« キングオブコント2010決勝進出者について考える! | トップページ | 有吉弘行の素顔に迫るby爆!爆!爆笑問題 »

月9「夏の恋は虹色に輝く」を中心に7~9月クールのドラマの視聴率について考える!パート3

さて本日は7~9月クールのドラマの視聴率について考えたいと思います。

現在各ドラマ山場の7~8話目あたりが放送されています。まずはその中で平均視聴率TOP3などを含めランキング形式で考えて生きたいと思います。

1位:ホタルノヒカリ2、平均視聴率15.55%、唯一今クールのドラマで平均視聴率が15%を越えているドラマ、綾瀬はるかちゃんが圧倒的な強さを見せている感じです。このまま平均15%は固いでしょう。

2位:JOKER、平均視聴率14.37%、まさかのフジテレビ火曜9時枠。やっぱり刑事モノのドラマは日本では受け入れるということでしょうか。3位も警視庁継続捜査班、テレビ朝日のドラマが視聴率3位というのは驚きですがこれもまた刑事モノという結果に

TOP3のうち1つは視聴率がある程度見込めるシリーズもの、もう2つは刑事モノと視聴率を獲得するには一番のドラマが上位を押さえた感じです。

4位ですが僕が毎クール注目している月9の「夏の恋は虹色に輝く」です。平均視聴率12.28%ということで、5~7話の視聴率が10.2%、11.8%、11.4%という結果です。一応10%を切ると思ったのですが見事粘り持ち直すも11%台ということになりました。

5位はTBSの「ハンチョウ3」。シリーズものであり刑事モノという抜群の安定感を誇るドラマであります。平均視聴率は11.79%です。

6位はTBS日曜21時「GM 踊れドクター」です。初回が13.3%とまずまずの視聴率でしたが回を重ねるごとに視聴率も低下、5話では8.6%という数字にてこのまま下がると思われましたが何とか持ち直し、平均視聴率は10.72%です。

7位、ここからは平均10%を切ります。日テレ土曜9時「美丘」平均9.42%。

8位はフジ木曜22時「GOLD」、平均9.29%。天海祐希主演、野島伸司脚本ということで視聴率を狙っていたと思われますがここ最近の6~8話の視聴率が7.2、7.0、7.2%と散々な結果に、同じ時間帯で主演の「BOSS」が平均17.14%という結果を出したため主演に抜擢したかわかりませんが、同じ主演でここまで落差がでることを考えるといかに脚本が大事かということがわかる指標になるようなドラマです。

9位はフジ火曜22時「逃亡弁護士」、1~2話で3.3%ダウンしたためこのままズルズル行くと思われましたが、なんとか持ち直し平均9.14%。

10位はTBS金曜22時「うぬぼれ刑事」、平均8.41%。毎回ゲストが豪華なゲストを出演させ、長瀬智也主演、宮藤官九郎脚本と懐かしの「池袋ウエストゲートパーク」のコンビにて、生田斗真、中島美嘉という面々という豪華出演陣ですが第6話で6.8%という数字に毎回ゲストが変わるとゲストのせいに視聴率が低いと思われる感じがしてなんか悲しいですが6話目のゲストは小雪さん。なんか悲しい・・・

11位はテレビ朝日23時「熱海の捜査官」、平均7.86%。オダギリジョーさん主演で「時空警察」のスタッフにて作られたドラマですが回を追うごとに視聴率が低下、5話目で6.4%。テレ朝の11時枠はなかなか10%近くの視聴率を出すドラマが多いにも関らず今回は危うい感じです。

12位はTBS土曜20時「ハンマーセッション」、平均6.97%。もともとTBS土曜20時枠は僕の中では実験枠だと思っていたのですがまた新しい実験枠をTBSが作るみたいなので大丈夫?という感じではありますが、08年からドラマが放送されだしたこの枠で過去最低の数字「恋空」の5.6%より下の5.4%をたたき出してしまいました。本来の最低は「タンブリング」の4.0%なのですがその当時は6月19日はワールドカップ日本VSオランダ戦の裏とうことを考慮してあえて含めません、その前までは平均7.5%前後で推移してきたので本来はこれくらい取れたはずです。

13位はテレビ朝日金曜21時「崖っぷちのエリー」、平均6.34%。8話目の視聴率が4.5%という驚異的な数字をたたき出しました。そのためが今週9月3日放送で最終回です。まあ1話削られた感じですかね多分・・・

14位は日テレ23時「日本人の知らない日本語」、平気3.54%。もともと時間も遅いため視聴率が見込めるわけではないですし裏にはお化け番組アメトークがあるということも踏まえ未だにこの枠でドラマを作り続ける日テレはスゴイと思いたいのですが5話が1.3%という驚きの数字を出したのが印象的でした。

という感じで今回はランキング形式で書きましたが、視聴率は録画率や測定機器がついていないテレビなどで観られてもカウントされないので潜在視聴率はもっと高いはずですがそれにしてもドラマの視聴率の低下が加速している感じです。

もう一体何が悪いのかサッパリです。主演それとも脚本、まあ今回の今クールに関しては天海祐希さん主演のドラマ「GOLD」は非常にわかりやすいかなと上にも書いたとおり「BOSS」が平均17.14だしていた人が作品変わるだけで平均9.29%と8%近く視聴率の差があります。時期的には1年しかないんですけどね差がこれだけを考えると脚本が大事なのかなと

まあ毎クール視聴率について分析しておりますが大変ですドラマを制作するということは、そんな大変なドラマをフジテレビは日曜21時枠に設けるなんてすごいというかなんというか

その結果も10~12月クールの視聴率で判断していこうと思います。

ということで今回で3回目の視聴率分析、残すは全ドラマ最終回を終えての総括をしたいと思います。

終わり!

|

« キングオブコント2010決勝進出者について考える! | トップページ | 有吉弘行の素顔に迫るby爆!爆!爆笑問題 »

映画・テレビ」カテゴリの記事