« マツコ・デラックスの素顔に迫るby嵐にしやがれ | トップページ | BENIの素顔に迫るbyしゃべくり007 »

錦戸亮の素顔に迫るbyおしゃれイズム

さて今回はおしゃれイズムに錦戸亮くんがゲスト出演したのでそのことについて

今回は映画「ちょんまげぷりん」の宣伝も兼ねての登場ではありましたが、錦戸亮くんの情報はあまり知らないなということで楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

登場した錦戸くんは大歓声に迎えられ、今回は映画で侍の役を演じたことを上田さんに質問されると大変だった特に歩く練習が大変だったそうです。

まずは友人知人からの情報では

NEWSの加藤くんから辞めて欲しい事は?すぐ帰ろうと現場を以上に巻く、写真を撮られていてもスタッフに「もうええやろ!」「OK!以上になります」とか勝手に言ってスタッフをこまらせている。錦戸くんとしては予定よりも早く終った時間を有効に使いたいそうだが、同じ角度で写真を撮っても意味がないだろうと一蹴。インタビューでも面倒くさくなると「お手を拝借ヨォー!」と言って一本締めをするそうです。これも同じ答えを違う角度から質問してくるので意味がないということからするそうです。

面倒くさがりではなく話はもう出てこないというアピールだそうです。

関ジャニの村上くんからは失敗談は?収録中でも大きなクシャミをすると10センチぐらいの鼻水がでる。くしゃみが下手なため出てしまうそうです。

人見知りで愛想笑いが下手という情報には愛想笑いをカメラに向かって魅せるも非常に下手で目が死んでいる状態。取り繕うことなどが苦手で練習をしたこともあったが出来なかったとのこと。

最近緊張した人は?ともさかりえさんでちゃんと喋ったのがクランクアップの日のみ、1ヶ月一緒にも関らず最後の日に話せたという異常な人見知り、グループで来ていたらほとんど喋らず、今回は1人だから喋るも緊張してどちらかというと来たくなかったそうです。

関西の人はよく喋る?というイメージはスゴくイヤで、大阪人でも面白くない人はいると教えてあげたいそうです。

ドラマ撮影なので街中で声を掛けられた際は、ラストフレンズ撮影中は長澤まさみちゃんを殴るシーンなどがあった時に友だちとご飯を食べていた時に「まさみイジめんな」と本気で怒ってきたファンがいたそうです。女性に暴力を振るうシーンは角度とかを練習して少しでも触れないようにして気を使っていたが、まさみちゃんがビンタするシーンでは本気で当てられてビックリしたそうです。

続いては自宅の写真の公開です。

1枚目は家にある楽器の部屋、キーボード、ドラム、ベース、ギター、サックスを所有。ギターがギリギリできるぐらいでサックスは音をならせるだけ、キーボードもちょっとしか弾けず、ドラムは8ビートぐらい。

2枚目はトイレ、トイレットペーパーが異常に買い置きされているトイレで、大きいトイレットペーパーを見たらテンションがあがるため購入するそうです。このことから買いだめについて聞いてみると冷蔵庫の中にパイナップルの缶詰しかないそうです。だが食べないから減らないそうで、これも大きいスーパーで見つけてパイナップルが好きなため買ってしまったとのこと。他にもスチームのモップを買ったが届かずなんで届かないと思って再度購入したら3つ届いてしまったそうです。

3枚目はマンガの写真。ワンピースを全巻読んでいるそうだが置いてある場所はトイレの前のスペース。

4枚目はプロジェクター、テレビの代わりに使っているそうです。自分の出演したドラマなどは見るそうで、関ジャニやNEWSのメンバーの出演するものは別に観ず、たまたまやっていたら観るぐらいのレベル。

5枚目は沖縄でウェイクボードをしている写真。だがしている姿は1枚もなし。6枚目はボードとスーツの写真。だが錦戸くんは写ってませんでした。7枚目はボードにペイントをするシーン。魚とパンダを描いたとのこと。

写真も観終りアンケートへ

映画「ちょんまげぷりん」の中村監督からは笑わせてもらったことは?現場で5歳の男の子役とシンケンジャーごっこをしていて男の子がエネルギーを放出する必殺技を「バーン」と繰り出したが錦戸くんはやられたフリをしないで逆に同じワザをやり返し5歳児を呆然とさせていた。「俺の方が強いねん!」と5歳児に向かって言っていました。

これは恥ずかしくて出来ないそうで負けたくないという気持ちからやってしまうと、その辺の普通と自分の普通は違うところを見せ付けたそうです。腕相撲も完膚なきまでに叩きのめしたそうです。遊んであげるというよりは遊んでいるとの事。

続いてはロケVTRです。今回は東京タワーの立ち入り禁止区域の260mの部分を訪問

まずは東京タワーのキャラクターノッポン兄にお土産を渡される面々、東京タワーミネラルウォーターをプレゼントされていました。だが水の採水地は静岡県の伊豆でした。

お土産をもらってまずは160mの場所へ、となりにあるビルに高さが負けていると毒を吐く錦戸くん、その後は関係者の方に東京タワーのライトアップ「ダイヤモンドヴェール(金土日祝夜8時~10時限定)」について説明されていました。

続いては250mの特別展望台へ、上田さんが非常に怖がり藤木さんも景色を見れずという状況でした。エレベーターを降りる際の隙間にもビビる一同ですが今回はそれよりさらにの普段では入れない場所へ、メット着用の場所に潜入する一同ですが錦戸くんと泉ちゃんは大興奮、ですが上田さんと藤木さんはビビりまくりで進めず、関係者の方に風が強いから気をつけてといわれるも身を乗り出す泉ちゃん。ライトアップの際のランドマークライト180個設置の東京タワーに向かって光るライト、ダイヤモンドヴェール用の外に向かってライティングする2種類の説明をされた後、アマリの怖さに上田さん撤収、だが錦戸くんは260m地点を1周していました。

ロケVTR明けには映画にちなんで変わったスイーツを試食することに、大阪新阪急ホテル「オリンピア」の江守哲也シェフより「チョコロッケ」を作ってもらうことに、見た目はコロッケだが中はチョコそれを液体窒素に付けることで外はさっくり中はムース上の食感を味わえるスイーツ、だが食べた感想が冷たいのみで味が伝わらず、付け合せのパンケーキも液体窒素につけて試食していました。

最後は飼っている2匹の犬、名前はホーリーと越後屋、越後屋は日本語の名前をつけたいと思って名づけたそうで呼ぶときはえっちゃんだそうです。

という感じで終った今回ですが錦戸くん一応、関ジャニに所属しているためサービス精神旺盛なのかと思いきや、撮影などはすぐに終らせたいということや子役と遊ぶ時も負けてやらないというなかなかジャニーズにしては珍しいという印象でした。

世間的にジャニーズはサービス精神旺盛で子供にも優しいというイメージが今回の錦戸くんの話を聞いて僕としては錦戸くん最高!という感想です。やっぱり写真撮影などで微妙な角度の違いを撮られるのをイヤがる人間もいたんだと非常に新鮮でした。子役と腕相撲をして完膚なきまでに叩きのめすなんてスゴイ、子供によっては調子に乗りますからね現実を教えるのが一番です。

さて自宅の写真は錦戸くんかなり稼いでいるなと思わせる写真がチラホラ、楽器の部屋、楽器もあまり弾けないのに部屋があるなんて金持ってないとできないですよ。

ですが今回の話の中で一番驚いたのがドラマ「ラストフレンズ」の時に長澤まさみちゃんに暴力を振るうシーンが印象的だった錦戸くんですがまさかそれを本気なのか冗談なのか分かりませんが錦戸くんに詰め寄ったファンの行動に同じ長澤まさみファンとして非常に驚きました。

ということでNEWSと関ジャニ両方に所属するも映画やドラマで活躍する錦戸くん今後もバラエティ・歌・演技と活躍して欲しいものです。

終わり!

|

« マツコ・デラックスの素顔に迫るby嵐にしやがれ | トップページ | BENIの素顔に迫るbyしゃべくり007 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/49031971

この記事へのトラックバック一覧です: 錦戸亮の素顔に迫るbyおしゃれイズム:

« マツコ・デラックスの素顔に迫るby嵐にしやがれ | トップページ | BENIの素顔に迫るbyしゃべくり007 »