« AKB48が出演している「マジすか学園」を観てみた! | トップページ | 美人すぎる議員藤川優里を観るbyさんまのまんま »

芸人紅白歌ヘタ合戦を観るbyめちゃめちゃイケてる

さて今回は芸人紅白歌ヘタ合戦についてです。

とにかく芸人というのは面白いものでプロ級の歌唱力を持っている人もいれば、今回出場した人みたいに以下にもお笑いらしい歌唱力の方もいるという不思議なジャンル

その中でも最高峰の音痴が今回は集まりました。出場者は

白組:オードリー若林、パペッとマペット、博多大吉、スピードワゴン小沢、ずん飯尾

紅組:光浦靖子、山口もえ、松野明美、シャンプーハットてつじ、磯野貴理の面々、そもそも芸人じゃない人間がいるのが疑問なのだがまあそこはヨシとします。

では観ていきましょう。

出場者は浮かない顔をしている模様ですが、岡村さんは厳しいオーディションに合格して集まっていると、そこに対して若林さんがこの出演前にカラオケボックスにてスタッフに囲まれ何時間も歌わされたと、歌っている最中には「シンプルにヘタ」などメモっていたと、大吉さんは70曲歌わされたとのこと。シャンプーハットてつじさんは初めてのメチャいけに小出水さんは人生のピークだと。

色々ある中地味代表のナイナイと同期のずんの飯尾さんの姿も、今回の審査員に関しては置いておきます。

今回の優勝者には豪華賞品が用意されているそうで、優勝したチーム1人ずつ20万円払ってもらうということに、出場者激怒した後に初戦がスタートです。

初戦は山口もえVSオードリー若林、両者ともに相手の方がヘタと、だがここで杉崎さんが「自分の歌を聴いてどうでした?」と悪意のある質問も

さて山口さんは今回の歌は出だしが決まれば問題なし、若林さんも最初のワンセットが掴めば大丈夫とのこと。

山口さんはWhiteberryの「夏祭り」を、見事出だしを外しグダグダにリズムに乗っているつもりだが歌い方に抑揚もなく、ふだんもえちゃんが喋っている感じでした。

若林さんはKAT-TUNの「Real Face」を、若林さんも見事出だしを外しグダグダに、若林さんが歌っている最中に踊っていたプロのダンサーさんが気の毒でした。歌い終えた後に若林さんは「音符が早く来た」と意味不明なことも

misonoさんの「メッチャへただった」という言葉は非常に印象的、米良さんもダメージがありすぎてただただ「ショック」と。世界的カウンターテナーの米良さんにダメージを与えてはいけませんよ

結果は若林さんの勝利です。

2回戦は磯野貴理VSパペットマペットです。まず貴理さんの離婚の話題からスタート、離婚経験者のスピードワゴン井戸田さんは貴理さんがまだ離婚を引きずっていることを暴露

そんな貴理さんは絢香の「三日月」案の定出だしを外し立て直せず、感情を込めすぎているためヒドイ出来上がりに、絢香さんに謝って欲しいです本当に

パペットマペットはキャロルの「ファンキー・モンキー・ベイビー」を、素顔は相当男前という噂のパペットマペットですが歌った声は僕の中ではお笑い芸人の矢部太郎さんみたいな甲高い声でした。歌い終わった後には設定のうしくん・かえるくんを忘れて喋っていました。

結果は磯野貴理さんの勝利です。

3回戦は松野明美VS博多大吉です。今回の本命とも言える戦いが、松野さんは相変わらずの落ち着きのなさで観てみてイライラ、大吉さんは相方の華丸さんに川平慈英さんに「頑張れ大吉JAPAN」と。

松野明美さんはglobeの「DEPARTURES」まったく何故こんな難しい歌を選ぶのかピアノの生演奏もあるなかで、歌った瞬間シャンプーハットこいちゃんが驚きの表情を、どんな歌だか一瞬で忘れることが出来ました。

だが米良さんは声の素材はいいが根本として落ち着いてと。優しいアドバイスを

大吉さんはポルノグラフィティの「アポロ」です。男性でも歌のキーが高いポルノの曲を選ぶとはおこがましい過ぎます。最初の出だしですでにキー限界を迎えている感じで、これぞ熱唱という感じでした。大吉さんは歌い終わった後右手の痺れが止まらない状態に

結果は松野明美さんの勝利です。

4回戦はシャンプーハットVSスピードワゴンです。てつじさんは自分は歌はヘタでないと、だが対戦相手はチャンピオン小沢さん、自己分析として今までは好きな曲を歌ったため声が出ない・マイクがハウリングするなどがあったが、今回は背伸びをしないで歌える歌を歌うとのこと。では見ていきますが

てつじさんは大塚愛の「さくらんぼ」愛ちゃんがものすごく可愛く歌うこの歌がどれだけ汚くなるか見ておりましたが、凄かったですね。バックダンサーの女性陣が本当に気の毒で気の毒で、そんな中バックダンサーに変装をしたコイちゃんが登場、案の定得意の下ネタ的な雰囲気を出し失敗。

だが2人の失態にナイナイは東京追放宣言を、そしててつじさんの歌は触れられず

小沢さんはつのだ☆ひろの「メリージェーン」を、まさかの選曲に驚いてしまいましたが、流石のカスレ声、それに本人登場にはかなりビックリした模様。本人を横に歌う姿は男でしたね。

だがこの歌とつのださんを雑に扱った小沢さんに野口五郎さんが説教を

結果はシャンプーハットてつじさんの勝利です。

さて続いては最終戦のまえに奇跡のコラボが実現、山口もえ、オードリー若林、スピードワゴン小沢の3人で絢香×コブクロの「WINDINGROAD」を

とりあえず絢香さんとコブクロには謝って欲しい。

最終戦は光浦靖子VSずん飯尾です。光浦さんは練習し「アゴ歌唱法」を編み出し挑戦、飯尾さんはめちゃイケのオファーが来た時に相方に「めちゃイケは早いんじゃないか」と言われたにも関らず、まさかのトリになるとは思いもよらず私服で来てしまったと。では見ていきましょう。

光浦さんは美空ひばりの「川の流れのように」です。ひばりさんの名曲に挑戦するとは大胆というか怖いもの知らずというか、ひばりさんが生きていたら何と思ったことか、まさか衣装まで似せてくるとは、だが衣装の重さに「アゴ歌唱法」も通用せず。

飯尾さんはウルフルズの「ガッツだぜ!!」カラオケでも非常に盛り上がるこの曲も飯尾さんが歌うと凄い事に「ガッツだぜ!」が「ガッツだぜ?」という感じに、生演奏も台無しです。ただの音痴のオッサンでしたが飯尾さんの人柄が出ていたかなと。

まさかのトリで心配しておりましたがそれを吹き飛ばす歌唱力、スタジオは大爆笑しておりました。米良さんは歌というよりは絵本を読んでいただいているようなモノを感じたと

結果は飯尾さんの勝利、結果は紅組3:白組2という結果にて審査員票は紅組が勝利、そしてお客さんの審査を含めいよいよ結果発表です。

結果は白組優勝です。1人20万ずつお年玉用のお金を払うハメに

という感じで終った今回ですが、歌が上手い下手というのは人それぞれですからね。難しいものです。

とにかくまだまだお笑い芸人の中には音痴が隠れているはず、それを見つけ出すのがめちゃイケの使命でしょう。いつもの面子ではやはり飽きがきてしまいますからね。

もうこの企画の延長として誰か1人の音痴を直して欲しいです。音痴は本当に直るのか?という場面を見せて欲しい。直った人間を再度この企画に出演し判定しても面白いのでは

ということで芸人紅白歌ヘタ合戦終了です。

|

« AKB48が出演している「マジすか学園」を観てみた! | トップページ | 美人すぎる議員藤川優里を観るbyさんまのまんま »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/47245281

この記事へのトラックバック一覧です: 芸人紅白歌ヘタ合戦を観るbyめちゃめちゃイケてる:

« AKB48が出演している「マジすか学園」を観てみた! | トップページ | 美人すぎる議員藤川優里を観るbyさんまのまんま »