« 全国で美女探し、アツシカワイイガールAKG47を観るbyロンドンハーツ | トップページ | 矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~の初日舞台挨拶に行ってきました。 »

沢尻エリカの離婚について考える!

沢尻エリカも離婚するのかー

ということで08年の12月に結婚することについての記事を書いてから1年半やっぱり離婚することになりそうです。

まずは記事抜粋

クリエイター・高城剛氏との離婚を決意したと各方面で報じられている女優・沢尻エリカが27日、自身の公式サイト「ERIKA TOKYO」で「私、沢尻エリカは、夫である高城剛と離婚する意思を固め、現在家族の仲介の下、協議に入っております事をご報告いたします」と離婚する意向を示した。

沢尻はこの日午後9時半頃にサイトを更新。「この度は私事でお騒がせしており、関係各位の皆様にはご心配とご迷惑をおかけして申し訳ございません」と謝罪したあとで冒頭のコメント。「今は相手の事もありますので、これ以上の詳細に関しては差し控えさせて頂きます」とだけ短めに報告し、噂されるエイベックスへの移籍などには触れなかった。

ということらしい。

まあそもそも最初から離婚するとほとんどの人が思っていたと思います。ただ1年半近くまで離婚しなかったのはかなり頑張ったほうですね。

結婚当時は女優として幅が広がると思ったり、女優復帰に向けてこれで本格的に動き出せるのかなと思いましたが、まさか結婚したことがこれほど自身の足を引っ張ることになるとは思っていなかったでしょうね。

正直、世間的には何をしているのかハッキリしられていない高城氏でしたからナニかしら面白いでき事は起こるとは思っていましたが今回の結果に

結婚した当初はスペインやイギリスであったり色々旅をしているという話題が度々取り上げられたり、沢尻さんが留学したという話題など色々ネタを振りまいてくれた2人ですが、その裏でお金に苦労しているとも言われておりました。まあお金の原因はもちろん「旅」ですね。そして去年の日食の見物ということで姿を見せたりし、ろくに働いているようなそぶりを見せていませんでしたからね。まあ沢尻さんは結婚してからまったく仕事がないような状態だったはずなので

そんな最中、今年急にCM復帰するということになりその時にマスコミに対して出した「6か条」が話題になり、マスコミから総ブーイングを受けたのもつい最近の出来事でした。だがそのマスコミに対して出した「6か条」がやっぱり2人の関係を狂わすことにもなりました。

実際の離婚に至るまでの本当の原因はわかりませんが、沢尻さんに無断で出したといわれる「6か条」が原因と言われております。実際は沢尻さん側としては取材に申し出があれば関係なく取材を受けるということであり、実際マスコミに対して出したのはプライベートのブログを見れる権利ということだったという話もあります。彼女に対して事実を伝えていなかったことが一番の原因なのかもしれません。

今現在は沢尻さんはエイベックスに所属する方向で動いているみたいでコレに対してはエイベックスも認めております。エイベックスは売れない人間の再生工場と言われておりますから、沢尻さんをどう再生するのかは非常に期待です。元々歌も上手ですからまた歌手としてCDデビューということも考えられるかもしれません。

とにもかくにも沢尻さんは今年中に何かしらドラマや映画に出演する可能性が出てきました。離婚さえしてしまえば彼女の自由ですから、高城さんがいると身動きが取れない可能性がありますからね。

一方の高城さんが今後、この離婚についてどう発言するのかが非常に注目です。そしてどちらの責任だったのかは発表されないとは思いますが何年後かには離婚の原因など洗いざらい話して欲しいと思います。

とにかくこの1年間は何かしら話題を振りまいてくれた2人ですから今後もどのようになるのか非常に気になるところではあります。

ということで沢尻エリカさんもとうとう離婚、これを期に早期にドラマ・映画復帰が出来るようになるのか注目です。

終わり!

|

« 全国で美女探し、アツシカワイイガールAKG47を観るbyロンドンハーツ | トップページ | 矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~の初日舞台挨拶に行ってきました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48201718

この記事へのトラックバック一覧です: 沢尻エリカの離婚について考える!:

« 全国で美女探し、アツシカワイイガールAKG47を観るbyロンドンハーツ | トップページ | 矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~の初日舞台挨拶に行ってきました。 »