« Cancam史上最年少の単独表紙:土屋巴瑞季について考える! | トップページ | 国分太一の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

小泉里子が出演していたので世界!弾丸トラベラーを観てみたパート2

さて本日は小泉里子さんが世界!弾丸トラベラーに出演していたのでそのことについて

先週は竹下玲奈さんで今週は小泉里子さんということでモデルさんが連続で登場です。そんな今回は小泉さん今回の旅は恒例の「ハート」探しの旅でした。

では観ていきましょう。

今回の目的地はアメリカ、マウントシャスタのハートが観たいということで伝説のハートの湖「ハートレイク」を観る事に、過去ニューカレドニア・クロアチアと今回で3回目の旅へ

アメリカ、カリフォルニア州のサンフランシスコに到着した小泉さん天気は晴れ、雨女の小泉さん晴天を初体験、そんな中まずは現地のガイド探し場所はユニオンスクエアで目印は恒例のハートです。

ユニオンスクエアに到着した小泉さん、ガイドさんは分かりやすくハートの彫刻の目の前に、今回のガイドはイケメンのベンさん。

そんなベンさんと合流しフィッシャーマンズワーフでランチを食べることに、カニの銅像の形がハートになっていたので写真を1枚。フィッシャーマンズワーフでは「フォッグハーバーフィッシュハウス」にてクラムチャウダーを美味しさに笑みがこぼれる小泉さん、続いては取れての4種のシーフードが盛り付けられたシーフードプレートも堪能

ランチの後はマウントシャスタへ移動です。車で5時間半で400キロの大移動。だが走り始めて1時間一面のぶどう畑が、ここでお酒を飲んだら美味しいだろうなと思った小泉さんガイドのベンさんにお願いしてワインを試飲することに、ベンさんが連れて行ったのはナパバレーでオススメの130年前に設立されたワイナリー「べリンジャー」、美味しいワインを堪能する小泉さんですが短時間に6杯のワインを飲みお土産も物色、雑貨フロアではハートの形に加工されたブレスレットとワインコルクを購入。さらに番組MC陣へのお土産も買うという心遣いも

ワインを堪能して移動を開始するも2時間遅れの大失態、到着したのは23時30分、ディナーを「ウェイサイド・グリル」で食べようとするもお店は閉店、ワインを堪能したことが裏目に、ベンさんに飲みすぎと怒られご飯無しという事態になりそのまま就寝へ

翌朝、お腹が空いたため寝れなかった小泉さん、ベンさんが作ってくれたサンドウィッチを食べながらマウントシャスタのハートレイクへ移動開始、マウトシャスタは標高4317mでネイティブアメリカンの聖地としてパワースポットにもなっているとのこと。

登山口に到着した2人、今回は小泉さんだけでハートレイクに向かうことに、そのためベンさんから地図を渡されていました。

標高1900mにて開けた土地にそこには真夏にも関らず雪が、だが開けすぎている山道に方向が分からなくなり不安になる小泉さん、ヤマカンで進んでいき2時間後、湖を発見、全貌を見るために高いところにあがるとそこに広がっていた光景はハート型湖、あまりの光景に驚く小泉さん。ただスゴイと。

そしてハートレイクで写真を撮り、あたりを見渡すともう1つの大きなハートの湖がダブルハートレイクを発見し近年撮影、ですが恒例の帰国時間に急いで山を下ります。

日本に帰国した小泉さんアメリカで晴れだったにも関らず日本に帰国した途端雨が降っているという雨女の記録もまだまだ続いていました。

という感じで終った今回ですが小泉さんのハートネタも3回目ということで世界にはまだまだハートの形があると思われます。

なんでしょうか男性としてはハートの形に思い入れはないのですが何故か女性にプレゼントを選ぶ際はハートの形とかモチーフを選んでしまったりといつからか分からないが女性はハートが好きということがインプットされている感じです。

たしかにサマンサタバサなどに行くと毎年何かしらのアイテムはハートがデザインされていたりしますからね。

自身の部屋にハートの形のモノは一切ないが女性へのプレゼントはハートの形、なんか古い感じもするんだが「ハート」という形の魅力はやっぱりスゴイ

ということで小泉里子のハートレイクの旅終了です。

|

« Cancam史上最年少の単独表紙:土屋巴瑞季について考える! | トップページ | 国分太一の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/49212461

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉里子が出演していたので世界!弾丸トラベラーを観てみたパート2:

« Cancam史上最年少の単独表紙:土屋巴瑞季について考える! | トップページ | 国分太一の素顔に迫るbyおしゃれイズム »