« 相方どうかしてるぜ芸人を観るbyアメトーク | トップページ | ブラックマヨネーズの素顔に迫るby嵐にしやがれ »

松本潤くんと竹内結子さんの月9共演について考える!

さて今回はそろそろ発表が始まった来クールのドラマについてです。

その中でもフジテレビの月曜21時いわゆる「月9」の主演俳優が決定いたしました。来クールの主演は嵐の松本潤くん、そしてヒロイン役に竹内結子さんとのこと。

タイトルは「夏の恋は虹色に輝く」です。

今回の月9の主演に関して松本くんは「この夏、一番ドキドキわくわくするラブストーリーをお届けしたい」と意気込んでいるとのこと。

ドラマのストーリーですが、記事抜粋します。

松本が演じるのは、大物俳優を父に持つ2世俳優。「親の七光り」のコンプレックスに加え、頭でっかちで理屈っぽい性格が災いし、仕事にも恋愛にも行き詰まっているという役どころだ。そんな男が、悩みなど笑って吹き飛ばす元気な女性と出会い、迷いながらも恋に仕事に奮闘していく。松本と竹内は初共演。夏を舞台に、年上の女性と恋に落ちる胸キュンの展開が見どころとなる。
月9枠に嵐のトップバッターとして挑む松本は「小さいころから見てきた月9ドラマに出演させていただくことをとても光栄に思います」。

ヒロイン役の竹内さんは今回は明るく元気で、ある問題を抱えた年上の訳あり美人役。竹内は「ごあいさつの時に感じた松本さんの真摯(しんし)な姿勢と頼もしさについて行こうと思いました。初めての共演を楽しみにしています」。松本も竹内について「多才な女優さん」と印象を語り「ご一緒させていただくのを楽しみにしています」と心待ちにしている。

とのことです。

さてさてここで注目なのはとうとう嵐から月9の主演が選ばれるようになったという点と、まさか木村拓哉さんの後のクールにまたジャニーズを選んだ、そして木村くんとも共演経験のある竹内結子さんをキャスティングしたところでしょうか

ここで再度記事抜粋です。

脚本は「ブザー・ビート」「ランチの女王」などのヒット作で知られる大森美香氏。三竿玲子プロデューサーは松本の起用について「圧倒的なかっこ良さと女心をくすぐるかわいらしさをお持ちの松本さんに演じていただければ、視聴者の皆さんが毎週応援したくなる愛すべきキャラクターになると思いました」と語る。2人の掛け合いも見どころとし「ツンデレ男子VS元気女子の対決が楽しみになると思います。毎回キュンとする2人のラブにもご期待ください」としている。

脚本家自身がジャニーズ主演ドラマと竹内結子さん主演ドラマの経験があるため非常に面白いものが完成しそうな予感です。

と再度話を戻しますが、何かと比べられるSMAPと嵐ですがまさか連続で月9の主演がジャニーズとなるとは、これはですね。テレビ局が今回のドラマの出来次第では本格的に嵐を押していこうとしているのかなと考えてしまいます。

一応3話まで終った「月の恋人」の視聴率の推移ですが、初回が22.4%と好調だったにも関らず、2、3話にて19.2%、15.6%と初回から6.8%下がり木村くんの主演ドラマで考えると1話の視聴率で1番低いかもしれません。「MR.BRAIN」の時も第3話で初回から8.5%落ちてしまいそれから盛り返しましたが今回の月9でも同じようなことが起こるのか注目であります。

松本くんが木村くんのドラマよりも平均視聴率を超えた場合は確実に世代交代という記事がなしかしらの週刊誌に書かれることでしょう。

ある意味この月9で誰も越せなかった木村くんの視聴率越えが果たされるか否かというところでしょうか!そのところを注目していきたいと考えております。

それにしても何で月9でヒロインが竹内結子さんというお決まりのパターンでドラマをつくるのかフジテレビは、視聴率を確実に獲得したいんだなーとつくづく思います。

だが竹内さんをドラマで観れるということは色々な番組に竹内さんが出演することを考えると素晴らしいキャスティングだなーとテンションがあがります。

まあそれはドラマが始まってから判ることなので今は楽しみにしておこうと思います。

ということで来クールの月9は嵐の松本くん主演、期待です。

終わり!

|

« 相方どうかしてるぜ芸人を観るbyアメトーク | トップページ | ブラックマヨネーズの素顔に迫るby嵐にしやがれ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48480240

この記事へのトラックバック一覧です: 松本潤くんと竹内結子さんの月9共演について考える!:

« 相方どうかしてるぜ芸人を観るbyアメトーク | トップページ | ブラックマヨネーズの素顔に迫るby嵐にしやがれ »