« 藤井リナ率いるViViモデル軍団を観るbyしゃべくり007 | トップページ | 水樹奈々の素顔に迫るbyとんねるずのみなさんのおかげでした »

月9「月の恋人」の視聴率について考える!

さて今回は視聴率ネタを

いつもなら4~6月クールのドラマの視聴率の総評をするところですが今回は月9「月の恋人」の視聴率の変遷について考えたいと思います。

さて月9ですが木村拓哉さんでもまったくダメダメな感じになっている状態です。

視聴率ですが1話は予想通りに20%越えを果たし22.4%とスタートを切りましたが2話目以降が19.2%、15.6%、15.5%、17.4%、13.4%という感じです。まさか15%を切ることはないと思っていましたがまさかの結果です。現在の平均視聴率は17.48%でトップと思いきやテレ朝のドラマ「臨場」が17.52%と現時点では負けているという非常事態です。

さて今回の月9ですが始まる前から話題になったのは記憶に新しいことでしょう。木村拓哉主演ということが先に決まるもヒロイン等のキャストが決まらず結局放送開始が5月に流れてしまいました。

最終的にキャストは木村くんを筆頭にリン・チーリンさん、北川景子ちゃん、篠原涼子さん、松田翔太さんとういキャスト、竹中直人さんや温水洋一さん、渡辺いっけいさん、長塚京三さんなど脇を固めるもの非常に豪華な面々でいかにも木村くん主演のドラマという感じです。

だがしかし木村拓哉主演、脇を固める俳優人の豪華さにも関らず視聴率が15%切るということを考えると、月9という枠がもはやテレビ界にとってそれほど意味がない枠ということもあるでしょうし、脚本が悪いということや出演陣が悪いということなど色々な要因はあることでしょう

今回のドラマは何が悲しいというと先が読める展開の悲しさです。今週放送された第6話ですがワンマン社長であったら木村くん演じる葉月蓮介が社長の地位が危ぶまれていったい今後どうなるの?という展開になりました。

これはこのドラマを見ていた視聴者は全員思ったはずです、たぶんストーリーが進むにつれて松田翔太さん演じる蔡風見に会社が乗っ取られるのでは?と、このことは次週の7話で明らかになると思いますがあまりにベタベタな展開に僕は驚いてしまいました。

今回のようなワンマン社長が部下に蹴落とされてどん底に落ちるも最終的に愛する人に支えられて復活という流れは色々な作品で色々な役柄で演じられてきたストーリー展開です。

このベタベタな展開を予想できるドラマを昨今のドラマの視聴率が悪い中まさかこんなベタナストーリーを用意するのかと逆に呆れてしまいました。多分ですが10年前なら受け入れたれたかもしれませんが今の時代にこのストーリーはいかがなものかフジテレビサイドとしてどう考えてOKを出したのか気になるところではあります。

それと木村くんのファンである自分で言うのもなんですがやっぱり、37歳を迎えた木村君のラブストーリーというのが受け止められなかったということかなと、実生活では2児の父である木村くんが独身社長を演じるというのはやっぱり見ていて抵抗を感じられたのかなと思います。

と木村くんファンである自分でいうのもなんですがこれは逆にやっと木村拓哉という壁を越せるチャンスが若手の俳優達に巡ってきたのでは!ということです。

これはテレビ業界としては非常に重要だと思われます。新陳代謝が行われない業界はス廃れますからね。

と色々思ったことを書いては見ましたが最終的には木村くんには期待しております。平均視聴率20%越えは難しいと思われるので最後は20%を越える視聴率を獲得してほしいかなと、視聴率でドラマの優劣を決めることは出来ないのは承知ですが数字というのは評価を決めるという意味では非常に重要なものですから最後は結果を残してほしい

ということで今後の展開は一体どうなるのか楽しみな「月の恋人」期待です。

終わり!

|

« 藤井リナ率いるViViモデル軍団を観るbyしゃべくり007 | トップページ | 水樹奈々の素顔に迫るbyとんねるずのみなさんのおかげでした »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48646881

この記事へのトラックバック一覧です: 月9「月の恋人」の視聴率について考える!:

« 藤井リナ率いるViViモデル軍団を観るbyしゃべくり007 | トップページ | 水樹奈々の素顔に迫るbyとんねるずのみなさんのおかげでした »