« 資生堂TSUBAKI新CM「金のTSUBAKI誕生篇」について考える! | トップページ | 『うたばん』のリニューアル番組もヤバイ…という記事を読んで »

渡部さんを囲む会を観るby笑撃ワンフレーズパート2

とうとうこの日が来てしまいました。

先週からに引き続き今回も渡部さんを囲む会についてです。

とても悲しい渡部さんが戦場にまた戻ってしまうことが・・・

では観ていきます。

感謝の思いを伝えた渡部さん、そして自分の思いを手紙で伝えることに

「笑撃ワンフレーズ様へ、親愛なる笑撃ワンフレーズ、千原ジュニア様、高田純次様、そしてフレーザーの皆様、笑劇ワンフレーズの出演で一番驚いたことそれは「笑うことは気持ちがいい」ということでした。生まれてから37年間、自らが知らなかった笑いという快楽に初めて触れることができました。私、渡部陽一2010年戦場カメラマンとして笑いの力を身につけて、世界を飛び回りたい。笑撃ワンフレーズから学んだ笑いの力を世界の子供たちに届けたい。そう思っています。笑撃ワンフレーズ私の地となり肉となりました。改めてありがとうございました。」

渡部さんが手紙を読み終えた後、サバンナ高橋さんのフリに応えてたんぽぽの2人が号泣、その姿を観た渡部さんが「どうか泣かないでください」と一言

そして高橋さんが渡部さんの手紙の笑撃の「撃」が一撃の「劇」という間違いを発見しそれを指摘された渡部さんは「間違えてしまいました」と

そして渡部さんからもう一つプレゼントとして戦場カメラマンとしてスピード感ある撮影をしているため、レーザーを撮影し始めると、戦場の撮り方にてスピーディーに撮影を、そして「はいチーズ」的なことは?と聞かれた途端に「終了しました」と

最後の最後まで渡部さんらしさをだしたまま「30カット撮影させて頂きました」

そして最後に「大きな力を頂きました。ジャーナリストとしてしっかり頑張って行きたいと思います。ありがとうございました」と伝えお別れです。

あー悲しい、なんて悲しいんだ。3月は卒業シーズンだがまさか渡部さんを観ることが出来なくなってしまうとは

まあ一番疑問だったのは誰がいつ何処で渡部さんの存在を見つけてゲスト出演させたのかというところなんですが、なかなかの逸材を見つけてきたものです。

ということで渡部さんを囲む会終了です。

ありがとう渡部さん

終わり!

|

« 資生堂TSUBAKI新CM「金のTSUBAKI誕生篇」について考える! | トップページ | 『うたばん』のリニューアル番組もヤバイ…という記事を読んで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/47917442

この記事へのトラックバック一覧です: 渡部さんを囲む会を観るby笑撃ワンフレーズパート2:

« 資生堂TSUBAKI新CM「金のTSUBAKI誕生篇」について考える! | トップページ | 『うたばん』のリニューアル番組もヤバイ…という記事を読んで »