« クリッシー・チャウを含めたアジアの美女たちについて考える! | トップページ | 竹下玲奈が出演していたので世界!弾丸トラベラーを観てみたパート2 »

向井理の素顔に迫るbyA-Studio

さて本日は映画・ドラマで活躍する向井理くんがA-Studioに出演したのでそのことについて

1年前の6月におしゃれイズムに登場して以来取り上げることになりましたが、やっぱり向井くん面白かったです。

では観ていきましょう。

まずはオープニングではIMALUちゃんは今回のゲストは異性として観てしまうと爆弾発言をしていました。

今年の島根に一緒に旅行をした師匠、スゴイ自然体でカッコはつけない、コイツは面白いと興味をもったそうですが、ananで真っ裸になったということを言われると向井くん、IMALUちゃんも雑誌は話題になっていたから観たそうです。このananは歴代で3番目の売上だったと話を向井くんは聞いたとのことです。

そんな向井くんの学生時代の同級生に話を聞くと、サッカー部の同級生とここ3~4年は大晦日のカウントダウンを迎えているとのこと。同級生の野村さんは女子のキューピット役を務めていたそうです。向井くんは中3の時に告白しOKをもらったそうだがここで向井くんがもしかしたら出演するのではと疑いを始めました。

続けてサッカー部で練習していた公園を取材した師匠、そのことに向井くんはビックリ、そこで同級生のお母さんと遭遇、友だちの岡田くんはお茶を入れる際に向井くんにいつもイジられていたそうで、中学校の頃からずーっとイジられキャラとのこと。

そんな同級生との再会は成人式で当時の写真も披露されまいていました。その時に来ているスーツは大学の入学式やCMのオーディションなどで必ず来たスーツだそうです。映画監督の犬童一心さんが向井くんのスーツ姿にピンときてCMに起用したそうです。

芸能界に入る前は偏見しかなく、この仕事だけはやりたくないと思っていたそうだが中に入ってキッチリしなくてはいけないと感じたそうです。

芸能界入りに対して両親の反対はなく、教育者の母親は放任主義で高校時代からその感じ、35歳までに自分の道を決めればいいからと言ってくれたそうです。向井くんの家族は兄はファッションデザイナーでロンドン在住で奥さんがオランダ人、お姉さんはバナナケースをデザインした方で小物のデザイナー、兄は小さい頃の貴乃花に似ているそうです。この流れから父親に取材した話を、昔は関口宏さんソックリで関口さんをテレビで観た際に応援していたそうです。

父親のプチ自慢は学芸会で主役だったと自慢をするそうですが、大学合格は俺のおかげだとも、父親は整体師とのこと。父の日は仕事が速めに終ったのでお寿司を食べたそうで、その時に息子にご飯を奢ってもらったのがイヤだったみたいです。向井くんとしては父親はハードル、小さい頃から背中を見ていた人なので父親を越えないとイケないと思っていて父親に何かをしてあげないといけないと思っているそうです。

続いては向井くんの経歴についての話に学生時代に遺伝子工学にて賞を受賞、英語も堪能で大学時代は論文が全部英語だったそうですが今はそこまでと謙虚な姿勢を見せる向井くんに嫉妬する師匠の姿が、そんな形で学生時代の同級生は製薬会社や食品会社に務めている人が多いそうですが同級生とは違い向井くんは卒業後BARの店長へ

BAR店長の時はこのまま仕事にしようと思っていたが、最芸能界に入るキッカケは素人モデルとして雑誌に載ったそうですがその写真を偶然見たマネージャーがBARを尋ねてきてスカウトされたそうです。

そのマネージャーさんに取材をした師匠、藤沢市・焼肉店「月波」にてこの場所は田島マネージャーの旦那様が経営しているお店だそうです。そこには電車で行ったそうだがなにも声援をされない師匠、向井くんも電車に乗っても問題ないという話になりましたが話を戻して

5年前に見つけて入れ込んでいた向井くんだがやる気がないせいか遅刻などもしていたそうで向井くんはメチャクチャ怒られたそうです。当時それまで培った人脈を駆使して挨拶回りを行ったそうだがドラマ班にあった時にはドラマではなく「どうぶつ奇想天外」と答え、ファッション雑誌関係の人に会いに行く時に向井くんは「服装には興味がない」と言ったとのこと。だが田島さん10年近く携わって作り上げた人脈に向井くんを会わせたにも関らずその発言に対してプロ意識のない向井くんに激怒したそうです。

田島マネが結婚すると聞いた時はまずは爆笑したと、恋愛相談をされていたそうで相談などに乗っていたことから結婚は嬉しかったみたいです。そんな田島マネの旦那さんも話しに加わり仕事とはいえ向井くんに愛情を注いでいた田島マネに旦那さんは嫉妬はあったそうだが本人あった時にフッきれたそうです。

続いては今向井くんが主演している「ゲゲゲの女房」などの話ぬついて、ゲゲゲの前に話を朝ドラの話をもらっていたそうだが朝ドラに向いていないと思って断ったそうです。その結果もう話は来ないだろうと思っていたら「ゲゲゲの女房」の話が来てタイトルが面白いということでオファーを受けたそうです。田島マネは台本を読むのが人一倍遅いし原作を読むのは遅いがやる・やらないの感覚はシッカリしていてそこがブレると自分もブレてしまうと向井くん

ananも田島さんの説得で仕事を請けたそうで、向井くんは脱ぐために仕事をやっているんじゃないと思って断ったが、今後の活動方針などを踏まえて考えると絶対にやったほうがいいと電話で説得されて向井くんはこの人にここまで言われたら絶対に上手くいくんだろうなと思い承諾したとのことです。

現在の状況についてはまだ分かっていないほう、NHKの撮影が多いので空き時間には渋谷にご飯を食べているそうだが全然気づかれず、映画「ハナミズキ」に関してもいいところで出演していると師匠、ニューヨークでロケを実施し師匠はガッキーを絶賛していましたがそのにを熱くなりすぎた師匠公開前なのにネタばらしをする失態を、放送ではそこはかき消されていましたがスタジオのお客さんは悲しい結果です。休みについては月に1日ぐらいあるとのこと。

最後は恒例の師匠の語りです。

本人自身は絶対に感じていると思う、今人気が出てきている人が押し寄せてくる感じなど、だが注目されていても自分は変わってはいけないという気持ちを向井くんは人一倍思っているだろう。昨年田島マネが人気が上がり天狗になっているのではと思い1通のメールを送ったそうで10言いたいことの1をオブラートに包んで伝えた時に返信で「心配しないで、たまにはすまして自分の鼻をへし折って欲しい」と返信したとのこと。そして「田島さんが芸能界に入れと言ったから芸能界に入った、田島さんが違う仕事ならの自分はその仕事をしていた」とも

出会いは感動であり出会いは必然でありとはまさにこのことだろうと

最後は師匠の言葉に涙した向井くんの姿がありました。そして今後もこのまま自然体で行ければと思う語っていて今回のA-Studio終了です。

という感じで終った今回ですがやっぱり向井くん素晴らしいです。A-Studioでは度々、マネージャーとの関係に触れますが売れている俳優・歌手はマネージャーとの信頼関係に驚かされます。

今回の話でも印象的だったのは「この人にここまで言われたら絶対に上手くいく」という類の発言はマネージャーとしては最高でしょう。自分が見つけてイチから育て上げたということで嬉しかったでしょうね。

信頼関係はどの仕事にもつきものですが師匠が番組内でも言っていましたが芸能界ほど信頼関係で成り立っている仕事もないのかなと改めて感じました。

さて向井くんについてですがおしゃれイズムでは話していなかった話など聞けてなかなか面白かったです。師匠が嫉妬するのも分かる気がします、兄がファッションデザイナーで姉が小物のデザイナー、兄の嫁はオランダ人。オランダ人ってなんかものスゴイ美男美女のカップルなんだろうなと想像してしまいました。

ということで向井理、今後も芸能界の一線で活躍していくことでしょう。今回の話で出たように自然体で変わらず奢らず活躍して欲しいものです。

終わり!

|

« クリッシー・チャウを含めたアジアの美女たちについて考える! | トップページ | 竹下玲奈が出演していたので世界!弾丸トラベラーを観てみたパート2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/49139146

この記事へのトラックバック一覧です: 向井理の素顔に迫るbyA-Studio:

« クリッシー・チャウを含めたアジアの美女たちについて考える! | トップページ | 竹下玲奈が出演していたので世界!弾丸トラベラーを観てみたパート2 »