« 松本潤・竹内結子出演月9「夏の恋は虹色に輝く」を観る | トップページ | 抱かれたい夏BODY2010 in 沖縄を観るbyロンドンハーツ »

月9「夏の恋は虹色に輝く」を中心に7~9月クールのドラマの視聴率について考える!

さて昨日はドラマの感想を書かせていただいた7~9月クールの月9「夏の恋は虹色に輝く」ですが初回の視聴率が発表されたのでそのことについて書きたいと思います。

まずは注目の視聴率ですが平均視聴率は15.7(関東地区)でした。

前回の「月の恋人~Moon Lovers~」は初回22.4%ということで観ると6.7%低かったということになります。1~3月クールの「コード・ブルー」は18.8%だったので今年の月9の中では一番低いという結果になりました。

奇しくも10年の月9はジャニーズが主演ということでハッキリと結果が分かれた感じです。木村拓哉強し!というところでしょうか!「コード・ブルー」に関してはパート2ということである程度の視聴率が望めていたのでオリジナル作品としては月9の面目を保ったのかなと

そもそも今回の月9に関しては視聴率20%越えというよりは15%越えぐらいえ考えていたはずなのでフジテレビとしてはまあまあの結果だったかもしれません。

さて初回の視聴率が15%を越えたということですが2話目以降は視聴率が落ちると考えられます。

「月の恋人」の場合は1話目と2話目の視聴率の差が3.2%、3話目は6.8%と立て続けに数字を下げました。そして最低視聴率が13.4%という結果に

ということを考えると最低10%~11%ぐらいまでは下がるのでは?というのが僕の予想であります。

では7~9月クールの他のドラマの視聴率はどうだった?ということですが、初回視聴率が一番良かったのが綾瀬はるかちゃん主演の「ホタルノヒカリ2」の16.2%がトップ、「ホタルノヒカリ2」に関しては2話目が17.4%と現時点で2話まで放送されているドラマの中で唯一視聴率がアップしたドラマ、やっぱり若手NO.1女優のはるかちゃん流石です。

他のドラマを見ていきますと15%越えはなく、「ハンチョウ3」13.2%、「GM踊れドクター」13.3%、「JOKER」13.9%と13%越えが3本。12%越えが「GOLD」12.3%、「うぬぼれ刑事」12.2%という結果です。他はまあ10%、10%切るというところです。

一応、テレビ朝日系列の木曜21時の「警視庁継続捜査班」が放送されていないので全部のドラマが放送されているわけではないのでこの結果も変わるとは思っております。

今クールのドラマもここ2~3年毎回ドラマの視聴率の変遷等について色々分析しておりますがまあ酷いものです。

多分、綾瀬はるかちゃん主演の「ホタルノヒカリ2」以外は本当にやばいかもしれません。初回の視聴率が12.2%だった「うぬぼれ刑事」は2話目7.9%と早くも4.3%ダウン、蒼井優ちゃんをゲストに迎えてのこの結果を観ると蒼井優ちゃんが何か気の毒な感じが、「池袋ウエストゲートパーク」でコンビを組んだクドカンとTOKIO長瀬くんですが時代なのかないようなのか今後先が見えないかなとまあ毎回ゲストが違うということでゲストによってどんな視聴率になったかは見ていこうと思います。

他には上地雄輔さん主演の「逃亡弁護士」ですが上地くんの人気を利用してキャスティングしたかもしれませんが初回が10.8%で2話が7.5%とこれまた非常にヤバイ状況です。矢田亜希子さんが本格復帰を果たす中、放送前に矢田さんの役どころは大丈夫?など押尾学さんを思い出させるような記事が出たぐらいですから今後の展開に期待です。

毎回視聴率が低いテレ朝金曜21時「崖っぷちのエリー」は初回8.1%、2話7.1%とまあまあの数字です。TBS土曜20時の「ハンマーセッション」は初回8.6%、2話7.2%とこれまた予想通りかなと、土曜20時枠は僕の中で実験的な枠だと思っているので視聴率よりは斬新な作品を今後も期待したいです。

一番驚いたのがフジテレビ木曜22時の「GOLD」の視聴率、天海祐希さん主演、野島信司脚本という黄金タッグとフジテレビが息巻いていたドラマですがフタを開ければ初回が12.3%、2話11.5%と今の時代に「家族愛」をテーマに持ってくるという無謀というかなんというかわからないテーマのためにこの結果になったかもしれません。家族揃って観るドラマを作りたかったのかもしれませんが今の時代にそれは無理ということを証明したドラマということになったと思います。

と色々思うところはまだあるのですが毎回書いているのですが視聴率はあくまで視聴率の測定器が設置された家庭での数字であって測定器が設置されていないテレビなどは含まれず、それに録画も含まれないので一概に低いとは言えません。特に今はドラマの放送されている時間に家にいるということが難しいですからね。

ですがハッキリと数字で比べられることをテレビ局や出演陣には気にして欲しいかなと、特にここ最近、我々視聴者が思っている出演者はいいのに脚本が悪いという感想、何が良くて何が悪いということをハッキリ答えられるかというと難しいですが、長年ドラマを観てきている方々は感覚でこのドラマは面白い・つまらないを感じていてそこが視聴率に影響しているということも感じて欲しいです。

ということで今クールのドラマの視聴率も面白いことになりそうなので次は全てのドラマが中盤にさし当ったあたりで考えてみようと思います。

終わり!

|

« 松本潤・竹内結子出演月9「夏の恋は虹色に輝く」を観る | トップページ | 抱かれたい夏BODY2010 in 沖縄を観るbyロンドンハーツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48926238

この記事へのトラックバック一覧です: 月9「夏の恋は虹色に輝く」を中心に7~9月クールのドラマの視聴率について考える!:

« 松本潤・竹内結子出演月9「夏の恋は虹色に輝く」を観る | トップページ | 抱かれたい夏BODY2010 in 沖縄を観るbyロンドンハーツ »