« 新垣結衣の素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | ザ・ダイヤモンドガールオレ色に染めてやるGPを観る!パート5 »

ミス・ユニバースの決定と日本代表:板井麻衣子の結果について考える!

さて本日は毎年恒例のミス・ユニバースが決定したのでそのことについて

おしくも日本代表の板井麻衣子さんは上位15人に残れず、入賞を果たせませんでしたが来年の日本代表に期待ということかなと

そんなミス・ユニバースの今年度の栄冠に輝いたのはミス・メキシコのヒメナ・ナバレッテさん22歳、2位はジャマイカ代表、3位はオーストラリアという結果に、各国代表が気になる方はhttp://www.missuniverse.com/members/homeここで確かめてみてください。もう美人揃いでねホント、もちろんツイッターもやっております。

そんな今年度のミス・ユニバースのメキシコのヒメナさんはどんな人?ということですが

Gallery_photo1282625499uni10_3686

こんな人です。中南米独特の雰囲気を醸し出す美人さんであります。

2位のジャマイカ代表は24歳のイエンディ・フィリップスさん。

Photo_cron_1_46_6_2010

こんな人、というか顔小さいはスタイルは抜群だわ参ります。

第3位のオーストラリア代表はこんな人、19歳のジェシンタ・キャンベルさん

Photo_cron_1_6_6_2010

19歳って世界は広い

ということですがここ数年のミス・ユニバースですが2000年からの優勝国を見ていきますと、インド・プエルトリコ・ロシア・パナマ・ドミニカ共和国・オーストラリア・カナダ・プエルトリコ・日本・ベネズエラ・ベネズエラ・メキシコという結果に

今年もベネズエラ代表には期待して奇跡の3連覇か?と思いましたが無理だった見たいです。とにかく2000年以降の結果を見ていただければ分かるとおり、中南米が圧倒的名強さであります。今年はベネズエラ代表もTOP15には残れませんでしたけど

以前、ベネズエラのミス・ユニバースなどを育てる学校をテレビで観ましたが、もう5~6歳ぐらいの女の子がすでにレッスンに参加して未来のミス・ベネズエラ代表になるために頑張っていたのを覚えております。

今回も結果としては中南米とオセアニアということで歴代の優勝国を見ても1位はアメリカの7回まあミス・ユニバース発祥の地ということですが90年以降は2回のみ、2位はベネズエラの6回、08・09年と2連覇を達成した美人大国。3位はプエルトリコの5回、4位はスウェーデンの3回で、4位以降は日本を含め10カ国ということになっております。

日本も59年と2007年と2回の優勝ということで実は素晴らしい成績を残していることに今でも驚きです。

ホント中南米は一体なんなんでしょうか?素晴らしいです。2000年以降も中南米の国が6回優勝と今後もこのような流れになっていくことでしょう。そんなことで一度は行ってみたいなベネズエラという感じです。

さて再度日本代表に戻りますがナショナル・コスチュームもカッコよかったんですけどね。

Photo

まあ来年に期待したいと思います。

ということで世界は広い、日本代表は来年こそトップ15追加、そして中南米の圧倒的強さの牙城を崩すのはどの地域なのか来年を楽しみにしたいと思います。

終わり!

|

« 新垣結衣の素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | ザ・ダイヤモンドガールオレ色に染めてやるGPを観る!パート5 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/49240232

この記事へのトラックバック一覧です: ミス・ユニバースの決定と日本代表:板井麻衣子の結果について考える!:

« 新垣結衣の素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | ザ・ダイヤモンドガールオレ色に染めてやるGPを観る!パート5 »