« 黒木メイサの素顔に迫るby爆!爆!爆笑問題 | トップページ | 恋のから騒ぎ17期生について考える!パート3 »

人見知り芸人完全版を観るbyアメトークゴールデンスペシャル

さて今回はアメトークゴールデンスペシャルの延長戦についてです。

もちろん取り上げるのは「人見知り芸人」ということでゴールデンで放送されなかった未公開シーンは非常に面白かったです。

まずは出場芸人ですがオードリー若林・有吉弘行・インパルス板倉・フットボールアワー岩尾・バカリズム・サンドウィッチマン富澤・麒麟川島・笑い飯西田の面々、プラス相武紗季ちゃんです。

では観ていきます。内容としては被るところはあります。

まずは登場した芸人たちに笑顔は無く、くくりを発表。声も弱く誰かが張ると思う面々、そして客を人見知り

元々若林さんがプレゼンした企画ということを説明し、若林さんと岩尾さんのエピソード話があり、宮迫さんに「絶好調でブス」と一言、いつもどおりだそうだが顔がパンパンでした。富澤さんはフルラウンド戦った後負けたボクサーみたいな雰囲気をそして「ミスター二ヶ国語放送」と悲しい思い出話が

当時は話しかけるタイミングがわからないためあのような状態になってしまったとのこと。

立ちトークも終わり紗季ちゃんが登場、紗希ちゃんも楽屋に挨拶に行くことが苦手で、それを聞いた途端に有吉さんが急に好きになったと前は嫌いだったのにとエンジン全開

まずは人見知りの苦労として

若林さんは打ち上げたとにかく苦手、しゃべらないで座っていると気を使わせてしまうため、長いこと噛める軟骨揚げ、蛸わさを常に準備し無口をカモフラージュ、コース料理の場合は間があるためフリスクを用意するもビール飲むとスースーしすぎたため逆に声が出てしまったと

川島さんは打ち上げの場にいるのが苦手で先輩がいる時は離れるためにタバコなどを買いに行くと、これには宮迫さんも覚えが会ったみたいで今後は誘わないと

有吉さんは人見知り芸人の喫煙率が高いとのことで8人中6人が喫煙者、岩尾さんは手持ち無沙汰になるのでタバコを吸えたらと思うが体が受け付けないと、宮迫さんはタバコが受け付けていないと酷いことを

本番前も板倉さんは喫煙室にいたそうで、最終的にはタバコの減り具合や灰の落ち具合などを見てればいいし、空気清浄機に吸い込まれる煙を見ていれば良いと、だが有吉さんは本番前板倉さんがいたため遠慮して喫煙室に入れなかったと。

バカリズムさんは別の収録で喫煙室でFUJIWARAの藤本さんと一緒になった時にイジられすぎてタバコをやめようと思ったと。

板倉さんは日テレはほぼ禁煙のため喫煙所にお偉方などたくさん集まるためそれがいやなため局内をうろついていると、それに知っている芸人さんの話などをされるとどう判断していいか分からないと。

飲み会などで有名人がいる場合は相手が気づいていなきゃ知らん振り、だが相手が気づいていたと言うと絶句、富澤さんは遭遇してもケータイをずーっと見ていると、電池が切れたら困るためバッテリーも準備

バカリズムさんは架空の仕事で打ち上げを避けているということが前回の放送でバレたため使えなくなったので、打ち上げに誘われる前に楽屋を出るという手法を使っていたが今回で使えなくなってしまったと。

若林さんは前回の放送で缶ジュースのラベルを読み込むという手法を使うと言ってしまっため、大部屋で缶ジュースを読むとハイソレ使ったといわれると、台本も読み込みすぎて技術さんの名前リストまで読んでしまったと。

有吉さんはビンゴ大会でビンゴしても完成したことを言えずに最終的には3ライン完成してしまったと、高価なものがプレゼントされる時の一言もツライとのこと。

岩尾さんはしゃべらないため必然的に飲むペースが速くなるが、無くなっても店員を呼べないため氷水を我慢して飲むと、西田さんは乾杯の前に注がれないことがあっても、注がれていないことが言えずに誤魔化して乾杯をしたと。

富澤さんは常に何かをしていたいとのことで常に若林さんを探そうとすると、今回の収録前の挨拶も2人で雨上がりに挨拶に言ったそうだが、ふと楽屋で若林さんがいなくなった場合にパニックになったそうです。

紗希ちゃんは顔合わせの対処法としては台本を読んだり、カバンを探ったりするとのことで、ここで有吉さんは役者界で面白い人は難しいと通称「ハシャいでいるバカ」の対応に困ると

役者界では面白いがお笑い芸人から見ればつまらない人の扱いをどうすればいいのか、宮迫さんに尋ね、自分のエピソードとして、たまに「芸人より役者の方が面白い」というスタッフがいるため困ると、その時は芸人のプライドもあるため実際は「バラエティの世界に来たら通じないぞ」と言いたいが言えないので困るとのこと。ここで紗希ちゃんを見ると心当たりがあるらしく大爆笑していました。

そして最後に改めて宮迫さんに有吉さんが質問するも役者の方が面白いといったスタッフに4回激怒したことがあるそうで、この答えには納得していました。

若林さんは本番前の前室に出演者がいる所にいけないため万力などをイジっていると大道具さんに怒られたと、岩尾さんは収録後すぐ帰ろうとしたところを藤本さんに見つかるとイジられるのでゆっくり帰ろうとすると、若林さんは収録中のテープチェンジの時に声をお客さんに声を掛けられるもリアクションができないと。営業とかで名前を呼ばれるのもツライと、声援に対して手が挙がらないとテンションがあがっていると思われたくないとのこと。

有吉さんはテクニックとして相手の話はとにかく肯定するようにすると、否定すると話しかけられるため、バカリズムさんは人と目を合わせるのが苦手なので真っ黒なサングラスを常に掛けていたい、富澤さんはとにかく笑って時間を稼ぎトイレへフェードアウト、西田さんはマジメな話をしている相手の場合は頭蓋骨を想像していると。

有吉さんは人見知りがどうも伝わっていない気がしているため自分の思うところとして、ドラゴンクエストに例え人というモンスターに会いたくないと、だがそれではレベルがあがらないのではぐれメタルという人見知りに会いに行きレベルアップを図ると、だがそういう時に限って千原せいじさんなどに会ってしまうと。

岩尾さんは藤本さんが劇場にいて楽屋が一緒の時に買ってきたマンガを開けられてイジられると、若林さんも舞台袖で下を見ている時に藤本さんが目の前を潜水艦と言いながら来た時にケンコバさんが助けてくれたと。

宮迫さんは昔矢部さんが藤本さんに「自分な学生の時に同級生だったら絶対友達にならんわ」と言われ藤本さんが電車の中で号泣していたと

ここでプライベートの話です。

板倉さんは居酒屋さんなどでお店からのサービスを断れないのでムリヤリ食べたように誤魔化す、川島さんは変わったメニューを頼めない、西田さんは帽子をパーマンみたいに深く被る、岩尾さんは電気屋さんで値段の上にバツ印があり店員まで声を掛けてくださいと書かれていると買い物が出来ないと、バカリズムさんはプライベート外に出ないため電気代が月8000円ぐらいかかると、ご飯もデリバリー、休みも出ない、仕事の日以外は一人でいたいと。

紗希ちゃんは初対面で電話番号を聞かれた時に教えて連絡が来てご飯に誘われてもどうすればいいのかわからないので忙しいフリをすると。西田さんはメールの場合はイケイケの文が書けるためグイグイ行けると。

ここで未公開の大部屋の座り方です。

どこに座るかのシュミレーションで、特番・楽屋は一緒・テーブルの上には雑誌やマンガ、壁際にも席がありケータリングも用意されている場合何処に座る?という無いようです。

人見知り芸人が入る前の部屋には藤本さんせいじさん、宮川大輔さんやバナナマン設楽さんなどがあらかじめ座っていると、モンスターは藤本・せいじさん、もう中学生や狩野英考さんは使い方次第、TKO木下さんと設楽さんは優しいが設楽さんは低いテンションで心に無いことを言ってくると、他にも設楽さんと一緒にいるとみんなが寄ってくると

ではシュミレーション開始

まずは藤本さんの座っているテーブルは全滅、角際の席で出口から遠いところはNG、ドアの側は挨拶をしなくてはいけない、それに後からモンスターが来る可能性があると。もう中学生の隣は藤本さんにいじられる可能性があるため危険、トビラの近くに座って両サイドに荷物を置く方法、他にもモンスターが怖いためコンセントの近くは危険。

川島さんは一度楽屋でもう中学生のとなりにインパルス堤下さんが座っていて、もう中がカレーうどんを食べ終わった後に堤下さんのTシャツで口を拭いていたことがあったそうです。

シュミレーションに戻ります。まずはもう中と木下さんの間、ここで後からモンスターとしてアントキの猪木、ザキヤマさん、品川さんを。岩尾さんは駐車場に戻って車の中に待機するとまで、アントキの猪木さんの横は危険だとバカリズムさん。弁当の前で迷うという選択も、おぎやはぎの小木さんをせいじさんの隣に座らせるとい方法も

続いては人見知り芸にアート展です。

今回の人見知り芸人の中に3人ほど芸術家がいるとのことで無意識で作った芸術作品を残していると、それは間を埋めるために書いた画をマネージャーに回収してもらったものだそうです。

まずは若林画伯が描いた「クルクル男」「らせん階段って危ねーな」、だがこの画が発表されるのは非常にまずいと

2人目は板倉画伯、台本の裏に書いた画が「爪切りバッタ」歯ブラシが2つ合わさった「ダブラシ」マシンガンで蜂の巣を蜂の巣にしている「蜂の巣が蜂の巣に」ハンガーをハンガーが助けようとして最後にタオルが掛かっている「ハンガーハンガーの実」

3人目は有吉画伯、ペットボトルのフタを噛み続けた「噛み続けたペットボトルのフタ」これにはお客さんから悲鳴が、ストレスを感じるとしてしまうと。そして有吉画伯が世界を獲ったといわれるある番組の進行表に石川とたくさん書かれた「石川がいっぱい」元たまのボーカルの人に会いに行くロケで、進行表には「いしかわ×いわいがわ」「石川と俺」「石川博士」「石川ちゃん」「石川さん」「石川が来るぞー」「ごえもん」「西川高二」「石野真子」「石川さんのサイン」最後は「石川を燃やす」という世界に誇れる作品が

最後に紗希ちゃんにプレゼントとして渡そうとするも断られていました。

という感じで終った今回ですが被った部分は少なくどれだけカットしているんだよという印象が、特に大部屋シュミレーションは非常に面白くずーっと見ていたい感じでした。

人見知り芸人3人の芸術作品ですが、かなり病んでいますね。というよりは人見知りでなくてもアレぐらい描きそうな気が、だが有吉画伯の作品には恐怖を覚えました。

人見知り芸人がここまで面白いといことが証明されたのであれば、やっぱりやって欲しいのが人見知りじゃない芸人ですかね。フジモン・せいじ・ザキヤマさんを筆頭にフット後藤さんや品川さん、サバンナ高橋さんなど面子としてはかなり面白いことになりそうな気が

それにせいじさんのガサツな話など聞きたいですし、今までどのように人見知り芸人をイジり倒して来たかなどは面白いかなと、人見知り芸人からの被害報告も含め

と全てのことには反対の性格のことがあるのでね。アメトークなら実現させてくれるかもしれません。

ということで人見知り芸人完全版非常に面白かったです。

終わり!

|

« 黒木メイサの素顔に迫るby爆!爆!爆笑問題 | トップページ | 恋のから騒ぎ17期生について考える!パート3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48095994

この記事へのトラックバック一覧です: 人見知り芸人完全版を観るbyアメトークゴールデンスペシャル:

« 黒木メイサの素顔に迫るby爆!爆!爆笑問題 | トップページ | 恋のから騒ぎ17期生について考える!パート3 »