« 木村拓哉主演ドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」について考える! | トップページ | 第9回持ち込み企画プレゼンSPを観るbyアメトーク »

2010年1~3月クールのドラマ視聴率と総評

さて今回は全てのドラマが最終回を迎えたので1~3月クールのドラマの総評をしたいと思います。

一応今回も視聴率を中心に見ていきたいと思います。

まずは1~3月クールの平均視聴率TOP1位は、ブランドを守ったということでしょう月9「コードブルーシーズン2」の16.63%

2位は菅野美穂さん主演ドラマ「曲げられない女」14.68%

3位は木曜22時昨年の10~3月までの6ヶ月間放送されたドラマ「不毛地帯」11.93%ということになりました。

まあTOP3に関しては妥当かなと1位の月9は木曜22時の時の人気作品を移動させただけですからね。2位は菅野美穂さんは本当にコンスタントに視聴率を取ります。どんな役柄でもこなせる女優としての実力です。

続いて毎クール言われているジャニーズ主演ドラマについてです。TOPはもちろん月9の山下くんですが、続いて視聴率を獲得したのが櫻井くんの「特上カバチ」、山田くんの「左目探偵EYE」そして亀梨くんの「ヤマトナデシコ七変化」という流れに

3つのドラマの平均視聴率ですが9.38%、8.32%、8.23%というあまり差のない感じに、面白いのが通常ドラマの最終回というのは視聴率が上がるんですが「特上カバチ」と「ヤマトナデシコ七変化」パッとせず、特にTBSの「特上カバチ」に関してはどうにかドラマを生で見てもらおうと視聴者と生電話や字幕スーパーなどを効果的に使う新たな手法を試みましたが全く機能せずと、そもそも「特上カバチ」の生電話最後の方が見てなかったのですが大抵女性視聴者ばかり当って意味がわからん男はダメですかという感じでした。

続いて毎クール注目しているテレビ朝日のドラマについてです。今回は長谷川京子さん復帰作「エンゼルバンク」とドラマ北村一輝さんがドラマ初主演だった「宿命1969-2010」ですが、テレビ朝日はそもそもドラマの視聴率が芳しくないのですが特にこの2つは酷かったです。

長谷川さんの復帰作は僕も原作を読んでいて非常に面白い作品なのですがドラマとしては成立しなかったというところでしょう平均視聴率6.13%、最高7.5%、最低4.7%

「宿命1069-2010」は長年脇役を務めたドラマには欠かせない存在の北村さんが満を持して主演を張ったドラマでしたが平均視聴率6.88%、最高8.4%、最低5.3%という結果に

「サラリーマン金太郎」は23時スタートという時間帯ながら平均視聴率9.38%、最高11.0%、最低8.3%という好結果を最初は永井大さんの金太郎のイメージはどうかと思いましたがパート2になり元々作品自体の面白さも相まってなかなかの記録を残した感じです。

そんなテレビ朝日は来クールからドラマ枠を1つ増やすという面白い編成になりますので一層注目していきたいと思います。まさかの日曜23時枠ですからね

さて最後は残りのドラマです「まっすぐな男」「泣かないと決めた日」「ブラッディ・マンデイシーズン2」「ハンチョウシリーズ2」の4つですが

「まっすぐな男は」佐藤隆太さん主演にて平均視聴率9.21%、最高10.7%、最低7.8%と平均10%行かないという結果に

「ブラッディマンデイシーズン2」は前作のキャストを引き継ぎ前作以上にスケールを見せてくれましたが結果は平均視聴率8.23%、最高9.5%、最低6.6%ということで、次回作の「タンブリング」も内容としては異色の男子新体操を取り上げる内容なので気になるところではあります。

最後に「泣かないと決めた日」ですが榮倉奈々さん初主演ドラマでしたがコレはヒットした作品ではないでしょうか!平均視聴率11.44%、最高14.9%、最低7.5%とその差7.4%の差が1話目は10%を越えましたが2話目に一気に7.5%とコレは視聴率の上昇は期待できないかなと思っていたら話数を進めるごとに視聴率も上がり最終回で15%に迫る勢いを見せてくれました、ここ最近のドラマで最終回に向けて右肩上がりのドラマ作品がなかったのでかなり異例な作品になりました。まあ内容も職場でのイジメというちょっとやりすぎた感はあるないようでしたがリアルに表現されていましたからね。

TBSの「ハンチョウシリーズ2」は平均視聴率11.21%、最高12.6%、最低8.1%と当たり障りのない数字だった印象です。この作品に関してはシリーズ3、4と製作されるかもしれません。

一応これで今クールのドラマの視聴率ですが平均視聴率15%越えは1作品、10%越えは5作品というここ最近では当たり前の感じですかね。まあ視聴者の生活スタイルの変化などに伴いテレビとの付き合い方も代わりっていますし、若者のテレビ離れが進んでいるという記事を最近なにかしらで読みましたからね。

まあ携帯ドラマで物凄いキャストのドラマもありますからね。

さて来クールのドラマですが月9には木村拓哉さんが帰ってきます。ここ最近平均視聴率20%を越える作品がない中20%越えが期待されています。

そして先にも書きましたがテレビ朝日日曜23時台のドラマの桐谷美玲ちゃん主演の「女帝 薫子」

日テレはまさかの実写化嵐の大野くん主演「怪物くん」ホント日テレ挑戦的です。TBSに関してはドラマを制作するというよりも海外から買い付けたイ・ビョンホン主演の韓流ドラマ「IRIS-アイリス-」を放送と予算がないのかTBS?と思わせるような編成になっています。

と各局色々面白い展開を用意してくれて非常に来クールのドラマも期待できます。

ということで4~6月クールも第1話の視聴率が出揃ったらまた視聴率について色々思うところを書きたいと思います。

終わり!

|

« 木村拓哉主演ドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」について考える! | トップページ | 第9回持ち込み企画プレゼンSPを観るbyアメトーク »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/47900108

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年1~3月クールのドラマ視聴率と総評:

« 木村拓哉主演ドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」について考える! | トップページ | 第9回持ち込み企画プレゼンSPを観るbyアメトーク »