« 石橋貴明がビストロスマップにやって来た! | トップページ | 全国で美女探し、アツシカワイイガールAKG47を観るbyロンドンハーツ »

4~6月クールのドラマの視聴率について考える!

さて今回は4~6月クールのドラマの視聴率について考えたいと思います。

今回の視聴率は月9の「月の恋人」はまだ放送されていないため月9は除いて考えたいと思います。

まずは今回のドラマですが初回視聴率が15%を越えたの作品は5作品、5作品中4作品が刑事モノという「絶対零度」「臨場」「警視庁失踪人捜査課」「新参者」刑事モノの受けがいいという感じが見受けられます。残りの1作品は「怪物くん」なのでジャンルとしてはバラエティに近いかなとも

日本人が刑事モノが好きということでしょうか良く考えると2時間モノのサスペンスはほぼ刑事モノ関連、弁護士・検事モノも多く90年、80年、70年と考えると「太陽にほえろ」「西部警察」「」「あぶない刑事」「はぐれ刑事純情派」「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」など名作も多く、どの年代の人も楽しめるジャンルということがあります。

09年にドラマを考えても「MR.BRAIN」「BOSS」なども刑事モノドラマでしたからやっぱり刑事モノが好きということでしょうか

15%の視聴率に届かなくてもテレビ朝日系列の「TRICK」のスピンオフドラマ「警部補矢部謙三」は23時台とうい時間帯でも初回は11.7%と3話まで現在放送されて平均視聴率は10.83%と高視聴率をキープ

今回放送されているドラマのうち刑事モノが5作品ですから

他のドラマを各局で見ていきますと、フジテレビではあまり視聴率が取れていないということで話題になったのが「素直になれなくて」上野樹里ちゃんや瑛太くん人気俳優陣に加え今話題の「ツイッター」をテーマにしたドラマということで放送されましたが初回の視聴率が11.9%と振るわず色々話題を振りまいたドラマになりました2回目の視聴率が13.2%と今後の視聴率推移が気になるところではあります。

チーム・バチスタは映画でも人気のシリーズをドラマ化、今回の作品も非常に面白くなっております。失礼ながらキャストは案外地味ではあるのですが演技派の面々が出演しているため非常に見所も多く、西島秀俊さん演じるジェネラルに僕はハマっております。

絶対零度は視聴率があまり取れないと言われていた上戸彩ちゃん主演のドラマですが初回が18%と見事な記録を、1話完結で未解決事件を解決するという今までに無い内容ということで非常に興味を持ってみたのですが僕は見事ハマってしまいました。2話目の視聴率は14.5%と3.5%下がりましたが今後も注目です。

日テレは異色作品として話題の「Mother」は松雪泰子さん主演で教師と虐待を受けていた生徒の逃避行という異色な内容のサスペンスこれは好き嫌いがはっきり分かれる作品ではありますが、ここ最近の虐待死亡事件などの多さを考えると非常にリアルタイムな内容となっています。松雪泰子さんの12年ぶり主演作品としても期待のドラマです。

それとまさかの実写化「怪物くん」嵐の大野くんを主演に向かえ、怪物くんの手下にはチェ・ホンマン、八嶋智人、上島竜兵と非常にバラエティ感のあるキャストとマンガ原作のドラマの多い中もっとも現実離れした作品なので今後の動向に注目です。この土曜日21時~23時までの2時間は嵐枠になっているので嵐ファンにはたまらない時間帯でしょう。

TBSを見ていきますと不良が体操に目覚める「タンブリング」、土曜20時枠は実験的な作品が多いのでこの時間帯は視聴率というよりも今後も話題性で勝負して欲しいかなと、一時期は男子新体操部などが注目された時期もありましたからね。

もう一つは少年マガジンにて連載中の「ヤンキー君とメガネちゃん」当初成宮さんが20代後半で高校生役?ということで疑問を持たれた作品でありましたが初回13.6%と09年の4月からのドラマの中では実は一番の高視聴率この枠はジャニーズ主演のドラマが多かったが今回はジャニーズでない人間が主演ということで結果を残せれば色々面白いことにも

新参者は今回のドラマで唯一の初回視聴率20%越えのドラマだが、2回目の視聴率が15.1%と初回21%から6%落ちているので案外正念場かも逆に言えば面白い作品ということで録画した人が多かったのかもしれません、内容としては「日本橋・人形町」という小さな範囲でおきた殺人事件を解決するという普通の刑事モノであれば1話完結、最終話は2話という感じだが初回からラストまでを通じて犯人を捜すという見逃したら話が繋がらなくなってしまうのではという非常に興味深い作品、月9の「ガリレオ」の東野圭吾さん原作を考えると非常にラスと面白い展開になるのでは

テレビ朝日を見ていきますと今回は日曜23時をドラマ枠となかなかのチャレンジをしたテレビ朝日ですが、元々高視聴率ドラマはあまりなく刑事モノには強いが他のジャンルには弱い傾向があったとのですが木曜21時黒木瞳さん主演の「同窓会」が初回14.8%と15%に迫る視聴率を獲得この2年半で見ると米倉涼子さん主演の「交渉人」の15%に次ぐ視聴率とこのまま平均視聴率10%を保つことが出来れば成功と言ってもいいのでは

とまあ珍しくジャニーズ主演ドラマが2本と各局のジャニーズ離れが進んでいるという印象を受ける今回ですがここで登場する木村拓哉さん主演の「月の恋人」には非常に期待しております、平均視聴率20%、最高視聴率25%を木村くんならやってくれるのではと思っております。

まあ今クールは初回視聴率が15%越えが多かったので非常に期待しております。

ということで後は月9の放送を残すのみ、今後も数話進んだ時点で視聴率について色々見ていきたいと思います。

終わり!

|

« 石橋貴明がビストロスマップにやって来た! | トップページ | 全国で美女探し、アツシカワイイガールAKG47を観るbyロンドンハーツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48192705

この記事へのトラックバック一覧です: 4~6月クールのドラマの視聴率について考える!:

« 石橋貴明がビストロスマップにやって来た! | トップページ | 全国で美女探し、アツシカワイイガールAKG47を観るbyロンドンハーツ »