいい男を見るべきでね。

今回は久々に映画についてです。タイトルは「容疑者Xの献身」去年公開するときは観に行くのを忘れるという失態を犯してしまったこの映画が放送されると知った時は興奮したものです。

それにしても福山雅治さん演じる湯川学VS堤真一さん演じる石神哲哉の頭脳戦は凄かったですね。

だが堤さん演じる石神の行動は謎が多いです。なぜ殺人を犯した人間を助けるような行動を取ったのか?自身の論理的思考に自信があったのかそれとも松雪泰子さん演じる花岡靖子さんへの好意から来るものなのか

まあ誰が見ても後者だろうと感じたはずですが、ですが男としてはアレだけの美人であれば理由はどうあれ助けたいものです。

そんな美人が今回一番のポイントになっていて、あの湯川先生が「美人」に非常に喰いつくという点が面白かったです。男前も美人に弱いというものを実証した非常にいい場面でした。だがそれもわかります。松雪泰子さんを今年は東京国際映画祭にて生で見ることができましたが綺麗というレベルでなく、どう表現していいのかわからないほどオーラが凄いんですよ。綺麗という言葉の上のレベルがあればまさにソレという感じです。

話を戻しまして湯川と石神がマンションの部屋で話している数学の公式やら理論やら何を言っているのかサッパリ、だが数式に対してアレだけ集中できるというのも数学者ならではかもしれません。まあ福山さんの寝姿は非常にカッコよかったものです。

そういえば僕は映画が公開される前は湯川VS石神の構図はまったく知らない人間同士と思っていたのですが、今回観ることでまさか大学時代の知り合いというよりは友人だとは思いませんでした。なかなか面白い図式を作るものだなーと

それと湯川先生が石神という男を説明する時の「あいつにとっては殺人の方が優しい」というセリフもなかなか驚異的でしたが、その通りの展開になり2人で雪山に上った時の「もう2度と登れないかもしれない」という言葉に真実が隠されていたとは

たしかに観ていて違和感を感じていたのは確かです。何故あそこまで見事なアリバイがあるのか?という点は殺人を犯した日にはまず作ることが出来るアリバイではないですし

それと観ていてもう1つ何故?というポイントとして

石神の通勤路のホームレスの住処で誰も居ないベンチが映し出された時にも違和感が、そういえばたしかあの椅子には最初だれかが座っていたはず?という思いをしながら見ていくと、まさかそのシーンこそが、1つの家族を守るための石神がとったもう1つの殺人をほのめかすシーンだとは思いませんでした。

そして石神が言ったとおりにこの事件を解決したところで誰も幸せになれない。という言葉どおりになってしまったのも

という感じで終った「容疑者Xの献身」ですが、ここ最近見た日本映画の中では最高の作品だと感じました。そしてやっと分かりましたこの映画のタイトルに「献身」という言葉が使われているのかも

とにかく非常に素晴らしい作品でした。またガリレオ劇場版として作品を作って欲しいものです。

終わり!

|

« 爆笑大日本アカン警察を観る! | トップページ | さんま・福澤のホンマでっかNEWSスペシャルを観て驚いた!09年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/47147900

この記事へのトラックバック一覧です: ガリレオ劇場版「容疑者Xの献身」を観る!:

« 爆笑大日本アカン警察を観る! | トップページ | さんま・福澤のホンマでっかNEWSスペシャルを観て驚いた!09年 »