« 北川景子月9出演の裏事情という記事を読んで | トップページ | 女芸人182人がマジメに選んだこの男の彼女になりたいGPを観る »

ガチャピンとムックが笑っていいともにやって来た

ちょっとヤバイですよね。

今あまりに楽しみに録画までしてしまった、笑っていいとものテレフォンショッキングを見終わりした。何が楽しみだったかというとゲストがあのガチャピンとムックだったからです。

一体タモリさんとどのようなトークを繰り広げるのか楽しみにしておりましたが、非常に面白い内容になっていました。

まずはタモリさんからガチャピンだけが呼び込まれて宣伝をバッチリ、ゴールデンウィークに公演するとの事でタモリさんに公演に来て欲しいと

そして一人ということをツッコんまれるとムックが登場、だがタモリさんから大きな声で呼び込まれたいという要望からお客さんと合わせてムックを呼び込みました。

ムックがちょっと暴走したためガチャピンにたしなめられていました。

その後席に座るもムックが大きすぎるため花の紹介が出来ないため一度立ち上がり、谷川俊太郎さんや香里奈ちゃん、アッキーナなどそしてロビーにもたくさんの花が届いていました。

花の紹介も終わりいよいよ座りトークですが、ムックは自分が呼ばれていないのに来た事を誤ったあと、香里奈ちゃんからのメッセージが、今年は何に挑戦するの?というメッセージに

今年は舞台に挑戦すると、舞台の中で色々な生チャレンジを行うみたいで猛特訓中だそうで、何をするのかは秘密とのことだがガチャピンとムックのトークにタモリさんが入っていけないためタモリさんに怒られる2人

誕生日についてはガチャピンは5歳になったそうだが随分前から5歳ということをツッコまれながらもプロフィールは

ガチャピン:恐竜の子ども、身長:165センチ、体重:80キロ、年齢:5歳、誕生日:4月2日、出身地:南の島、好きな色:みどり、今ハマっていること:Twitter

ムック:雪男の子ども、身長:185センチ、体重:110キロ、年齢:5歳、誕生日:4月2日、出身地:北極の近くの島

だが年齢は来年も5歳のままで一年周期ではないと、そしてプロフィールに対してガチャピンは恐竜の子どもということだが種類としては○○サウルスとうのカテゴリではなくただの「恐竜の子ども」、身長と体重の比率に対してはメタボだと、ムックも同じくメタボ

メタボに年齢詐称、誕生日は一緒でガチャピンとムックはまったく正反対の場所で生まれたそうで、どこで生まれたかは判らないと

ムックのお母さんは雪男のお母さんと、それではおばあちゃんだとタモリさんにツッコまれると「わかんないよ~」とガチャピンがそのことにお客さんが「カワイイ~」と、その辺には複雑な事情があると

そしてハマっているTwitterについては本当にやっているとの事だが、ガチャピンの指ではキーボードが押せないことをタモリさんにツッコれる始末、携帯ではムリだがパソコンではゆっくりやれば打てるそうです。パソコンでキーを打つ際も1本の指で打っていると案外指が細いため落ち着いてやれば出来ると、そんなガチャピンの指は3本ということが判明

プロフィール紹介も終わり座りトークへ

タモリさんが料理上手ということを知っているガチャピン、ガチャピンは食べ物は緑色のモノであれば全部好きだと、ムックは赤いモノであればなんでもと、そんな設定の甘さをタモリさんにつめられる2人

ガチャピンの朝鮮についてはスタジオにガチャピンが今まで挑戦した種目が、タモリさんはスノーボードをしているのを観たことがあるそうで、スノボーは物凄い練習したそうです。練習では出来ないが本番では出来ると

スキューバダイビグについては死ぬよとフィジーの海で挑戦しサメと友達になったと、だがそのことに間髪入れず「ウソ」だとタモリさん

フリークライミングには止めなさいと、そのうち事故が起きるよと心配もされていました。

100人アンケートは

ガチャピンから「ヒマラヤ山脈に行ったことがある人」結果は0人でした。ムックは辞めようと言っていたそうです。ガチャピンとムックは指が大きいので携帯は持っていないとだがストラップをもらったらネックレスにしたかったそうです。ムックはストラップを10本くらいもらえればネックレスも可能だと

そんな2人のお友達ですが三谷幸喜さんを、三谷さんとは三谷さんの作品に出演したことがあるそうです。電話にどう出るかと思いきやガチャピンに耳があることが判明、そして三谷さんから今度飲みに行きましょうと誘われていました。

という感じで終った今回ですが、ちょっとヤバかったですね。

ガチャピンとムックがテレフォンショッキングに出演することになろうとは、香里奈ちゃんには非常に感謝しております。多分テレフォンで2人を観ることはもうないかもしれませんから

それにしてもガチャピンとムックは本当に自由奔放でいかにも5歳児という感じでした、まあ中にはオッサンが入っていると思うんですけどね。

それとガチャピンの挑戦シリーズは誰もが一人の人が全ての種目に挑戦しているのか、それとも毎回中に入る人が変わるのかが最大の疑問、一人の人だったらオリンピッククラスの運動神経、中身が変わるが割りでもガチャピンの着ぐるみを着ての運動ですからその道のトップクラスの人が入っているんだろうなと、こういう大人の事情で絶対知ることが出来ない謎をいつしかは解いてみたいものです。

ということで貴重なタモリさんとガチャピン・ムックコンビのテレフォンショッキング面白かったです。

終わり!

|

« 北川景子月9出演の裏事情という記事を読んで | トップページ | 女芸人182人がマジメに選んだこの男の彼女になりたいGPを観る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48005241

この記事へのトラックバック一覧です: ガチャピンとムックが笑っていいともにやって来た:

« 北川景子月9出演の裏事情という記事を読んで | トップページ | 女芸人182人がマジメに選んだこの男の彼女になりたいGPを観る »