« 夜の笑っていいとも!春のドラマ特大号を観る! | トップページ | フジテレビ「我が家の歴史」の視聴率について考える! »

さま~ずの新番組「お笑いさぁ~ん」を観る

さて今回はさまぁ~ずの新番組「お笑いさぁ~ん」についてです。

さまぁ~ずがホストのネタとトークの番組というコンセプトで、初回のゲストはきゃい~んです。

きゃい~んの久々のネタからスタートした今回ですが、相変わらずのウドちゃんの素敵なボケと天野くんの的確なツッコミは最高でした。

ウドちゃんは新聞を小学生の時に読み終えたというボケ、自分の持っている千円札は再生紙というボケ、水を大切にするためにぺヤングの残り湯でUFOの作るという焼きそば三昧というボケ

その後天野くんのエコバッグについて話し始めたらウドちゃんが何を言っているかわからなかったり、マッチ売りの少女ではなく電機売りの少女が最終的には電子ちゃんだったというボケなど久々にきゃい~んのネタをみて嬉しかったですね。

ネタも終わりさまぁ~ずとのトークでは、きゃい~んの漫才はウドちゃんが一切成長しないという学習しない漫才ということらしく、大竹さんは未だにウドちゃんとどう接していいかわからないと、そして天野くんは20年間やってきて1つしか伝家の宝刀がないということに嘆げいていました。

ここでアンケートです。

漫才はどうやって考えていますか?2人で話し合っていますか?これは天野くんがネタを書くがその時はウドちゃんの頭になって考えると、ネタ合わせに関しても3~4回ぐらいで天野くんが覚えていれば成立するらしいので忘れたら一巻の終わりとのこと。

ウドちゃんが余裕がある時は1~2回ほどフリがあるそうです。

さまぁ~ずはネタのボケの部分を大竹さんがフルそうです。三村さんは板の上はいつになってもベテランはないと、天野くんもフリートークの方がらく、三村さんは笑いを取らなくてもいいと大胆発言を

さまぁ~ずとの関係は、88年デビューのさまぁ~ず、91年デビューのキャイ~ンでウドちゃんがMCの勉強で働き出した場所にさまぁ~ずとテンション(芋洗坂係長と俳優の田口さん)のコンビがきて、その時に三村さんに「いつか同じ舞台に立てたらいいね」といわれたそうです。

時がたってからウドちゃんにあった時に「やっとあえたね、待っていたよ」と三村さんに言われたそうです。

ここでご一緒さぁ~んです。

ゲストとさまぁ~ずが一緒にやりたいことをステージで行うそうで、今回は天野くんが書いたコント「天野が記憶喪失/本物のウドは誰だ?」の即興コントを行うことに、そこに現れたのがジューシーズというトリオ、ネタ合わせをしている最中に間を埋める役割とのことでネタを披露タイトルは「演技ごっこ」

さてネタも終わりいよいよ準備に入ります。スタンバイ中は真剣な表情を見せる2組がいました。

そしていよいよスタート、記憶喪失になった天野くんの前に現れたウドちゃん、だが天野くんは記憶喪失ということでウドちゃんのことを思い出せない状況に、そこに現れたのは三村さん、大竹さんが扮するウドちゃんが登場、大竹さんはまったくウドちゃんの髪型から遠いヅラを被っているがここから本題のスタート

天野くんの無茶ブリまずは「モノボケ」が始まり、大竹、三村、ウドちゃんと流石の実力を見せて、次のフリは「森進一のモノマネ」三村さんが仕掛け、大竹さん、ウドちゃんと立て続けに、次は「キャイ~ンの新ポーズ」を三村、大竹、ウドちゃんと続けるも思い切ったボケをするウドちゃん。そして「追い詰められた時に色々なものをスネにぶつける」というフリの後、本物のウドちゃんを見つけて決めポーズをとって終了です。

反省会では三村さんが汗かくと冷や汗や色んな汗をかくと、大竹さんはみんなが一瞬冷静でなくなると、どいつを見ればいいのかわからなくなるとも、天野くんは3つのおもちゃが手に入った感じで楽しかったそうだが、大竹さんの衣装が若干違ったそうです。

そんなキャイ~ンも11回目のライブを5月7~9日から行うそうです。

ということで終った今回ですが、まずはさまぁ~ずが司会の番組ということで面白さは保障されているとは思っていましたが思った以上の面白さでした。

今回、新鮮だったのは中堅のトップクラスに位置するキャイ~ンのネタを久々に観れたことですかね。さまぁ~ずとの即興コントも非常に面白く天野くんの台本が良かったということでしょう。まあ今回の4組中ネタが掛けるのが大竹さんと天野くんだけですからね。三村さんとウドちゃんはそういう面ではポンコツですから

そしてコント前のジューシーズは一度だけネタを観たことがありましてその時のネタだったのですが非常に面白かったですね。「演技ごっこ」は僕も真似たくなりました。

さて来週ですがM-1王者のサンドウィッチマンがゲスト出演するということで非常に楽しみです。漫才もコントも両方こなせる器用なコンビですからね、特に三村さんと伊達さんが互いの相方のボケをどのように料理するのか非常に楽しみですし、大竹さん・富澤さんのボケ合戦なども見れそうで非常に期待できます。

ということで「お笑いさぁ~ん」今後も非常に楽しみです。

終わり!

|

« 夜の笑っていいとも!春のドラマ特大号を観る! | トップページ | フジテレビ「我が家の歴史」の視聴率について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48071341

この記事へのトラックバック一覧です: さま~ずの新番組「お笑いさぁ~ん」を観る:

« 夜の笑っていいとも!春のドラマ特大号を観る! | トップページ | フジテレビ「我が家の歴史」の視聴率について考える! »