« 嵐のゴールドディスク大賞10冠について考える! | トップページ | 生田斗真とジュード・ロウの対決を観たby食わず嫌い王決定戦 »

鈴木サチが出演していたのでグータンヌーボを観てみた

178_location

久々にグータンヌーボを観たので今回はそのことについてhttp://www.ktv.co.jp/gn/top/index.html

まあ何で観たのかというとあまりテレビで見ることのないモデルさんが登場したからです。

今回の出演者は長谷川潤ちゃん、鈴木サチさんhttp://ameblo.jp/suzuki-sachi/、道端アンジェリカさんhttp://ameblo.jp/angelica1205/です。

Sachi

あまりテレビで見ることのないモデルとは何を隠そう鈴木サチさんです。CMではよく拝見するんですがバラエティ番組に出演している姿なんて観ることがあまりないので貴重かなと思ったんですよね単純に

そんな鈴木サチさんですが去年の9月に結婚しているなんてまったく知らなかったです。これはホントツイ最近「グータンヌーボ」にゲスト出演すると知った時に色々調べていて初めて知りました。

ここ最近モデルさんの結婚・恋愛の報道があり、高垣麗子さんや橋本優子さん、ヨンアさん、蛯原友里さんなど結婚、交際などの情報は見逃さず見て来たつもりでしたが、まさか結婚しているとは

それでは観ていきます。

まずはいつもどおり各個人で目的の場所に向かう風景が、東京都汐留、鈴木サチさんと潤ちゃんは仲が良くもと同じ雑誌のモデルとして活躍、アンジェリカさんは今年は彼氏を作りたいという意気込み、サチさんとは挨拶程度とのこと

最初に目的の場所に着いたのは鈴木サチさん、そのあとアンジェリカが登場、軽い挨拶を済ませた後にどこに座れば良いかの恒例の場面が

その後きちんとした挨拶を済ませた後にアンジェリカの髪の毛の長さについて話す2人アンジェリカの髪型が腰の辺りまであるため和式便所には入れないと、そして鈴木サチさん年齢を聞いて驚きハーフ系の容姿についてアンジェリカがハーフ?と聞くもまじりっけなしの日本人、自分はハーフだが英語がまったく話せないと、そんなサチさんに素敵っ子てんしょんとアンジェリカ語が

さてそんな話をしている2人の前に潤ちゃんが登場、サチさんとは大先輩で会うのは久しぶり、アンジェリカはカッコイイ好きと

そして潤ちゃんがそろい挨拶を済ませ今日は寒いと言いながら薄着の3人が揃っていよいよトークスタート

まずは鈴木サチさんの結婚について、旦那様はどんな人?と聞くと「世界一イイ男」とノロける始末。そして「神様みたいな人」だと、8歳年上でケンカなどもせず、自分が怒っていても「ハイハイ」となだめてくれる旦那様とのこと。

その後花粉症の話になると、3人とも目が大きいから花粉が入りやすそうと、だがアンジェリカは化粧で大きくしているからと、だがサチさんがブログでスッピンを披露しているアンジェリカはハッキリした顔をしていると話すと、アンジェリカは元々ギャルのため化粧がどんどん濃くなっていくと、スッピンか化粧のどちらかしかないから真ん中がないと

続いては長谷川潤ちゃんの話題では今彼氏がいて順調な潤ちゃんにアンジェリカが1年半彼氏がいないため羨ましがるしじまつ、最近はイイ感じになっても細かく見てしまうため恋愛に発展する前に関係が終わってしまうと、そして「彼氏が欲しい」と

そして3人の共通のメイクさんの話になると、ピーちゃんのアシスタントでいる女の子が私のイイ感じだった男の子の友達の彼女だと、だが同じ仲間だと気づかなかったがその人とはダメだったと。

その恋愛は毎年夏になるとイイ感じになるも、お互い冬服を見たことがなく「今年こそは冬服を見よう」って事になり冬遊んだりしてイイ感じになるも急に連絡が取れなくなり、1週間後連絡が着たと思ったら「お前彼氏できただろう」と連絡が入り?となって返信するも見当違いな答えが返ってくると、結局は友達だったのかな?という感じで謎っ子テンション入っているでしょと

1年半前に分かれた彼氏は相手は分かれるとき半泣きだったくせに、分かれて数ヵ月後に彼女を作って結婚したと。何なんだろうと

そんな中注文していたワインが届くとウェイターさんが潤ちゃんにこぼすという嘘っ子テンション状態に、だがサチさんはここのシーンは絶対使って欲しいと、スゴイ顔になっていそうということでスローVTRが、たしかにスゴイ顔になっていました。そして店員さん交代に

続いてはサチさんの話になると、いくつに結婚すると思った?という質問には「予定通り」29に結婚今は30歳今年の11月で31歳だと、11月生まれということでさそり座の女ということになると、道端姉妹の話になると姉2人は星座占いに詳しく、アンジェリカに彼氏が出来ると姉が電話をしてきて相手の星座を聞いてきて判断すると。アンジェリカには乙女座は会わないと

そんな中この間イイ感じだった人が乙女座だったが仲良くしていると、以前言われたとおりの状態になり乙女座の男性と付き合うことを辞めてしまったと。

占いも良く行くらしくアンジェリカは真剣に聴いて泣いてしまうことも、サチさんは話半分でしか聞かない、だがアンジェリカは表参道にスゴイ人がいると、道端姉妹に兄がいるということを公表していないにも関らず当てたり、テレビに初めて出る時に悩みなどを相談しに行くとテレビの仕事はした方がいいと言われたりと的確なアドバイスをするショキタ先生がいるとのこと。

続いては長谷川潤ちゃんがハワイから日本へ15歳の時にきた昔話を、潤ちゃんが初めて一人暮らしをした時にサチさんが潤ちゃんを仕事の前に迎えに行ったことがあったりしたと。そして潤ちゃんが忘れられない思い出があるとの事で、サチさんが旅行に行っている最中にハガキを送ってくれたと、だがサチさんは覚えていないが潤ちゃんは一生忘れられないとのことで、当時凄いセンシティブであり淋しいかった時だったため、いつか「ありがとう」と言おうと思っていたと。そんな思い出を話していると2人とも目がウルウルした感じに

帰還したアンジェリカを交えて今度は運動の話に、サチさんは1日10キロランニングをしたりママさんバレーにも参加、まだ子供がいないが結婚していたらはいれるということで40~60代の人に混じってやっていると。

話の後は麻布のLIMEへ移動、「パステル」のなめらかプリンが用意されテンションアップそこには「オタンジャディス」http://www.many.co.jp/jadis/salon.htmlの塩バターキャラメルクレープも

そしてデザートを食べながらアンジェリカの恋愛話に

一番長く付き合ったのは?の質問に潤ちゃんは4年、サチさんも4年だが、アンジェリカは2年と、若い時は勢いで付き合おうというも次の日はその人が誰か忘れている状態もあったと、元カレと会ったりもするそうで元カレはみんな友達でガンガン会うと。だがその時付き合っている彼は嫌がると、だがそういう間柄ではないと紹介もすると、だが彼氏が元カノと連絡を取るのはタブーだと。

サチさんは過去の恋愛に興味が無いため覚えていないらしく誕生日も覚えていないと、そんな3人の共通は浮気さはされたことは無いが、サチさんはスゴイ好きで大好きでキモチを伝えたが上手くいかなかったと、だがその人のことは誕生日など全て思い出が残っているとの事。その彼はから「おまえはオレじゃない方がいい」と言われ諦めたと、当時は夢中で楽しかったが一人で泣いたりもしたと。気持ちが伝わらないこともあったがいい思い出になっているとの事。

そしてロケ終了後の潤ちゃんがサチさんに久しぶりにあえて嬉しかったため抱きついていました。VTRが流れ今回終了です。

という感じで終った今回、ものスゴく新鮮な感じがしましたね、やっぱり滅多にバラエティに出演しない人のため話が面白かったですね。

モデルさんという職業は謎が多いようで知名度がないとただの綺麗な女性になってしまいますし、モデルでなくとも綺麗な女性が増えてきている昨今、そんな中でも女性の憧れ的である彼女達はスゴイなと

アンジェリカが恋愛を失敗する理由もなんとなく話を聞いていてそりゃそうだろうと、やっぱり男は彼女が元カレと仲良くしているのは喜ばしいことではないですからね。それにそうとうガツガツしているんだろうなという感じがしました。オネエちゃんたちを見習って欲しいです。

それにしても珍しくモデル3人という組み合わせだがホントスタイルが良くてビックリです。それに赤裸々に恋愛について話す彼女達はやっぱり普通の女性と変わらないんだなとつくづく

恋愛に関しては芸能人であろうがモデルであろうが一般人であろうがまったく正解が違うというわけではないですから千差万別色々な恋愛も洋画あり面白いものです。

ということで久々にみた「グータンヌーボ」面白かったです。

終わり!

|

« 嵐のゴールドディスク大賞10冠について考える! | トップページ | 生田斗真とジュード・ロウの対決を観たby食わず嫌い王決定戦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/47653892

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木サチが出演していたのでグータンヌーボを観てみた:

« 嵐のゴールドディスク大賞10冠について考える! | トップページ | 生田斗真とジュード・ロウの対決を観たby食わず嫌い王決定戦 »