« 岡村隆史の無期限の芸能活動休止について考える! | トップページ | 渡辺謙の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

赤西仁のKAT-TUN脱退について考える!

さて本日はKAT-TUNの赤西くんがグループを脱退したということについてです。

記事によると米国でソロ活動中のKAT-TUN、赤西仁(26)が正式にグループを脱退し、ソロ活動に移行することが16日、分かった。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が明らかにした。

といことで社長自らが語った以上本当のことなんでしょう。これは非常に面白くなってきました。

続けて記事抜粋

一方で彼が不在のままKAT-TUNが16日、東京ドームでアジアツアーをスタートさせた。同所に姿を見せた喜多川社長は報道陣に、来年も赤西が米国でソロ活動を計画していることを明言。

その上で「今は米国で成功させることしか考えていない。KAT-TUNを引きずっていてはファンにも申し訳ない」と語り、今秋の全米公演を見極めた上で、正式に脱退させる意向を示した。

続けて「米国で失敗したらKAT-TUNに帰っておいでなんて甘いことを言ってはダメ。『かわいい子には旅をさせよ』ではないが、好きな道を思い切りやらさせるしかない」。退路を断ち夢に向かわせる親心だ。

赤西には、2006年10月に語学留学のためグループを離れてロスへ渡り、07年4月にKAT-TUNに戻った過去がある。喜多川社長は「同じようなことは世間(ファン)も許さないだろう」と、ファン感情も考慮の上で決断したようだ

記事終了

と社長としては個人の夢を追えという感じで厳しいながらも温かいエールを送っております。

さてジャニーズのトップグループの中からの脱退者というのは長年ジャニーズを見てきた僕ですが1~2人いたかなというレベル。

それよりもジャニーズを脱退してソロとして成功した人間はいただろうか?という点、解散してソロで活躍している方はいますが大抵落ち目になっていく感じ、一番いい例は光-GENJIの赤坂さんみたいに麻薬所持で逮捕されたり引退したジャニーズは何故かなにかしらの事件で逮捕されるという負の連鎖が続いております。

赤西くんに関してはそういうことでなく個人のレベルと上げ主戦場を世界に向けたと捕らえれますがはたして成功するか否か?世界に挑戦して活躍している俳優など思い出せば渡辺謙さんや菊池凛子さん、最近では竹内結子さんがアメリカのドラマに抜擢されるなど活躍している方が増えてきているのが現状、だがそれらも俳優という職業をずーっと続けてきた方で歌で成功した印象があるのはPUFFYぐらいと僕は思っております。

日本人は世界のエンターテイメントというジャンルでは独自の路線でファンを掴む方は多いが、全世界的に名が知れるという人が生まれることは滅多にないのが実情、とくに歌や演技・バラエティなど総合的に触れてきた人間の成功をまだ拝んでいないということもあるため僕としてはこの脱退にてジャニーズというよりも赤西仁という個人の活躍には非常に期待しております。

同じ事務所内で個人として世界で活躍している印象があるのはSMAP木村くんですがまだまだ足を踏み入れたばかりという印象も強く年齢的にも30後半に差し掛かるあたりということを考えると、まだまだ20代半ばの赤西くんには本当に勢いで突き進んで欲しい。

ホント脱退するとは思っていましたがまさかこんな早く現実になるとは思いませんでした。

赤西くんが脱退してからの今後のKAT-TUNですが解散はないと社長が明言していますし、グループ名の6人の頭文字も「KA」を亀梨和也の「カ」と解釈して存続させるということらしいのでファンとしては助かったという感じなのでしょう。

ということでここ最近ジャニーズの力が落ちてきていることは否めない芸能界、それに風穴を空けてくれると願いつつ赤西くんの成功を期待したいと思います。

終わり!

|

« 岡村隆史の無期限の芸能活動休止について考える! | トップページ | 渡辺謙の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48896590

この記事へのトラックバック一覧です: 赤西仁のKAT-TUN脱退について考える!:

« 岡村隆史の無期限の芸能活動休止について考える! | トップページ | 渡辺謙の素顔に迫るbyおしゃれイズム »