« 堺雅人の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | ロンドンブーツがビストロスマップにやって来た! »

生田斗真の素顔に迫るby情熱大陸

さて今回は久々に情熱大陸です。

ゲストにはジャニーズの生田斗真くん。ジャニーズだから取り上げるというよりはジャニーズなのに何故?という感じの人のためかなり気になっていたことから見てみようかなと

それはジュニア時代から大変人気で歌手デビューやバラエティで活躍すると思ってきたら、ジャニーズには珍しくバラエティや歌手ではなくあくまで役者として活動をしてきたからです。

実際僕自身は生田斗真くんを98年テレビ朝日放送の「20時だJ」の頃から見てきたので、かれこれ10年近く観てきた彼の素顔を今回見ることができました。

今年は3本映画が公開され、そのうち主演映画が2本ありますからね。斗真くん凄いものです。

密着初日は美容室に通う斗真くんの姿が、当日も電車で移動で別に気付かれることもないと、そして何故電車には?タクシーは高いと。それに現金主義との事でカーとは使用しないみたいです。

そんな斗真くんですが山下智久くんはマジメ、気合が違う、尊敬していると。小さい頃からドラマやバラエティ、歌などをこなしてきたが死ぬほど楽しかったのが芝居だったと。

そして3年前の「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」からハチミツとクローバー、ヴォイスなどに出演、坂井真紀さんはイケメン昭和の匂いのする俳優と、そんな斗真くんに09年に映画の話が

かわきりは太宰治さんの「人間失格」、人間失格は自らの人生を重ねた自叙伝的作品、7月の京都太秦撮影所では監督の荒戸源次郎さん、監督からの要求は「美しく撮りたい」と何度も言われたと。「美しくいてくれ」と

セリフも感情の起伏も少なく存在感のみが問われる役どころ、そんな役作りに斗真くんはメモ帳に年表や太宰治さんのことなどビッチリ書き記していました。そして「怖いけど楽しみと」

撮影が進むに連れて体型も変わり痩せてきて役柄に入り込んでいました。密着シーンは主人公が麻薬にて療養所に入るシーンで自身を笑うところ、台本には「微笑み」の3文字のみ、関係者からは自分の気分でやってみようと、そして撮影スタート。リハも終え本番ではリハとは違う演技が、そしてOKと

京都で過した2ヶ月間、ホテルと現場の往復のみで繁華街に出ることもなく、観光地的なところお寺めぐりなどはしていないと、だが台本を読んでいる時間が楽しいと台本を読み出していました。

事実映画の撮影は最も美しく撮らないといけないシーンが近づいているとの事で、監督から指示そして8月11日「喀血シーン」の本番へ、百戦錬磨のスタッフが見守る中の本番は仰向けに倒れて笑うという方法にて監督からは「美しかった」と「生田斗真恐るべし」と

何故仰向けか理由を聞くと「何となく空が見たくなった」「やっと死ねるみたいな」と

9月東京調布の日活撮影所にて疲れがたまってる感じでもないですねとスタッフが聞くと、いつまでもつか・・・と

現場では麻生久美子さんとの撮影シーンが、そこで麻生さんと台本に何か書く?などの話や、スタッフに選挙に行った?などの話を

そして斗真くんの憧れSMAPの話が「SMAPになりたい」と

84年北海道室蘭市生まれ、11歳の時にジャニーズに所属、SMAPに憧れた少年が17歳の時舞台「スサノオ」に出演、そこでであった人たちに影響を受けたと。その時から現場が過酷でも仕事を楽しむことを忘れないようにと。ちょっとした事でハァ・・・となっている若い男子にはしゃきっとしろと言いたいと。

そんなある夜のニッポン放送にて仲間に会うことに、それは俳優小栗旬くん互いの実家を行き来する間柄だそうで、そこには今までの経験を語る斗真くんと小栗旬くんの姿が

10月北海道釧路では映画「ハナミズキ」http://hanamizuki-movie.com/の撮影シーンが、共演の新垣結衣ちゃんとの撮影シーン、数百人の見物人が周りを囲む中撮影に集中する斗真くん、人気の溺れたくないすぐ足元をすくわれるからと。

今回の映画では漁師の役を演じるため船に定置網漁の撮影シーンが、撮影のため地元漁師に話を聞いたり、昆布を干す実習をしたりと。そこには華やかなスターではなく俳優生田斗真が

11月10日映画での重要シーン撮影のため撮影所に、父親を海で失いあとを継ぐことを決意し恋人に別れを告げ、自身の人生を決めるシーン

テストでは涙を流さなかったシーンも、本番では恋人に別れを告げる悲しさが伝わってくるほどの涙がそして撮影終了。

役者としての技術なのか?とスタッフが尋ねると技術でないと今まで撮ったシーンを思い浮かべながら撮影したと。

そして「人間失格」初号試写が終わり、監督の元に駆けつけると監督からは「お前の映画だよ間違いなく」と。そして「またやろうぜ何年後か」とも

最後に生田斗真の志を聞くと「天才的な芝居が出来る人が物凄い羨ましいけど、自分はそうじゃない色んなことをそいでそいで集中するしかない。パーフェクト目指したいんですけどね。パーフェクトアクターなりたいんですけどね。いるのかないるんだろうなー」と

という感じで終った今回ですが情熱大陸を見てよかったです。生田斗真という役者のこれからが非常に楽しみの思うことが出来ました。

ジュニア時代の同期には嵐の二宮くんや松本くん、NEWSの山下くんなどがいて彼らは歌手デビューなどを果たしているなかほぼ役者1本で舞台で腕を磨いてきた斗真くん

その選択が間違い出ないことが今年わかる感じです。今回の番組を見たため今年公開される3本の映画「人間失格」「シーサイドモーテル」「ハナミズキ」が非常に楽しみです。もともと「ハナミズキ」に関してはガッキーが出演するから見たいなと思っていましたが、今回の番組にて生田斗真の演技も見たいなと

僕としては以外だったのが「SMAP」に憧れていたとは思いませんでした。SMAPについて語る時も「CDだしたいとかコンサートやりたいとかじゃなくてSMAPになりたい。なってみたい。だってみんな知ってるもん国民的スターでしょ、まだ全然自分のことでいっぱいいっぱいだけど後輩達が頑張れる一個の希望みたいになれればなど思うし・・・SMAPになりてえな・・・」と心のそこから思いを語るシーンが印象的でした。

コレを聞くとやっぱりSMAPってスゲーなとつくづく。

それにしても生田斗真これほどカッコいい役者になったか!と本当に思いましたね。ジャニーズとしては異色の道を歩んでいますが、今後のジャニーズはこうならなくてはいけないと新ためて十数年ジャニーズを見てきて思いました。

「アイドル」という肩書きではなく「役者」と呼ばれるようにならないといけないのかなと。

ということで今年公開される3本の映画非常に楽しみです。そして役者生田斗真の今後の活躍に期待です。

終わり!

|

« 堺雅人の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | ロンドンブーツがビストロスマップにやって来た! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/47444621

この記事へのトラックバック一覧です: 生田斗真の素顔に迫るby情熱大陸:

« 堺雅人の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | ロンドンブーツがビストロスマップにやって来た! »