« 矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~の初日舞台挨拶に行ってきました。 | トップページ | 恋のから騒ぎ17期生について考える!パート5 »

ポンコツ芸人を観るbyアメトーク

やっぱりアメトークのセンスは素晴らしいです。

今回のテーマはポンコツ芸人、今回のポンコツというのは体や芸にガタがきているということらしいです。

今回の面々はさまぁ~ずの三村さん、ダチョウ倶楽部の竜兵さん、出川哲朗さん、山崎邦正さんのポンコツ四天王です。

まず登場早々宮迫さんが出た人全員が大やけどをする成立しないかもしれないという心配コメントから呼び込まれた面々、恒例のくくりを発表する件でも言いたくない4人、三村さんは「くくんな」とツッコミ、竜ちゃんは「くくり屋か」とそんな中、宮迫さんがくくりを発表

三村さんが67年式、流ちゃんが61年、出川さんが64年、山ちゃん68年が、車の中に原付のエンジンが入っているという宮迫さんのコメントにただ笑うだけでツッコミを入れない三村さん、そんな三村さんと残り3人はポンコツでも種類が違うということを主張し最終的にはあがっているという20年以上芸歴があるとは思えない発言を

恒例の立ちトークも終了し本題ですが、今回はいかにポンコツかを身近な人からの証言を元に検証

三村さんはマネージャーからとにかく言い間違えが多い、名古屋を中国と隔週でレギュラーがあるためその際に中国の時の衣装ってどうだっけ?と、ドライヤーを台風と、台風と言っていて間違っていないと思う自分が2、3分いると、それに釣られたようにホトちゃんも間違える始末。

他には家で釣りゲームをしていたところ、Aボタンを押したところウンコが出た。Aボタンと肛門がリンクしているためコワくてBボタンを押せなかったと、ゲームは「動物の森」つりをしているとあたりがあるとツンツンと反応があり、ツンツンが5回目に差し掛かる4回目で

作家からはカンペを読むと棒読みになると、やさしいディレクターは先に出してしまうため、大竹さんが喋っているときにカンペが出されると読んでしまい大竹さんに怒られることもあったと

竜ちゃん、リーダーから最近ドラマで知り合った嵐の大野くんからのメールを超普通の文章にも関らずドヤ顔で見せてくると、まだ一度も食事をしたことがないとのこと。

デンジャラスの安田さんから、中村勘三郎さんの舞台を一緒にやっていた時に舞台終わりにのみに行き朝の4時に「すいません、僕明日舞台あるのでそろそろいいですか」と言ったら勘三郎「俺もだよ」と言われて怒られた。

流行に疎い上島さんに「ツイッター知ってます?」と聞いたら「双子か」と言われたと。言い間違えは良くあるそうです。ここで普通のことを言ってしまったがために宮迫さんに注意される竜ちゃん、ここぞという時にトークの波に乗れないそうです。三村さんと同じくカンペも読めないらしく自分の名前が上島なのでカンペには「上」と書かれているが、上沼恵美子さんの番組に出たときに上沼さんも「上」なので間違えて進行のカンペを呼んでしまったと。ここで出川さんにそのエピソードをイジられるとお決まりの怒りを爆発させ帽子を落としクルリンパを、何故かここで上島劇場が始まりまわりを巻き込む大事故にあまつさえ出川さんに頭を叩かれてしまうという珍しい状況に

3人目は出川さんですが、他の3人よりポンコツ、ジュラーイと噛むという失態を

マネージャーから、ハードディスクデッキからDVDにコピーしたかったそうだが全然できなく騒いでいた、説明書を見て説明し、メーカーにも問い合わせをしたが出来ず、最終的にはDVDのキラキラの方を上にして入れていたとのこと。

アメトークのスタッフから、収録の打ち上げで英語ができるできないの話になり出川さんが「俺、以外に英語ペロペロ」と言い間違えていたと、これはお酒を飲んでいるわけでなく間違えたそうです。打ち上げの時にペロペロと注意したそうだがその部分は無視して「英語は喋れる」ということしか言わなかったそうです。

その部分をツッコまれて説明するのが面倒くさいため、いい間違えは気にしないそうです。

山ちゃんは

マネージャーから、基本的ギャグは子供からもらう。肉親だからいいだろうと、子供が作ったギャグとして今回は

将来診療所を開きたいと言っていて学校に8年通ったのに辞めてしまった。イチからジュウまでのことをやり遂げたことがないと、ジグソーパズルも人生で1回も完成させたことがないと、どんな髪型をしても似合わない。最近は怪我もする。自分の家に最近ピンポンダッシュが多いとの事で小学生が「山崎OUT」と言ってくると。それに対して追っかける時に怪我をしてしまうそうです。だがこのトーク最中にまったく内容と関係ない話をしてしまうという事故を

続いては伝説のVTRです。

三村さんは内村プロデュース、03年11月10日のバスケットのシーンにてトランポリンを使ってダンクを決めることに失敗、04年7月19日の小学生のとのドッチボール対決にてボールを投げただけで靭帯断裂、そしてもっともポンコツ伝説として「さまぁ~ずライブ」にてバランスボールを4つ並べて滑るという運動にて奇跡を起こしていました。

バランスボールに乗り上げた時には記憶がなく30秒ぐらい黙ってしまったそうで、なんとか怪我はしなかったみたいです。

ドッチボールに関しては投げた際はルールで白線おり出たらダメとの事で気にしていたらヤッテしまったと、逆の足はジャンプして正座をした時にやってしまったと。その時は1歳の子と一緒につかまり立ちをしていたそうです。

続いては竜ちゃん

アメトークの07年11月8日のトップレス芸人にて、演者が全員立ち上がったときに一人だけ座っていた映像、最後の逆野球拳では小島よしおさんに負けたため小島さんに八つ当たりをした後にブリーフ一丁で登場するも盛り上がらないという失態を

最後は99年2月16日のナイナイナにてクレーンに吊り上げられた竜ちゃん、あまりの怖さに本気で辞めてとお願いすると、寺門さんがコレはマジということでやめることに

クレーンは本当にダメだったそうです。トップレス芸人は目で合図があったためみなで駆け寄ったがみんなでやりながらゴールエラいことになるのではと思いながらやっていたそうです。オープニングからブリーフ1丁が元に姿に戻っただけだったと

3人目は山ちゃん

03年4月28日のアメトークでの宮迫さんとのガチンコ相撲対決にてブリーフ姿で遊ばれる姿が、07年11月15日のN700系芸人にて鉄道好きを読んで欲しいとスタッフに頼んだにも関らず企画の主旨を理解していない、アメトークのDVDの記者会見にて有吉さんにあだ名で「実力不足」と言われた。

N700系芸人の時は「俺は何を言ってたんか?」とのこと。

最後は出川さん

徹子の部屋芸人にてサッカーのシュートをした後にリアクションを取るシーンにて、リアクション後に躓いてコレた。08年2月14日の出川大陸で犬の魅力は?と聞かれた際に犬のエサを食べながらずーっと喋り続けていた。06年1月24日のアドレな!ガレッジにてスノーモービルに足を引っ張られる企画にてゴール直後にお知りから出してはいけないものを出していたVTRが

アドレなは漏らしたことに気づかない自分にショックだったそうです。犬のエサは改めてみると不思議だと

続いてはアレ?と思った瞬間です。

三村さんは突然、名前がわからなくなるそうで、誰かにフルタイミングで安めぐみちゃんのことを呼ぼうとした際に「こいつ誰?」と思ったと、中尾彬さんも「どこのおじさん?」と、その時は名前を呼ばず見事切り抜けたと

竜ちゃんはリアクションが怖くなってきている。コレは言いたくないが、出川さんと飲みながら「ヌルヌルが怖いんだよ」と言ってきたそうです。おでんの熱さも全盛期の熱さではなく温度に敏感になったと、マネージャーにも「熱々おでんの作り方」のレシピを渡しているそうです。

ここで出川さんがニュージーランドに行った時にバンジージャンプをする時にもダメだったといわれたら、恒例のケンカが始まりそして最後にはキスをするというお決まりが、ここで宮迫さんがキスの件について注意すると今度は宮迫さんとキスをする竜ちゃん、宮迫さんは楽しいと

山ちゃんもモリマン対決にてごぼうで殴りあった際に怖くなったと、殴られた後に頭がボコボコになったと、アレは「ただの木」と。ゴボウさえなければやりますとスタッフに言ったにも関らずゴボウが用意されていたので自分で隠したそうだが本番ではもっと多く用意されていたそうです。

出川さんは怪我の直りが遅くなったそうで、竜ちゃんのお尻が汚いという話をしだすと竜ちゃんが怒り出し、三村さんも汚いというと三村さんまで怒るという流れに

出川さんはアバラ、前歯と怪我をした部分を言っていくと手を足を言い間違えていました。体の検査にてもE判定がでたそうです。

三村さんはこの間大きな声を出した際に肋間筋断裂をしてしまったと。普通の人は半年ぐらいセキがとまらない人がなるにも関らず、1回でなった人を見たのは初めてと70歳ぐらいのお医者さんに言われたそうです。

他にもレストランに入ろうとして自動ドアを入り段を上がろうとしたら躓き店員さんに土下座をしてしまったそうです。

竜ちゃんは収録後の反省会にてただホメ合うようになってしまったと、互いにスベってもホメ合うとスベっていてもスベっていないことにしているそうです。今回も4人で飲みにいったら?というテイでコントをするも関係ない三村さんが入ってしまい流れがつかめない状態に、だが「欠点が長所になるつつあるメンバー」

最後はメディカルポンコツチェックです。

ジャージに着替えた4人、三村さんはヒザにサポーターをつけてバッチリの状況で行うのは4人同時に20回跳ぶことが目標の長縄跳びを、跳ぶ順番は1番目は山ちゃん、2番目を決めるためにリズム感を確かめるとポンコツ芸人にはまったく表現できず、だが2番目は三村さん、出川さん、上島さんという順番で入ることに決定

本番では順調に1、2、番が跳ぶも出川さんで失敗、2回目の挑戦では11回目まで跳ぶも三村さんが引っ掛かり失敗、3回目の挑戦をラストということで酸素吸入をするも出川さんだけスプレーを直接渡され酸素がすえない状態に、そして向かえた3回目ですが順番を逆にして挑戦、結果は17回目に差し掛かる直前に竜ちゃんがコケてしまい失敗、立っていられなくなったそうです。

最後は4人で手を合わせて掛け声をしていました。

という感じで終った今回ですが4人のポンコツ具合は流石でしたね。三村さんなんて内村プロデュースの時に怪我をしたヒザが未だにボロボロですからね。自身も上半身はシッカリしているのに下半身は全然ダメというようにホントダメでした。

他の3人もダメでしたが三村さんとの違いは三村さんはツッコミをしている分トークに関してはあまり問題が無いのですが、他の3人はリアクションキングのためトークにも難があるという体にもガタがきてトークにもガタが来ている最悪の状態に

そして聞きたくなかった言葉が竜ちゃんから聞くことになるとは、まさか「リアクションが怖い」と思っているとは思いませんでした。リアクション芸人の頂点とも言っていいダチョウ倶楽部、その中でもひときわ輝く竜ちゃんがリアクションを怖がるようになっているとは

コレは非常に悲しくなりましたが、それでもリアクションを続ける竜ちゃん含め出川さんの凄さを感じましたね。40オーバーにてアレだけのことを出来る人はそうはいません。今の20代30代前半の若手芸人もやっていないことをしていますからね2人は

山ちゃんは恒例のモリマン対決について触れていましたが、その中でも珠玉の名言と言ってもいい「ゴボウはただの木」をここでも聞くことになるとは、あのコメントを聞いたときは大爆笑したのを覚えています。

と見事体やトークにガタがきているポンコツ芸人ですが今後も体に気をつけて活躍して欲しいものです。

終わり!

|

« 矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~の初日舞台挨拶に行ってきました。 | トップページ | 恋のから騒ぎ17期生について考える!パート5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48218074

この記事へのトラックバック一覧です: ポンコツ芸人を観るbyアメトーク:

« 矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~の初日舞台挨拶に行ってきました。 | トップページ | 恋のから騒ぎ17期生について考える!パート5 »