« 渡辺謙の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 月9「夏の恋は虹色に輝く」を中心に7~9月クールのドラマの視聴率について考える! »

松本潤・竹内結子出演月9「夏の恋は虹色に輝く」を観る

さて今回は7~9月クールドラマの月9「夏の恋は虹色に輝く」http://www.fujitv.co.jp/natsuniji/index.htmlを観た感想についてです。

とりあえず第1話ということで今後の展開の序章なのですが色々考えて行きたいと思います。

今回のドラマの主演は嵐の松本潤くん、前クールの木村拓哉さんに引き続きジャニーズ、であり、松本くんとしてはフジテレビの連ドラ初主演という記念すべき作品でもあります。2000年以降の月9の主演はSMAPメンバー(木村、中居、香取)や滝沢秀明くん、NEWSの山下くん、KAT-TUNの亀梨くんがジャニーズでは演じていますが嵐のメンバーでは初めてです。ジャニーズで見ていくと7人目ということになります。

ヒロイン役は竹内結子さん、竹内さんと言えば今回で月9の出演は5回目、ジャニーズとは「ランチの女王」「プライド」「薔薇のない花屋」と非常にジャニーズとは相性のいい女優さんでもあり、月9で主演を2回(ランチの女王、不機嫌なジーン)、ヒロインを3回と大ベテランであります。

ストーリーですが自分の“見え方”を気にするあまり、頭でっかちで理屈っぽい二世俳優が、悩みなど笑って吹き飛ばす元気な女性と出逢い、迷いながらも恋に、仕事に、奮闘する姿を等身大で描くラブストーリー。

キャッチコピーは「その恋は、何色なんだろう。人を好きになるとき、世界は初めて色を持つ。」

というこの夏注目のラブストーリーであります。

共演者は松本くんの家族役で伊藤四朗(友情出演)・松坂慶子・沢村一輝、他には瑛太くんの弟である永山絢斗、笠原秀幸、松重豊、桐谷美玲とベテランから若手まで豪華出演陣となっています。

そんなドラマの第1話の感想ですがプロローグとしてはこんなもんかなと、第1話は役柄の紹介と出逢いという構成なのはどんなラブストーリーでも一緒ですからね。そもそも第1話で主演とヒロインが出会わないドラマが過去にあるかを調べるほうが難しいぐらいです。

そんなドラマですけど授賞式のシーン、スカイダイビングのシーンなどお金をかけていた感じでした。空撮はお金がかかるという話ですからね。「ドクターヘリ」の時もお金が掛かるのでヘリと飛ばさなかったという話を聞いたことがあります。

話がズレたので戻しますと出会いのシーンはまさに月9らしい主演とヒロインの口げんかから始まるという王道パターン、その時の竹内さんが木に登って助けるシーンの小悪魔な感じは非常に可愛かった!

主演がヒロインを探すというパターンもベタベタで僕としては最高、連絡先も名前も分からずに分かれた2人がひょんなことから再会という何度も観てきた恋愛ドラマの展開ですが、なんでしょうか竹内結子さんがヒロインということでいつもと違う感じを受けた印象もあります。これも竹内さんが日本の連ドラ出演が約3年ぶりということで日本の連ドラに竹内結子が帰ってきたという嬉しさから感じたのかもしれません。

という感じで怒涛の展開で終った第1話ですが非常に面白かったです。

それにしても今回の月9は何かと色々比べられると思っております。それは視聴率としては大惨敗に終った「月の恋人」との視聴率比較、歴代ジャニーズ出演作との比較、木村拓哉と松本潤の比較など昨年から色々比較されているSMAPと嵐の比較等、今回のドラマの視聴率次第では世代交代という言葉が再度ネタとして浮上する恐れがあります。

もちろん僕もそれについては比較してみようと考えています。

さて今後のストーリー展開の予想ですが夏のドラマで恋というテーマであればベタベタな展開でもいいのでは?出逢い→接近→別れ→仲直り→ゴールという展開のようなもっと上手い表現があったと思うのですが浮かばなかったのでこんな表現でお許しを

前クールのドラマの展開があまりにお粗末で先が読める展開でしたが「夏の恋」ですからもうベタベタなハッピーエンドが理想かなと

内容としては「親の七光り」というある種特殊な環境の人しか経験できない人間が主人公のため我々一般人でもその部分に感情移入できるかが今後の焦点かなとなお且つもっと色々教えて欲しかった父親に先立たれた主人公の成長をどのように表現してくれるのかも非常に期待です。恋愛の面に関しては売れない俳優と謎のヒロインの出逢いというある種の王道パターンでもあるので心配はしておりません。

いちおう今回の脚本を書いたのは大森美香さんで過去の作品は竹内さん主演の「ランチの女王」「不機嫌なジーン」など脚本、松本くんも「きみはペット」にて大森さん作品に出演しているので大森さんが両者をどのように見せてくれるのか非常に楽しみですし、他にも「ランチの女王」や「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」等でもあった三角関係の展開も今後あると思うのでその部分も非常に見所だと思います。それにヒロインの竹内さんには子供がいた!というサプライズでしたのでまったく展開に予想が出来ない可能性も、この演出にはテレビの前で僕も「エッー!」と叫んでしまったぐらいですから

と色々勝手に予想をしましたが売れない俳優が子持ちの美女にホレるという非常に斬新な展開であり、月9史上でも役柄が俳優・舞台が芸能界というのも新鮮なので今後どのような展開を見せてくれるのか非常に期待です。

ということで今日から始まった「夏の恋は虹色に輝く」今後どのような展開を見せてくれるのか期待です。それと竹内さんが今の自分と同じような役柄を演じることで母親である竹内さんの演技にも注目かなと思います。

終わり!

|

« 渡辺謙の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 月9「夏の恋は虹色に輝く」を中心に7~9月クールのドラマの視聴率について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/48917490

この記事へのトラックバック一覧です: 松本潤・竹内結子出演月9「夏の恋は虹色に輝く」を観る:

« 渡辺謙の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 月9「夏の恋は虹色に輝く」を中心に7~9月クールのドラマの視聴率について考える! »