« 小栗旬と長澤まさみが7年ぶり共演について考える! | トップページ | 渡部さんを囲む会を観るby笑撃ワンフレーズパート1 »

フジテレビ開局50周年ドラマ「わが家の歴史」の豪華キャストについて考える!

さて今回は09年の10月に製作発表がされたフジテレビ開局50周年ドラマ「わが家の歴史」の豪華キャストについてです。

そもそも3夜連続のレギュラー出演者http://wwwz.fujitv.co.jp/wagaya/castaff.htmlだけでも今をトキメク連ドラ主演、映画主演級の面々が揃って出演するのにそれ以上にスゴイ面々が登場するということらしいのです。

ドラマの舞台は昭和、その昭和に活躍したスターをまた豪華な面々が演じるということで見て行きたいと思います。

榎本健一:木梨憲武、村田英雄:中尾明慶、長谷川町子:和久井映見、吉田茂:角野卓造、手塚治虫:藤原竜也、高倉健:小栗旬、宮崎正志:岡田将生、柊修二:寺島進、糸川英夫:高島政伸、力道山:山口智充、笠置シヅ子:戸田恵子、白井義男:武田真治、仲代達矢:山田孝之、獅子丸寿一:中井貴一、古川ロッパ:伊東四朗、遠藤周作:八嶋智人、丸川明宏:ウエンツ瑛二、美空ひばり:相武紗季、升田幸三:内野聖陽、山下清:塚地武雅、永井荷風:石坂浩二、岸信介:小日向文世という面々

タダでさえキャストが豪華にも関らず、ワンポイントしか出てこないと思われる面々にも主演級や名脇役と呼ばれるような面々をキャスティングするとは

フジテレビ本気です!

だがこのキャストを見て僕が面白いと感じたのはフジテレビと言えばご存知ジャニーズとの関わりがキー局の中でも一番強いと言ってもいいぐらいのテレビ局なのですが今回実はジャニーズの中で出演しているのは嵐の松本くんだけ

コレは非常に面白いです。誰かしら関ると思っていましたから

それにしてもこの昭和のスター達がどのように関るのか非常に楽しみです。なにせ総理大臣やらボクシング世界チャンピオン、マンガの神様、昭和の歌姫、作家、画家など歴史に残る人物が多いですから、一部には架空の人物としてドラマに華を添える面々のいます。

ホントいやらしい話こういうキャスティングを見てしまうとギャラが一体どれだけ掛かったのか気になります。まあ50周年記念ドラマということから無償で協力した人もいるかもしれませんが一体このキャスティングの中で一番ギャラが高いのが誰か下世話ながら知りたいかなと

一応今回のキャスティングに際しての裏話が「わが家の歴史」のサイトにて載っているので読んでみてはいかがでしょうか、非常に面白い内容です。http://www.fujitv.co.jp/wagaya/special/kokodake2.html

一部抜粋すると「レアル・マドリードが必ずしも世界最強にならないように……主役級だらけのこのギャラクシー軍団はシーンとして成立するのか? 現場はうまくいくのか? 不安はどんどん膨らんでいきました。」などなど

やっぱりコレだけのキャストに出演を依頼するにはそれなりに色々思うところがあったんだなと思わせてくれます。

まあ誰もがよくこのキャストを集めたなと思ったはずですが

それに製作に携わるスタッフの方々のココを見て欲しい!というポイントなども紹介されています。http://www.fujitv.co.jp/wagaya/special/staff1.html

と3夜連続トータル8時間のドラマにコレだけ豪華な出演陣を集めれるのも最初で最後かも知れません、もしかしたら10年後の60周年にも同じような作品が製作されるかも知れませんが

ということでフジテレビはやっぱりスゴい!という思いを持ちつつ4月9~11日の放送を待ちたいと思います。

終わり!

|

« 小栗旬と長澤まさみが7年ぶり共演について考える! | トップページ | 渡部さんを囲む会を観るby笑撃ワンフレーズパート1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/47852879

この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ開局50周年ドラマ「わが家の歴史」の豪華キャストについて考える!:

« 小栗旬と長澤まさみが7年ぶり共演について考える! | トップページ | 渡部さんを囲む会を観るby笑撃ワンフレーズパート1 »